プログラミング

プログラミングはやめとけの真相は?理由と対策を解説

プログラミングへの関心が高まる中、プログラミングを始めようと調べてみたら、「プログラミングはやめとけ」という言葉を見かけて、自分に本当にできるのか不安になったという人が本記事に辿り着いたのではないでしょうか。

本記事では、なぜ、様々なシチュエーションで「プログラミングはやめとけ」と言われる理由と挫折しないための対策方法を詳しく解説していきます。

プログラミングの独学を諦めないためにも本記事を参考にして、プログラミング習得への一歩を踏み出しましょう。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングを独学で始めるための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

目次
  1. プログラミングはやめとけ、の真相は?
  2. プログラミングの独学はやめとけ、の真相は?
  3. プログラミングで副業はやめとけ、の真相は?
  4. プログラミングスクールはやめとけ、の真相は?
  5. プログラミングを学習するメリットとデメリットとは?
  6. プログラミングに向いている人の特徴とは
  7. プログラミングの学習を挫折しないためには
  8. まとめ
  9. プログラミングの独学はやめとけを調べた人向けFAQ

プログラミングはやめとけ、の真相は?

プログラミングはやめとけ」とよく言われていますが、言われている背景には誤解と現実が混在しています。

プログラミングは現代のキャリアにおいて非常に価値のあるスキルとされていますが、プログラミングの学習過程が一部の人にとって難解なものであるため、「プログラミングはやめとけ」といったような言葉が生まれます。

本項では、プログラミング学習を諦めるべきでない理由と、プログラミングを続けるための具体的な方法を解説していきます。
プログラミングの真価と課題を理解することで、学習を諦めずに済むかもしれません。

  1. 多くの人が挫折している
  2. 将来性で不安がある
  3. 自分の適性が分からない
  4. 生活習慣病になりやすい傾向である
  5. 時代遅れと思われがち
  6. 残業が多いため定時で終わらない

多くの人が挫折している

プログラミングの学習において、多くの人が挫折する大きな理由は、学習曲線の急激さにあります

初期の成功体験の後、より複雑な問題に直面すると、急速に困難が増します。
また、特に独学の場合、適切な学習リソースを見つけるのが難しいことも挫折の一因です。
挫折の課題を克服するには、適切な学習計画とリアルタイムでのサポートが不可欠です。

コミュニティの利用やメンターの指導を求めることで、挫折を乗り越えることが可能になるでしょう。

プログラミング学習での挫折の実態について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

将来性で不安がある

テクノロジーの急速な進化により、将来のプログラミング技術が陳腐化するかもしれないという不安が存在します。

特に、特定の技術や言語に依存している場合、習得したプログラミングスキルが将来的に不要になる可能性があります。
しかし、基本的なプログラミングの原則は変わらないため、学習は決して無駄にはなりません
また、学んだスキルをアップデートし続けることが重要で、継続的な学習と適応が求められます。

自分の適性が分からない

プログラミングに自分が適しているかどうか不安に思う人は多いです。

適性があるかどうかを判断する基準としては、主に以下の3点が挙げられます。

  1. 問題解決能力はあるか
  2. 論理的思考はあるか
  3. 新しいことを学ぶ意欲があるか

プログラミングは、単にコードを書く技術以上のものであり、創造的な解決策を見つけるプロセスに関与します。
自分が上記に挙げた特性やスキルを持っているか、小さなプロジェクトから始めて試すことが、適性を見極める一つの方法です。

生活習慣病になりやすい傾向である

プログラミングの仕事は長時間のデスクワークが必要で、不規則な生活や運動不足が生活習慣病を引き起こす主な原因です。

不規則な生活や運動不足の状態が長期間続くと、肥満や糖尿病、心血管疾患などのリスクが高まります。
改善方法としては、定期的な休憩、適度な運動、健康的な食事を心掛けることが重要です。また、働きやすさや使いやすさに配慮した作業環境を整えることも効果的で、長時間労働の負担を軽減できるでしょう。

生活の改善をしたり、環境を整えたりすることは、プログラマーの健康維持に寄与し、生活習慣病のリスクを低減します。

時代遅れと思われがち

プログラミング技術は絶えず進化しており、古い技術や言語に固執することで、業界の最新トレンドから取り残される可能性があります。
プログラミング技術が最新トレンドを必要としているため、プログラミングは20代や30代前半といった若いうちから始めなければ意味がないと思われがちです。

しかし、上記の考え方は誤解に基づいています
実際には、プログラミングは年齢に関係なく学び始めることができ、キャリアを形成する上で非常に価値があります。
新しい技術を学ぶ能力は年齢とともに低下するわけではなく、意欲と適切な学習方法があれば、いつでも技術を習得し、活用することが可能です。

現代の職場では、継続的な教育とスキルの更新が求められており、プログラマーにとって重要な競争力となっています。
新しい技術やフレームワークを学ぶことは、いかなる年齢から始めても意味があり、実務での経験を通じて、新旧の技術を適切に組み合わせることが、時代遅れのレッテルを避ける上で重要です。

プログラミングの学習は、単にコードを書く以上のものであり、問題解決や創造的思考といった、いかなる年齢にも有益な能力を伸ばします。

残業が多いため定時で終わらない

プログラミング業界ではプロジェクトの締め切りや急なトラブル対応が原因で、しばしば残業が多くなることがあります。

残業の多い傾向は特にスタートアップや小規模企業で顕著ですが、大企業や成熟した業界では、作業管理ツールの導入や効率的なプロジェクト管理が進むことにより、残業は減少傾向にあります。
職場によって状況が異なるため、実際の労働環境を確認するためには、面接時や求人情報での確認、既存の従業員との対話が必要となるでしょう。

プログラミングの独学はやめとけ、の真相は?

「プログラミングの独学はやめとけ」という言葉は、独学が必ずしもすべての人に対して言われているわけではありません

独学は自己管理能力や高いモチベーションが必要であり、自己管理能力や学習への意欲が欠けている場合には学習が難航する可能性が高まります。
また、指導者や仲間からのフィードバックが得られず、孤独感を感じやすい環境です。

本項では、プログラミングの独学が向いていない人の特徴を詳しく掘り下げ、より効果的な学習方法を提案します。

プログラミングの独学に向いていない人について詳しく知りたい人は、「プログラミングの独学ができる人とは?無理な人の特徴と対処法を解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングの独学に向いていない人

プログラミングの独学が向いていない人の特徴は以下の通りです。

  1. 目的や目標が定まっていない人
    プログラミングを学ぶ具体的な理由や目標がないと、学習の途中で何をすべきか迷いやすく、モチベーションの維持が困難になります。
  2. モチベーションを維持できない人
    自己管理が苦手で、定期的な学習習慣を確立できない人は、途中で挫折しやすいです。
  3. 基礎を何度も学ぶ人
    基本的な概念を理解するのに苦労し、何度も同じ内容を繰り返す必要がある人は、進歩が見られないと感じやすいです。
  4. 飽きっぽい性格の人
    新しいことにすぐに興味を失い、一つのことに長く集中できない人は、継続的な学習が難しいです。

下記でさらに詳しく解説していきますので、プログラミング独学をするときには注意をしていきましょう。

プログラミング学習で目的や目標が定まっていない人

プログラミング学習で目的や目標が定まっていない人は、学習の進行方向を見失いやすく、モチベーションの維持が特に困難になります。

学習初期に具体的な目標を設定しないと、実際に必要な技術をいくらくらいの程度まで習得すべきかの判断が難しくなり、結果的に時間を無駄にしてしまうことが多いです。
目標を明確にすることで、学習の優先順位をつけ、効率的にスキルを身につけることができます。

プログラミングの学習のモチベーションを維持できない人

プログラミングの学習でモチベーションを維持することは、独学の成功にとって非常に重要です。

目標が明確でないと、学習過程で遭遇する困難に直面したときに、なぜ、スキルの習得に苦労をしているのかという根本的な疑問に答えることができません。

学習における苦労や苦悩はモチベーションの低下を招き、最終的には学習を中断させる原因となります。
自己管理能力が低い、または外部からの動機付けがないと、継続的な学習が困難になるため、独学は推奨されません。
定期的な目標設定と達成、小さな成功体験を積み重ねることが、モチベーションを保つ鍵です。

プログラミングの学習で基礎を何度も学ぶ人

プログラミングの基本概念や技術を何度も繰り返し学ぶ必要がある人は、学習進度が遅く感じられがちです。

何度も復習することはいいことではありますが、新しい情報の取り込みに時間がかかったり、初期の概念がしっかりと理解できていなかったりすることが主な原因です。
先述したような学習スタイルの人は、独学でのプログラミングが向いていない可能性が高いでしょう。
理解が不十分な状態で先に進むと、より複雑な問題に対処する際に壁にぶつかりやすくなります。

グループ学習やコーチングを受けることで、学び直しの必要性を減らし、より効果的に進むことがでしょう

飽きっぽい性格の人

飽きっぽい性格の人は、プログラミングの独学には向いていないと言えます。

プログラミングは、反復練習と持続的な学習が必要であり、一つのトピックに対する深い探求が求められる分野です。
新しいトピックに頻繁に飛びつく傾向がある人は、一貫した学習ルーチンを維持することが困難で、結果として、プログラミングの複雑な概念や技術をマスターする前に関心を失ってしまうことがあります。

上記のタイプの学習者には、より構造化された教育プログラムや、頻繁に変わるカリキュラムを提供する学習環境が適しているでしょう

プログラミングで副業はやめとけ、の真相は?

プログラミングを副業として始めることに対する警告は、副業の難易度と時間的要求に基づいています。

プログラミングは、高い技術力と専門知識を要求されるため、副業として取り組むには十分なスキルの習得が前提です。
さらに、プロジェクトによっては予測不能な時間が必要とされることがあり、本業とのバランスを崩す原因にもなります

しかし、適切なスキルと時間管理ができれば、副業としてのプログラミングは有益であり、追加収入源としてだけでなく、キャリアの多様性を拡げる手段となり得るでしょう。
成功の鍵は、現実的な目標設定と、プロジェクトの選定に慎重であることです。

プログラミングの副業がやめとけ、と言われる実態について詳しく知りたい人は、「プログラミングの副業が稼げない、やめとけと言われる理由と現実を解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングスクールはやめとけ、の真相は?

「プログラミングスクールはやめとけ」という意見には、コストの高さや、提供される教育内容が市場の需要と一致しないことが挙げられます。
多額の投資に見合うだけの結果が保証されていないと感じる人もいれば、個々の学習スタイルに合わない場合があるという声もあります。

しかし、逆の側面も存在します。
多くのスクールでは、最新の技術トレンドに即した講座を提供し、業界経験豊富な講師から直接学べる機会を提供しています
また、キャリアサポートや就職斡旋を行っているスクールも多く、正しいスクール選びが成功への鍵となります。

各自の状況に合わせた慎重な選択が必要となるでしょう。

詳しく知りたい人は、「プログラミングスクールはやめとけ!?業界の闇と現実を徹底解説!」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングを学習するメリットとデメリットとは?

プログラミングの学習は、現代社会で求められるスキルの一つとして非常に価値が高いですが、価値が高い理由には明確な利点と共にいくつかの欠点も存在します。

本項では、プログラミングを学ぶことの主なメリットと潜在的なデメリットを掘り下げ、バランスの取れた視点からプログラミングを学習することについて考えていきます。
理解を深めることで、学習への意欲を高め、同時に挑戦に備えることができるでしょう。

プログラミング学習のメリット

プログラミング学習の最大のメリットは、職業的な柔軟性と高い収入の可能性がある点です。

技術が進化し続ける中で、プログラミングスキルは多くの産業で重宝され、キャリアの選択肢を広げます。
また、論理的思考や問題解決能力を鍛えることができ、様々なスキルは他の職業や日常生活にも応用可能です。

自分でアプリを作成したり、自動化ツールを開発することで、創造性を発揮し生産性を向上させることもできるでしょう。

プログラミング学習のメリットについて詳しく知りたい人は、「【初心者必見】プログラミングを学ぶメリット10選!学習方法を解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミング学習のデメリット

メリットがある一方で、プログラミング学習には以下のようなデメリットがあります。

  1. 時間とコミットメントの要求が大きい
    プログラミングは複雑で、習得するためには多くの時間と努力が必要です。
    初期段階での学習曲線は特に急で、挫折感を覚えやすいです。
  2. 継続的な更新が必要
    技術の進歩は速く、学んだ技術がすぐに古くなる可能性があります。
    常に最新のトレンドを学び続ける必要があります。
  3. 孤独感を感じやすい
    特に独学の場合、孤立感を感じることがあります。
    コミュニティのサポートなしで学ぶのは難しいかもしれません。
  4. 初期投資が高い場合がある
    良質な教材やコースには費用がかかることが多く、初期投資が負担になることがあります。
  5. プロジェクトのプレッシャー
    実際のプロジェクトでは、厳しい締め切りや高いクオリティが求められ、プロジェクトのプレッシャーがストレスにつながることがあります。

上記のデメリットを理解した上で学習を進めていくことで、着実にプログラミングスキルが習得できるでしょう。

プログラミングに向いている人の特徴とは

プログラミングは、単に技術を習得するだけではなく、個人の性格や働き方にも密接に関連しています。

特定の特徴を持つ人々はプログラミングに自然と適応しやすく、プログラミングの分野で成功する可能性が高いです。
以下に、プログラミングに向いている人の特徴を挙げますので、ぜひ、参考にしてみてください。

  • プログラミング学習で目的や目標が定まっている人
  • 意欲的に新しいことに挑戦することが好きな人
  • エラーや疑問点を自己解決できる人
  • スケジュール管理を守って学習できる人
  • 学習する習慣がある人

プログラミング学習で目的や目標が定まっている人

プログラミングにおいては、明確な目的や目標を持つことが、継続的な学習と成長の大きな動機となります。

目標が定まっている人は、学習における進歩を具体的に測定しやすく、挫折を避けながら効率的にスキルを向上させることができます。
目的や目標の設定により、目的意識を持って学習活動を続けることが可能になり、より高い成果を達成しやすくなります。

意欲的に新しいことに挑戦することが好きな人

新しい技術や方法論に挑戦する意欲は、プログラミングにおいて非常に重要であると言えます。

意欲的に新しいことに挑戦することが好きなタイプの人は、変化する技術の潮流に順応しやすく、新しいプログラミング言語やツールを学ぶ際の障壁が低くなります。
チャレンジ精神旺盛であることは、プログラミングの迅速な進化とともにスキルを常にアップデートし続けるために不可欠です。
上記のような人々は、技術の変化をチャンスと捉え、自らのキャリアを積極的に形成していくことができるでしょう。

プログラミングの学習を挫折しないためには

プログラミング学習において挫折を避けることは、成功への道のりを確実なものにします。
効果的な学習方法と正しいリソースの選択は、学習過程をスムーズにし、継続的な進歩を促します。
以下に、挫折しないための具体的なアプローチを紹介します。

プログラミング言語はニーズが高く、扱いやすいものを
プログラミングの学習サイトでまず始めてみる
プログラミング学習サイトが無理ならプログラミングスクールを検討しよう

プログラミング言語はニーズが高く、扱いやすいものを

初心者がプログラミング学習を始める際には、市場ニーズが高く、学習しやすい言語を選ぶことがおすすめです。

例えば、Pythonは直感的な構文と豊富な学習リソースにより初学者に人気です。
ニーズが高い言語を学ぶことで、学習したスキルがすぐに実践的な価値を持つため、モチベーションの維持にもつながります。

ニーズが高い言語を学ぶことで、学習効果を最大化し、市場での価値を広げることができるでしょう。

初心者におすすめのプログラミング言語について詳しく知りたい人は、「初心者におすすめのプログラミング言語人気ランキング10選!」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングの学習サイトでまず始めてみる

オンラインのプログラミング学習サイトを利用することは、柔軟な学習スケジュールと多様な教材へのアクセスを提供します。

初心者にとっては、自宅で自分のペースで学べることが大きな利点です。
また、ビデオチュートリアル、インタラクティブなコーディング演習、コミュニティサポートなど、多様な学習リソースが学習の壁を乗り越える手助けをしてくれます。

初めてプログラミングを学ぶ際に、低リスクでアクセスしやすい方法として最適です。

プログラミング学習サイトが無理ならプログラミングスクールを検討しよう

もし、自己学習が難しく感じる場合や、より構造的な学習環境が必要な場合は、プログラミングスクールの受講を検討しましょう

プログラミングスクールは専門の講師による直接的な指導、自分と同じようにプログラミングを勉強している仲間との学習、リアルタイムのフィードバックを提供されることにより学習プロセスが加速します。
また、カリキュラムが仕事に直結する内容で構成されており、キャリアチェンジを目指す人には特に有効です。

より積極的な学習支援が求められる場合には、プログラミングスクールが最適な選択肢となるでしょう。
しかし、スクールによって受講できるプログラミング言語やコース、料金が異なるので、検討する際は複数のプログラミングスクールの情報を集め、自分に合ったものを選択しましょう。

まとめ

本記事を通じて、「プログラミングはやめとけ」と言われる背景にある多くの課題と、課題に対する具体的な対策を解説しました。

プログラミング学習の挫折を避け、効果的にスキルを身に付ける方法を理解することができれば、プログラミングの技術が持つ無限の可能性を最大限に活用できるでしょう。
プログラミングの技術以外の論理的思考や自己解決能力などのスキルは、問題解決のための新たな視点を提供し、創造的な解決策を生み出す力を養うことができます。

興味と情熱を持って学習に取り組むことが、成功への鍵です。

プログラミングの独学はやめとけを調べた人向けFAQ

プログラミングを独学するデメリットは?

プログラミングを独学で学ぶことは、多くの自由と柔軟性を提供しますが、いくつかのデメリットも伴います。

最も顕著なのは、専門家からの直接的なフィードバックや指導が得られないことです。
的確な専門家のアドバイスが得られないことにより、非効率な学習方法や間違ったプラクティスを長期間続けるリスクがあります。
また、学習の進行においてモチベーションを維持することが難しく、孤独感を感じやすいのも大きな問題です。

さらに、独学では最新の業界トレンドや技術の変化に迅速に対応することが困難であり、キャリア発展における障壁となることもあります

プログラミングの独学のメリットとデメリットについて詳しく知りたい人は、「プログラミングの独学のメリットとデメリットとは?学習のコツを徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングは独学で習得できますか?

プログラミングは独学で十分習得可能です。

インターネット上には豊富な無料または低価格のリソースがあり、ビデオチュートリアル、オンラインコース、フォーラム、電子書籍などを利用して、基本から高度なテクニックまで学ぶことができます。
ただし、自己管理能力と自己学習に対する強い意志が必要です。

独学で成功するには、明確な学習目標の設定、定期的なスケジュール管理、そして、学習プロセスにおける継続的なモチベーションが鍵となります。

プログラミングの独学の方法について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

プログラミングを独学で学ぶのに何年くらいかかりますか?

プログラミングの習得にかかる時間は、個人の背景、学習時間の確保、利用するリソース、そして、目標に大きく依存します。

多くの基本的なプログラミングスキルは数ヶ月から1年程度で学べることが多いですが、実務で問題のないレベルのスキルを身につけるには数年の継続的な学習が必要になることが一般的です。

プログラミングの独学でスキルを習得するまでにかかる時間は、学習者がどれだけ深く、広範囲に技術を理解しようとするかにも左右されます。

プログラミングスキルを習得するまでにかかる時間について詳しく知りたい人は、「初心者がプログラミング習得までの勉強時間は?独学や学習継続のコツを解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラマーはどのくらい稼げますか?

プログラマーの収入は経験、スキル、勤務地、そして業界によって大きく異なります。
日本におけるプログラマーの平均年収は以下の通りです。

年代年収
20代約300万円〜500万円
30代約400万円〜800万円
40代約500万円〜1,000万円
50代約600万円〜1,200万円

上記の表では、一般的な市場の動向を反映していますが、特に技術力が高く、特定の専門分野における需要が高いプログラマーは記載したよりも金額の高い収入を得ることが可能です。

また、フリーランスや副業を含めると、さらに収入の幅は広がります。

プログラマーの年収について詳しく知りたい人は、「プログラマーとエンジニアの違いは?仕事内容や必要スキルを解説」の記事も参考にしてみてください。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる