プログラミング

【初心者必見】プログラミングの独学を成功させる!勉強法とコツを解説

プログラミングの独学の成功への道は、決して遠く難しいものではありませんが、挫折してしまう人も多いのが現状です。

本記事では、初心者がプログラミングを独学で成功させるための具体的な勉強法と、挫折しないための心構えから挫折からの立て直し方までを解説します。

プログラミングの独学を成功させたいと考えている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングの独学を成功させるための第一歩です。
会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

プログラミングの独学で挫折しない勉強前の心構え

プログラミングを独学で学ぶことは、ワクワクするものですが、新たな挑戦と困難も伴います。

多くの人が挫折する一因は、学習を始める前の準備が不十分であることにあります。
成功への鍵は、適切な心構えと明確な準備にあります。

本項は、プログラミングの独学を挫折しないための学習前の心構えについて解説していきます。

プログラミングの独学での学習目標を設定する
自分の今のレベルを分析して知る
プログラミングの独学での方針決め
必要な知識やスキルの洗い出し
学習の計画を立て、実践する

プログラミングの独学での学習目標を設定する

成功する独学者は、始める前に明確な学習目標を持っています。

目標を設定することで、学習プロセスが目的意識を持って進められ、モチベーションの維持にもつながります。
しかし、ただ漠然とした目標を立てるのではなく、「3ヶ月後には基本的なウェブアプリケーションを作れるようになりたい」「1年以内にプロフェッショナルなレベルでPythonを扱えるようになりたい」など、具体的かつ達成可能な目標を設定しましょう

目標を設定する際のポイントは、自分にとって意義深く、かつ達成が測定可能であることを確認することです。

注意点として、高すぎる目標は避け、自身の生活リズムや他の責任とのバランスを考えることが重要です。

自分の今のレベルを分析して知る

独学のプロセスを始める前に、自分の現在のレベルを正確に分析することは不可欠です。

自己分析により、自分が何から学び始めるべきか、どの領域に焦点を当てるべきかを明確にできます。
例えば、プログラミングの基礎知識が全くない場合は、基礎から始める必要がありますが、既にある程度の知識がある場合は、より高度なトピックに進むことができます。

自己分析の際のポイントは、自分の知識や技能を正直に評価することです。

注意点として、自分を過小評価や過大評価せず、客観的な資料やテストを利用して現在のスキルレベルを把握することが推奨されます。

プログラミングの独学での方針決め

プログラミング学習の方針決めは、独学の成功に直結します。

方針とは、どの言語を学ぶか、どの技術スタックに焦点を当てるか、プロジェクトベースの学習を行うかなど、学習の進め方に関する根本的な決定事項を指します。
例えば、ウェブ開発に興味がある場合、HTML、CSS、JavaScriptから始めるのが一般的です。
データサイエンスに興味がある場合は、PythonやRといった言語が適しています。
下記に主要な開発分野とおすすめのプログラミング言語についてまとめましたので、方針決めの際は、ぜひ参考にしてみてください。

興味のある分野おすすめのプログラミング言語
ウェブ開発HTML、CSS、JavaScript、PHPなど
データサイエンスPython、Rなど
AI、機械学習Python、R、Juliaなど
ゲーム開発C++、C#、Javaなど

プログラミングの独学での方針決めでの重要なポイントは、自分の興味と将来の目標に合わせて方針を定めることです。

一度に多くのことを学ぼうとせず、焦点を絞ることが重要です。
まずは、一つの言語を確実に使いこなせるようになってから、次のステップに進んでいきましょう。

必要な知識やスキルの洗い出し

方針が決まったら、次は決定した目標に到達するために必要な知識やスキルを洗い出します。

必要な知識やスキルの洗い出しの過程では、目標達成に必要な具体的な技術や理論をリストアップし、学習すべき項目を明確にします。
例えば、ウェブアプリケーションを開発することを目標にする場合、フロントエンドとバックエンドの両方に関する知識が必要になります。

現在のトレンドや業界のニーズにも目を向け、将来性のある技術に焦点を当てることです。

リストアップする項目が多すぎないようにし、現実的な範囲に留めることが重要です。

学習の計画を立て、実践する

目標となるスキルセットが明確になったら、次は実際の学習計画を立てます。

計画には、どの学習教材を使うか、学習スケジュール、プロジェクトや演習をいつ行うかなどを含めるべきです。

リアルな時間管理をしましょう。
また、自分の生活リズムや他の責任を考慮して、無理のないスケジュールを設定することも重要です。
定期的に進捗を確認し、必要に応じて計画を調整する柔軟性も持つ必要があります。

過度な期待はせず、小さな成功を積み重ねていく心構えを持つことです。

プログラミングの独学を成功させるコツ

プログラミングの独学を成功に導くためには、効果的な学習方法と実践的なアプローチが必要です。

本項では、プログラミングの独学を成功させるためのコツと、実践時のポイントについて掘り下げます。

  • 基礎固めと並行でプログラミングで開発
  • プログラミング開発ベースのチュートリアルを活用
  • アウトプットは積極的に
  • メンターと出会って効率アップ

基礎固めと並行でプログラミングで開発

プログラミング学習において、理論だけでなく実際に手を動かすことは非常に重要です。

理論の学習を基礎固めと見なし、得た基礎の知識を実際の開発プロジェクトと並行して進めることで、理解が深まり、実践的なスキルが身につきます。

学んだことをすぐに実践に移しましょう。
例えば、ループや条件分岐を学んだら、学んだ記述方法を使って小さなプログラムを書いてみることが推奨されます。

初期の段階では完璧を目指さず、試行錯誤を恐れずにプロジェクトに挑むことが大切です。

プログラミング開発ベースのチュートリアルを活用

プログラミングの学習において、開発ベースのチュートリアルは非常に有効なリソースです。

プログラミング開発ベースのチュートリアルは、実際の開発プロジェクトを模しているため、実践的なスキルを身につけるのに役立ちます。

チュートリアルをただこなすのではなく、その中で学んだ技術や概念を自分のプロジェクトに応用してみましょう。

一つのチュートリアルに固執するのではなく、様々なソースから学び、幅広い視野を持つことが重要です。

アウトプットは積極的に

アウトプットを積極的にすることは、学習した内容の理解を深め、記憶に定着させるために不可欠です。

プログラミングにおいてアウトプットとは、コードの記述、プロジェクトの開発、ブログやソーシャルメディアでの学習内容の共有など多岐にわたります。
様々な活動を通じて、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができます。

学んだことをすぐに実践に移し、他者と共有することです。

注意点としては、完璧を目指すあまりアウトプットを避けてしまうことです。
初めは不完全でも良いので、積極的にアウトプットする習慣をつけましょう。

プログラミングの独学でのアウトプット方法について詳しく知りたい人は、「プログラミング独学のアウトプット方法は?挫折しない学習方法を解説」の記事も参考にしてみてください。

メンターと出会って効率アップ

メンターとの出会いは、プログラミング学習の効率を大きく向上させることができます。

メンターは、技術的な疑問の解決だけでなく、学習計画の立案、モチベーションの維持、キャリアアドバイスまで幅広くサポートしてくれます。
メンターと出会うことで得られる最大の利点は、一人で試行錯誤する時間を大幅に短縮できることです。

相性を重視し、自分の学習目標や興味に合った人を選ぶようにしましょう。

メンターの意見を鵜呑みにせず、自分で考える力も育てることが重要です。

プログラミングの独学で挫折しやすいところとは?

  1. 学習計画の欠如
    明確な学習計画がないと、何をどう学べば良いかわからず、途方に暮れてしまいます。
  2. 基礎知識の不足
    基礎知識が不十分だと、応用学習に進んだ際に理解できないことが増え、挫折しやすくなります。
  3. 孤独感
    独学は孤独を感じやすく、モチベーションの維持が難しくなります。
  4. 情報過多
    学ぶべきことが多すぎて、何から手をつけて良いかわからなくなることがあります。
  5. 実践不足
    学んだ知識を実践に移さないと、理解が浅くなりがちです。
  6. 過度な比較
    他人と自分を比較しすぎると、自信を失いがちです。
  7. 完璧主義
    完璧を求めすぎると、小さな失敗にも挫折を感じやすくなります。

上記の挫折しやすいポイントを理解し、事前に対策を講じることで、プログラミングの独学を成功させる可能性を高めることができます。

重要なのは、自分自身に合った学習方法を見つけ、継続することです。

プログラミングの独学の挫折から立て直す方法

プログラミングの独学は挑戦的であり、時には挫折を経験することもあります。

しかし、挫折は終わりを意味するものではなく、新たな学習の機会を提供します。
挫折からの立て直しは、自己成長のための貴重な過程であり、以下に紹介する方法で成功への道を再び歩み始めることができるでしょう。

  • 他のプログラミング言語に切り替えてみる
  • 学習方法を見直してみる
  • 勉強会に参加してみる
  • プログラミングスクールを検討してみる
  • 基礎を習得して未経験からエンジニアとして働いてみる

挫折しないための方法について詳しく知りたい人は、「プログラミング独学の挫折率は9割?理由と挫折しない方法を解説」の記事も参考にしてみてください。

他のプログラミング言語に切り替えてみる

時には、学んでいるプログラミング言語が自分に合っていない可能性があります。

別の言語に切り替えることで、新鮮な気持ちで学習を再開できることがあります。
例えば、文法が複雑で挫折した場合、よりシンプルで理解しやすい言語に変更すると、学習の進捗が感じられやすくなるかもしれません。

自分の興味や目標に合った言語を選ぶようにしましょう。

言語を変えることで全てが解決するわけではなく、根本的な学習方法やアプローチの見直しも同時に行うことが重要です。

独学するのにおすすめのプログラミング言語について詳しく知りたい人は、「初心者のプログラミング独学におすすめの言語10選!選び方や始め方を解説」の記事も参考にしてみてください。

学習方法を見直してみる

挫折の原因が学習方法にある場合も少なくありません。

自分に合った学習スタイルを見つけることが、効率的な学習と継続の鍵です。
例えば、ビデオ講座が合わなければ書籍に切り替える、独学ではなくコミュニティや勉強会に参加するなど、様々な方法を試してみましょう。

これまでの学習方法に何が足りなかったのか、何が合わなかったのかを冷静に分析しましょう。
原因を知ることで次、同じ失敗がないように注意することができます。

新しい方法を試す際にも焦らず、自分に合うまでいくつか試してみることが大切です。

勉強会に参加してみる

勉強会は、同じ目標を持つ仲間と学び、経験を共有する素晴らしい場です。

勉強会に参加することで新しい知識を得られるだけでなく、学習のモチベーションを保つことができます。
現在では、オンライン上にもプログラミング関連の勉強会が数多くありますので、TECH PLAYやconnpassなどで探してみるといいでしょう。

積極的に関与することが重要です。
質問を恐れず、ディスカッションに積極的に参加しましょう。

レベルに合った勉強会を選びましょう。
過度に難しい内容のものに参加すると、挫折感を再び味わってしまう可能性があります。

プログラミングスクールを検討してみる

プログラミングスクールは、短期間で集中的に学ぶことができる環境を提供します。
プロフェッショナルな講師からの指導を受けられることが最大のメリットです。

どうしても独学では続かない、短期間で効率よくプログラミングを習得したい人は、特に検討して活用してみることをおすすめします。

カリキュラムの内容や卒業後のサポート体制を確認しましょう。
スクールによって年齢制限や適用条件等がある場合があります。

費用と時間の投資が必要になるため、自分にとって本当に価値のあるプログラムかどうか慎重に評価することが重要です。

プログラミングスクールについて詳しく知りたい人は、「おすすめのプログラミングスクール26社を比較!選び方や闇についても徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

基礎を習得して未経験からエンジニアとして働いてみる

実践的な経験は、学んだ知識を深め、新たなスキルを身につける最良の方法の一つです。
未経験からエンジニアとして働き始めることは大きな挑戦ですが、実世界の問題解決を通じて急速に成長することができます。

基礎知識がしっかりしていることを確認し、学習意欲を持ち続けましょう。
未経験でも研修がしっかりしている企業もあるので、よく下調べしてから就職する企業を決めることが重要です。

初めての職場では、周りから学ぶ姿勢が重要であるため、謙虚さを忘れずにいることが重要です。

まとめ

プログラミングの独学は、不安と挑戦に満ちていますが、適切な心構えと戦略を持てば、成功への道は確かに存在します。

本記事を通じて、学習目標の設定から、実践的なアウトプットの重要性、さらには挫折からの立て直し方法まで、あなたがプログラミングを独学で成功させるための具体的な勉強法とコツを紹介しました。
プログラミングの独学は一人での戦いかもしれませんが、あなたが持つべきは、自ら学び成長する強い意志と、絶え間ない好奇心です。

始めの一歩を踏み出し、プログラミングの世界での無限の可能性を探求しましょう。

プログラミングの独学を成功したい人向けFAQ

プログラミングは独学で可能か?

プログラミングは独学で学ぶことが可能です。
現代では、インターネット上にある豊富なリソース、オンラインコース、チュートリアル、フォーラム、無料の学習プラットフォームなど、学びのための素材が溢れています。

様々な学習資源を活用することで、誰でも基礎から応用まで、プログラミングのスキルを身につけることができます。
重要なのは、自己学習に対する継続的なコミットメントと、問題解決のための粘り強さを持つことです。

プログラミングを独学で学ぶのに何年くらいかかりますか?

プログラミングの独学にかかる時間は、個人の学習ペース、前提知識、学習に費やせる時間、および目指す専門性のレベルによって大きく異なります。

一般的に、基本的なプログラミングスキルを習得するには数ヶ月から1年程度が必要とされます。
しかし、中級から上級レベルのスキルや、特定の技術分野における専門性を身につけるには、さらに数年の学習が必要になる場合があります。

重要なのは、短期間で結果を求めすぎず、学習プロセスを楽しむこと。
また、定期的に目標を設定し、達成することで、モチベーションを維持し続けることが重要です。

プログラミングを独学するデメリットは?

プログラミングを独学する最大のデメリットは、孤独感やモチベーションの維持が難しいことです。
また、適切な学習方法や解決策を見つけ出すのに時間がかかる場合があります。
さらに、学習進捗のフィードバックや指導が得られにくいため、間違った学習方法や概念を長期間続けるリスクもあります。

しかし、紹介してきたデメリットは、オンラインコミュニティへの参加や、定期的なセルフチェックを行うことで軽減できます。

一方で、プログラミングを独学するメリットも多くあります。
自分のペースで学習できる柔軟性、学習リソースの選択の自由、時間的・地理的な制約の少なさがあります。
また、自己解決能力や自律学習のスキルが身につくことも大きなメリットです。

プログラミングの独学についてのメリットとデメリットについて詳しく知りたい人は、「プログラミングの独学のメリットとデメリットとは?学習のコツを徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングを独学で1日何時間勉強すればよいか

プログラミングの学習における「理想的な」勉強時間は、目標、プログラミング言語の難易度、個人のレベルや生活スタイルによって異なります。

一般的には、1日に2〜4時間の学習が推奨されますが、これはあくまで一般的な目安です。
重要なのは、継続的に学習することであり、短時間でも毎日コンスタントに学習することが成長につながります。
また、休息も重要な学習の一部であるため、無理なく続けられる学習計画を立てることが大切です。

プログラミングの独学の勉強時間の目安や習得機関について詳しく知りたい人は、「初心者がプログラミング習得までの勉強時間は?独学や学習継続のコツを解説」の記事も参考にしてみてください。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる