プログラミング

【初心者必見】プログラミングを独学で1か月習得する方法を解説

プログラミングの独学は1か月でどのくらい学べるのか、1か月で習得まですることは可能なのか気になった人はいるのではないでしょうか。

本記事では、プログラミングの独学を1か月行う際の方法から独学するときのポイントについてプログラミング初心者が気になる内容を徹底解説していきます。

初心者からプログラミングの独学を始めてみようと考えている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングの独学を始めるための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

独学でプログラミングを1か月で習得するときのポイント

プログラミングを独学で1か月で習得することは、決して簡単な道のりではありません。

しかし、適切な戦略と努力があれば、プログラミングの独学への挑戦は確実に達成可能です。
本項では、プログラミングスキル習得の目標に向かって進むための重要なポイントを掘り下げていきます。

  • 月200時間の学習時間が必要
  • ひたすらコードを書いていく
  • エラーに立ち向かっていく
  • 質問できる環境を作っておく

月200時間の学習時間が必要

独学でプログラミングを1か月で習得するためには、月200時間の学習が必要です。

月200時間の学習は、1日平均約6.5時間の学習時間を意味し、短期間でのスキル習得には集中的な取り組みが求められることを示しています。
1日6.5時間の学習時間を確保するためには、あらかじめ日々のスケジュールを調整し、優先順位を見直す必要があります。
また、学習時間を確保するだけでなく、その時間をいかに効率的に使うかが重要です。

ポイント
目標を設定し、学習内容を計画的に分割していくようにしましょう。

注意点
休憩も重要な要素であり、過度な無理が逆効果にならないよう、バランスを考えることが大切です。

ひたすらコードを書いていく

プログラミング学習の核心は、「ひたすらコードを書いていく」ことです。

プログラミングは、ただ理論を学ぶだけでは習得できません。
実際に手を動かし、コードを書く経験を積むことが絶対に必要です。

コードを書く過程で、様々なエラーに直面することがありますが、出現したエラーを解決すること自体が貴重な学習機会です。

  • 小さなプロジェクトから始め、徐々に複雑さを増していくように心がけましょう。
  • 他の人のコードを読んでみるのも、新たな視点や解決策を得るためには役立ちます。

初心者にありがちな「完璧主義」を避け、まずは「動くコード」を書くことを目指しましょう。
完璧を求めすぎると進行が遅れ、モチベーションの低下につながりかねません。
ゆっくり着実にコーディングスキルを身につけていくことが重要です。

エラーに立ち向かっていく

プログラミングにおいて、エラーは避けられない要素です。

しかし、エラーに直面することは、学習と成長の絶好の機会を意味します。
エラーから学び、解決策を見出すことで、プログラミングスキルは格段に向上します。

  • 冷静にエラーメッセージを読み解く
    エラーメッセージには問題の原因と解決のヒントが含まれています。
    英語のエラー文を英語翻訳を活用してみたり、直接ネットで検索してみたりして内容を理解しましょう。
  • 分割して考えるアプローチを試みる
    コードの一部をコメントアウトして、問題を段階的に特定していくことが有効です。

エラーの解決に時間をかけすぎると学習のモチベーションの低下につながります。
解決までの時間の目安を決めて、解決できなければオンライン上のQ&Aサイトを活用したり、SNSを利用したりして知見のある人に聞いてみると早く解決できるでしょう。

質問できる環境を作っておく

プログラミングは独学で学ぶことが可能ですが、質問できる環境を整えることが、学習の加速につながります。

オンラインフォーラムやコミュニティへの参加、プログラミング関連のイベントやミートアップへの参加が含まれます。
また、ソーシャルメディアやブログで経験を共有することも、フィードバックを得る良い方法です

質問の仕方は、具体的なエラーメッセージや、どのような試みを行ったかを明確に伝えるように心がけましょう。
より的確で有益な回答を得やすくなります。

他人の時間を尊重し、得られたアドバイスに対しては感謝の意を示すことが大切です。

プログラミングの独学におすすめの学習方法を紹介

プログラミングを独学で学ぶということは、多くのリソースがある今日では決して孤独なものではありません。

特に、学習サイトの利用は、この旅を効率的かつ楽しいものに変えることができます。
本項では、プログラミングの独学において、様々な学習リソースを最大限に活用する方法について掘り下げていきましょう。

  • 学習サイトを利用する
  • 本を活用する
  • 動画を活用してみる

プログラミング学習においては、多様な学習リソースを組み合わせることで、理解の幅と深さを増すことができます。
学習サイトや書籍、動画を上手く活用して、あなたのプログラミングスキルを次のレベルへと引き上げましょう。

学習サイトを利用する

学習サイトは、プログラミングの基本から上級レベルの技術まで、幅広い範囲のトピックをカバーしています。

例えば、動画講座、インタラクティブな演習、プロジェクトベースの学習など、様々な形式で情報を提供しています

学習サイトを利用する最大のポイントは、自分の学習スタイルや目標に最も合ったリソースを見つけることです。
初心者は、基本的なプログラミング概念を説明する入門コースから始めることが推奨されます。

また、特定の技術や言語に焦点を当てたい場合は、当てたい焦点の方向に特化したコースを選ぶと良いでしょう。

無料版をまずは使ってみる

多くの学習サイトでは、無料版と有料版のコースが提供されています。
プログラミング学習の初期段階では、無料版を試すことが非常に重要です。

無料版を利用することで、サイトのインターフェースや教材の質、学習スタイルが自分に合っているかどうかを確認することができます。
また、無料コースを通じて基本的なプログラミング概念を学ぶことができれば、さらに高度なトピックをカバーする有料コースへの投資についてもより明確な判断が可能になります。

学習サイトによっては現役エンジニアに質問できるサービスがついているものもあるのでうまく活用していきましょう。

無料コースだけでは学びたい全てを網羅できない可能性があることを理解しておくことが重要です。
したがって、複数の学習サイトの無料コースを組み合わせることで、より幅広い知識を得ることができます。

また、自分自身の学習進捗を定期的に評価し、必要に応じて有料のリソースに移行するかどうかを検討することも重要です。

詳しく知りたい人は、「プログラミングを無料で学習するのにおすすめのサイト10選!独学の方法も紹介」の記事も参考にしてみてください。

基礎が身についたら有料版も検討

プログラミングの基礎がしっかりと身についたら、さらに深い知識や専門的なスキルを習得するために有料版のコースを検討することをおすすめします。

有料版では、より高度なトピックをカバーしており、個別のフィードバックやプロジェクトベースの学習が提供されることが多いです。

ポイント
自分の学習目標や関心がある分野に合致するコース内容を確認するようにしましょう。

注意点
コストと利益を比較検討し、自分にとって価値がある投資かどうかを判断することが重要です。

本を活用する

プログラミング学習において、本は貴重なリソースです。

最新のトレンドから基本的な概念、アルゴリズムやデータ構造に至るまで、幅広いトピックを深く掘り下げることができます。
下記に本を選ぶ際のポイントと注意点についてまとめましたので、参考にしてみてください。

ポイント

  • 現在のスキルレベルに合った書籍を選ぶ
    本を購入するにあたって、今の自分のレベルがいかほど程度あるのか、いくらくらいの内容をすでに理解しているのかを自己分析してから本を選ぶことで齟齬がなくなります。
  • 評判やレビューを参考にする
    評判やレビューを参考にすることで本の難易度や記載内容をあらかじめ理解することができるでしょう。
  • 実際に書店に行って現物を見てみる
    実際に本を手に取ってみることで自分にとって理解しやすい内容なのか、レベル感は合っているのかを確認することができるのでおすすめです。

注意点
出版されてから時間が経過している書籍の場合、情報が古くなっている可能性があるため、最新の知識を求める際は出版年を確認することが重要です。

詳しく知りたい人は、「プログラミング本おすすめ38選!初心者が独学でも学べる本を厳選!」の記事も参考にしてみてください。

動画を活用してみる

動画は、複雑なプログラミングの概念やプロセスを視覚的に理解するのに非常に有効なツールです。

YouTubeや専門の学習プラットフォームには、多くのプログラミングチュートリアルや講義が無料で提供されています。

ポイント

  • 講師の教え方が自分に合っているかどうかを確認する。
  • 内容が自分の学習目標に沿っているかを確認する。

注意点
動画だけに頼りすぎず、実際に自分でコードを書いてみる実践的な学習を併せて行うことが、理解を深める上で重要です。

プログラミングの独学で比較的学習しやすい言語とは

プログラミングは、デジタル時代において最も貴重なスキルの一つとなっています。

しかし、学習過程は一筋縄ではいかないものです。
独学での学習を始めるにあたって、比較的学習しやすいプログラミング言語を選ぶことが重要です。
本項では、JavaScript、PHP、Rubyという三つの言語が初心者におすすめされる理由について解説します。

言語特徴おすすめ理由
JavaScriptウェブページに動的な要素を加えるために使われる言語ウェブ開発の基本として広く使用されており、初心者が学習リソースを容易に見つけやすい
PHPサーバーサイドでのウェブ開発に使用される言語WordPressなどのCMSで広く利用されており、実践的なウェブサイト構築を学びやすい
Ruby簡潔さと生産性に重点を置いた言語Ruby on Railsというフレームワークを通じて、初心者でも比較的簡単にウェブアプリケーションを開発できる

上記の言語は、それぞれ異なる領域で活躍し、初心者がプログラミングの基本を理解しやすい環境を提供します。
学習する言語を選ぶ際には、自分の興味や目指すキャリアパスに合ったものを選ぶことが重要です。

独学で厳しいならプログラミングスクールに通う

一方で、独学だけではなかなか前に進めないと感じる場合、プログラミングスクールの利用も検討してみると良いでしょう。

プログラミングスクールは、構造化されたカリキュラムと専門の講師による指導を提供し、学習の効率化と理解の深化を促します。
また、同じ目標を持つ仲間との交流を通じて、モチベーションの維持や新たな視点の獲得にもつながります。

ポイント
カリキュラムの内容、講師の質、卒業生のキャリア実績などを確認する。

注意点
費用と時間の投資に対するリターンをしっかりと見極め、自分にとって最適な学習環境を選ぶことが重要。

プログラミングスクールについて詳しく知りたい人は、「おすすめのプログラミングスクール26社を比較!選び方や闇についても徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

まとめ

プログラミングを独学で1か月習得することは、挑戦に満ちていますが、正しい方法と献身的な姿勢があれば、確実に可能です。

本記事を通じて、効率的に学ぶためのポイントや、学習リソースの選び方、そして独学のプロセスをサポートするコミュニティの重要性について解説しました。
時間と労力を賢く投資し、学習の過程を楽しみながら、1か月という期間でプログラミングの基礎を身につけることができます。

プログラミングの独学を1カ月でやることは難しいかもしれませんが、焦らず、学習計画を立てた上で着実にこなしていけば自ずと道は開けるだろう。

プログラミングの独学で1カ月で習得したい人向けFAQ

プログラミングの勉強は一日何時間やるべきですか?

プログラミングを1カ月で習得するためには、日々の継続的な学習が必須です。

一般的には、一日に4〜6時間の学習を推奨します。
しかし、質が量に勝るため、この時間をどのように使うかが重要です。
効率的な学習法を見つけ、理解を深めるためには、学習した内容を実際にコーディングしてみる実践時間を確保することが大切です。

プログラミングの勉強時間について詳しく知りたい人は、「初心者がプログラミング習得までの勉強時間は?独学や学習継続のコツを解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングは独学で学べますか?

ログラミングは独学でも十分に学ぶことが可能です。

インターネット上には豊富な学習リソースが存在し、初心者向けのチュートリアルから上級者向けのプロジェクトまで、幅広くカバーされています。
独学する際のポイントは、自分に合った学習スタイルを見つけ、小さなプロジェクトから始めて徐々に難易度を上げていくことです。
注意点としては、疑問点が生じた際にはオンラインコミュニティで質問したり、メンターや同じ目標を持つ仲間を見つけることで、モチベーションを維持し、学習の壁を乗り越えることができます

プログラマーになるには何年かかる?

プログラマーになるために必要な時間は、個人の学習ペースや目指すキャリアパスによって大きく異なります。

一部の人にとっては、基本的なプログラミングスキルを習得し、初心者レベルのポジションに就くのに1〜2年かかる場合もあります。
一方で、より高度な技術や専門的な分野でのキャリアを目指す場合、3〜5年以上の学習と実践経験が必要となることがあります。

重要なのは、学習を始めたその日から技術を磨き続け、プロジェクトに参加し、実務経験を積むことです。
プログラミングは常に進化している分野であり、継続的な学習と適応が成功の鍵となります。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる