プログラミング

JavaScriptにおすすめの勉強方法は?学習サイトや本を紹介!

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

初心者がプログラミングの勉強をするならJavaScriptがおすすめと言われてますが、実際に何から手を付けていいのか分からなかったり、勉強方法についてもどのようなものがあるのか知らなかったりということも。

本記事では、JavaScriptの勉強方法からおすすめの学習サイトや本を紹介していきます。

JavaScriptの特徴やできることについても解説しているので、ぜひ、今から学習を始めようとしている人は参考にしてみてください。

また、JavaScriptを無料で学習できるサイトを試してみるのもJavaScriptを始めるための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

JavaScriptとは一体?

JavaScriptとは、ウェブページにインタラクティブな要素を追加するためのプログラミング言語です。HTMLやCSSと並んで、ウェブ開発の主要な要素を担っています

JavaScriptは、オブジェクト指向言語として設計されており、簡単な操作から複雑なアプリケーション開発まで幅広く対応できます。

また、ブラウザ間での互換性が高いため、さまざまなデバイスでウェブコンテンツを楽しむことが可能です。簡単な例としては、画像のスライドショー機能や、入力フォームのバリデーションチェックなどが挙げられます。

JavaScriptでできること

JavaScriptでできることの一例として、以下が挙げられます。

  • ウェブページの動的なコンテンツ表示
  • ユーザーとのインタラクション(フォーム入力のチェック、ボタンクリック時のアクションなど)
  • ページ遷移なしでのデータ読み込み(Ajax)
  • ブラウザ内でのアニメーションやゲーム開発

また、Node.jsというプラットフォームを利用することで、サーバーサイド開発にも JavaScript が使われるようになりました。

フロントエンドからバックエンドまで一貫して JavaScript で開発が可能になるのです。

JavaScriptの将来性

JavaScriptの将来性は非常に明るく、今後もウェブ開発の中心的役割を担い続けるでしょう。理由としては、以下が挙げられます。

  • ウェブアプリケーションの需要が増加し続けていること
  • モバイルデバイスでのウェブアクセスが主流になっていること
  • フレームワークやライブラリの進化(React, Angular, Vue.jsなど)

JavaScriptの技術革新が続く中で、より効率的な開発手法や新たな分野での活用が期待されています。

JavaScriptは独学でもできるの?

JavaScriptは独学でも十分に学ぶことが可能です。JavaScriptの独学が可能と言われる理由は、以下の通りです。

  • オンラインで多くの学習資料が提供されていること
  • 初心者向けの書籍やチュートリアルが豊富であること
  • コミュニティが盛んで、質問や悩みを共有できる場が存在していること

ただし、独学での学習は自己管理が重要であり、継続して学ぶことがコツとなります。

JavaScriptの勉強方法には何があるのか

JavaScriptの勉強方法には、以下が挙げられます。

  • オンラインチュートリアル
  • 書籍
  • 動画教材
  • 実際にプロジェクトに取り組む

自分の学習スタイルや目標に合わせて、最適な方法を選択しましょう。

学習サイトを利用する

学習サイトを利用することで、効率的に JavaScript を学ぶことができます。

一部のサイトでは、以下のような機能があります。

  • インタラクティブな学習環境
  • クイズやチャレンジ課題で理解度を確認できる機能
  • コミュニティを通じたサポート

初心者から上級者まで、自分に合ったコースやカリキュラムを選べるのも魅力です。

本を活用する

本を活用すると、電子デバイスがなくても勉強できます。

また、自分のペースで進めることができます。

具体例として、厚手の本を選ぶことで、より詳細な知識や実践的なテクニックを学ぶことができるでしょう。

薄くてシンプルな本を選べば、短時間で基本的な知識を身に着けられます。

本を活用することで自分に合った学習方法や知識の深さを選択できるため、効率的な学習が可能になります。

プログラミングスクールを活用する

プログラミングスクールを活用すると専門的な講師の指導を受けられ、他の学習者と切磋琢磨できます
具体例として、初心者向けのスクールでは、短期間で基礎から学ぶことができます。

また、経験者向けのスクールでは、より高度な技術やチーム開発などの実践的なスキルを習得が可能です。

プログラミングスクールを活用することで自分のスキルレベルに合った指導を受けられ、効果的なスキルアップが期待できます。

JavaScriptの勉強におすすめの学習サイト10選

JavaScriptの勉強方法は多様で、おすすめの学習サイトは以下の10サイトです。

学習サイトは、無料で利用できるものから有料のものまで、初心者から上級者まで幅広い層のニーズに応えてくれます。

Dig Skill

Dig Skillは、オンラインで学べるプログラミング学習サービスで、初心者から上級者まで対応しています。

特徴は、個別指導が受けられることや、実務経験豊富な講師から直接指導を受けられることで、質の高い学習が可能です。
また、カリキュラムが充実しており、実践的なプロジェクトを通じて、具体的なスキルが身につくようになっています。

Dig Skillは、質の高い指導とカリキュラムで、効果的なプログラミング学習ができるサービスです。

侍テラコヤ

侍テラコヤは、オンラインでのプログラミング学習を提供しており、初心者から経験者まで幅広い層のニーズに対応しています。

特徴は、分かりやすいテキストや動画教材を利用しながら、実際に手を動かして学ぶことができます。
また、チャットサポートが充実しており、質問や相談が気軽にできる環境が整っているでしょう。

侍テラコヤは、親しみやすく学びやすい環境で、オンラインで効果的にプログラミングを学べます。

ドットインストール

ドットインストールは、わかる・覚える・楽しむをモットーとしたオンラインプログラミング教材サイトです。

特徴は、短時間で学べる3分動画で構成されており、忙しい中でも手軽に学ぶことができます。
また、幅広いプログラミング言語や技術をカバーしており、自分の興味やニーズに合わせて学習ができます。

ドットインストールは、短時間で効率的に学べるオンライン教材サイトで、様々なレベルのプログラマーにおすすめです。

Progate

Progateは、初心者から上級者まで対応したプログラミング学習プラットフォームです。

理由としては、豊富な言語とカリキュラムが提供されており、例えばHTMLやCSS、Ruby、Python、Javaなど多岐にわたります。コードを自分で書くという実践的な学習方法が特徴で、エディタの使い方やアルゴリズムの理解が深まります。
また、レベルやスキルに応じたバッジがもらえるので、達成感を得つつ学ぶことができるでしょう。

Progateは多様な言語を学べる実践的なプラットフォームで、モチベーションを保ちながらプログラミングスキルを磨けます。

Paiza ラーニング

Paiza ラーニングは、プログラミングスキルを効率的に向上させるオンライン学習サイトです。

理由は、実務で役立つ問題を解くことで、実践的な力をつけられるためです。
また、定期的にコンテストが開催されており、他の利用者と競い合うことで自分のスキルを試すチャンスがあります。
さらにビデオ解説やインタラクティブなクイズも用意されており、学習方法が多彩なのも魅力です。

Paiza ラーニングは実務経験を積むような問題や様々な学習方法で、効率的にプログラミングスキルを向上させられるコンテンツが充実しています。

マンガで分かるJavaScriptプログラミング講座

マンガで分かるJavaScriptプログラミング講座は、楽しみながらJavaScriptを学べる学習方法です。

理由はマンガを通じて解説がされているため、視覚的にわかりやすく、飽きずに学べる点です。
具体例として、登場キャラクターたちがプログラミングの概念や手法を説明し、リアルタイムで実際のコードが表示されるので、理解が深まります。

マンガで分かるJavaScriptプログラミング講座は、楽しみながらJavaScriptを学べるユニークな方法です。

CODEPREP

CODEPREPは、プログラミングを効率的に学べるオンライン学習サービスです。

実際にブラウザ上でコードを書くことで、すぐに学んだことを実践できます。
加えて、学べる言語も豊富で、JavaScriptやHTML、CSS、Pythonなど様々です。
また、問題がランク付けされているので、自分のレベルに合わせた学習が可能です。

CODEPREPは、実際にコードを書くことで効率的に学べるオンラインサービスで、多彩な言語とレベルに対応しています。

Let’sプログラミング

Let’sプログラミングは、ビデオレクチャーや実習問題を通じてプログラミングを学べるサイトです。

利点は、講義と実習がセットになっているため、理解と実践を同時に進められる点です。

さらに、学習コミュニティも用意されていて、他の学習者との交流ができます。

Let’sプログラミングは、講義と実習を組み合わせた学びやすいプログラミング習得方法を提供しています。

Schoo

Schooは、オンラインで講義が受けられるプログラミング学習サイトです。

特徴は、プロの講師から直接学べることで、高い質の知識を身につけられます。
質問や相談ができる機能もあるため、学習中に困ったことがあればすぐに解決できます。
また、講義の録画が見放題なので、繰り返し復習することが可能です。

Schooは、プロの講師から直接学ぶことができる質の高いオンラインプログラミング学習サイトです。

Codecademy

Codecademyは、コーディングを学びたい初心者から、新しいプログラミング言語を習得したい経験者まで対応したオンライン学習プラットフォームです。

主な特徴は、手順を追って学習できるカリキュラムと、実際にコードを書いて実行できるインタラクティブな練習環境が用意されている点で、視覚的な理解と実践を通じた学習が同時にできます。

また、多くのプログラミング言語と分野がカバーされており、自分の目的に合わせて選択することができるので、効率よく学習することが可能です。

JavaScriptの学習するときのロードマップ

JavaScriptを効果的に学習するためには、以下の順序で学習を進めることがおすすめです。

  • 基本構文の理解
    変数、データ型、演算子など、基本的な構文を学びます。
  • 制御構造の習得
    if文、for文、while文といった、プログラムの流れを制御する構造を覚えます。
  • 関数の理解
    関数の定義と呼び出し、引数や戻り値の扱い方を学びます。
  • オブジェクト指向の概念
    オブジェクト、プロパティ、メソッドなど、JavaScriptのオブジェクト指向の概念を理解します。
  • DOM操作
    HTML要素の追加や削除、属性の変更など、Webページの構造やスタイルを動的に操作する方法を習得します。

ロードマップに沿って学習を進めることで、JavaScriptを効率よく理解し、実践的なスキルを習得できます。

学習環境づくりや環境構築をする

JavaScriptの学習を始める前に、以下の手順で学習環境とPCの準備をしておくとスムーズです。

  1. PCの準備
    快適な学習環境を整えるため、PCの動作を軽くしておきます。
  2. JavaScriptの環境構築
    ブラウザの開発者ツールを利用することで、手軽にJavaScriptの実行環境が整います。
  3. テキストエディタのインストール
    コードを書くために、Visual Studio Codeなどのテキストエディタをインストールしましょう。
  4. 統合開発環境(IDE)の利用
    効率的な開発のため、WebStormなどのIDEを利用すると便利です。
  5. Webサービスを活用
    Codecademyなどのオンライン学習プラットフォームを活用することで、手軽に学習を始められます。

テキストエディタについて詳しく知りたい人は、「おすすめ有料・無料プログラミングソフト 【初心者からできる!】」の記事も参考にしてみてください。

HTMLとCSSを勉強する

JavaScriptを学ぶ前に、HTMLとCSSの基本を理解しておくことが重要です。
JavaScriptはWebページに動的な機能を追加するために使われるため、HTMLとCSSで構成されたWebページの構造やスタイリングに対して操作を行います。

HTMLの学習では、タグの種類や属性の使い方など、Webページの基本構造を把握しましょう。

一方、CSSの学習では、セレクタやプロパティ、ボックスモデルなど、デザインを制御する方法を習得します。

HTMLとCSSの基本を把握しておくことで、JavaScriptを用いたWebページの操作がスムーズに行えるようになります。

詳しく知りたい人は、「HTML/CSSは独学で習得できる?必要な期間と勉強方法を解説」の記事も参考にしてみてください。

JavaScriptの構文や書き方を理解する

JavaScriptを効果的に利用するためには、まず、構文や書き方を理解しましょう。

具体的には、変数の宣言や代入、関数の定義と呼び出し、条件分岐や繰り返し処理の方法などを掴むことが重要です。
例えば、変数はletやconstを用いて宣言され、関数はfunctionキーワードやアロー関数で定義されます。条件分岐にはif-else文が、繰り返し処理にはfor文やwhile文が用いられます。

また、コードの可読性を高めるためにも、インデントやスペースの使い方、コメントの書き方にも注意しましょう。
適切なコーディングスタイルを身につけることで、他の開発者との協力もスムーズになります。

理解を深めるには、オンラインのチュートリアルや書籍を活用したり、実際に練習問題を解いたりすることがおすすめです。

ライブラリについて学習する

JavaScriptで効率よく開発を進めるためには、ライブラリの利用も欠かせません。
ライブラリは、特定の機能を提供するためのコードをまとめたもので、利用することで手間を省いたり、品質を向上させたりできます。

代表的なライブラリには、jQueryやLodash、Moment.jsなどがあります。

DOM操作や配列・オブジェクトの操作、日付・時刻の操作など、JavaScriptでよく使われる機能を提供しているでしょう。
ライブラリの使い方を学ぶには、公式ドキュメントやチュートリアルを参照し、実際に手を動かして試すことが大切です。

また、他の開発者が作成したコードを読むことも、理解を深める良い方法です。

JavaScriptのフレームワークについて学習する

上級者向けのスキルとして、JavaScriptのフレームワークについて学んでおくことをおすすめします。
フレームワークは、アプリケーションの構造やルールを提供して、開発を効率化・統一化するためのものです。

人気のあるフレームワークとしては、React、Angular、Vue.jsなどが挙げられます。

コンポーネントベースの開発やデータの双方向バインディング、ルーティングなど、Webアプリケーション開発における効率化・品質向上を目指しています。
フレームワークを学ぶ方法としては、公式ドキュメントやチュートリアルを徹底的に読み込み、簡単なアプリケーションを作成してみることが一番です。

また、他の開発者が作成したプロジェクトを読んだり、コミュニティやイベントに参加したりすることも、知識や技術の向上に繋がります。

実際にアニメーションを作成する

JavaScriptを使ったアニメーションの作成は、実践的なスキルを身につけるための良い方法です。

アニメーションを作成することで、DOM操作やイベント処理、タイマー関数など、JavaScriptの基本機能に触れることができます。
アニメーション作成には、CSSアニメーションやrequestAnimationFrame、WebアニメーションAPIなどの技術が利用できます。

また、ライブラリやフレームワークを使ってアニメーションを実装することも一般的です。
アニメーション制作の練習方法としては、まず簡単な動きから始め、徐々に複雑な動きやインタラクションを追加していくことがおすすめです。

そして、作成したアニメーションを他の人に見せることで、フィードバックや改善アイデアを得ることができます。

JavaSctiptの学習におすすめの本5選

JavaSctiptを学ぶためのおすすめの本を5つ紹介します。

スラスラわかるJavaScript

スラスラわかるJavaScriptは、初心者向けのJavaScript学習書です。

本書の特徴は、分かりやすい解説と豊富な例題にあります。
理解しやすい文章で書かれており、例題も多くて実践的です。
初心者だけでなく、中級者でも参考になる内容が盛りだくさんです。
また、本書を読み進めることで、JavaScriptの基本概念だけでなく、実際にどのように使われるかも学べます。

スラスラわかるJavaScriptを読んで、JavaScriptの知識を身につけましょう。

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版は、徹底的な基礎固めができる本です。

本書は、初心者向けの解説が詳しく、丁寧に書かれています。
また、章ごとに練習問題が設けられており、理解度を確認できます。
そして、巻末には総合問題も用意されており、学習した内容を整理できます。

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版を読むことで、JavaScriptの基礎知識をしっかり身につけることができるでしょう。

ノンプログラマのためのJavaSciptはじめの一歩

ノンプログラマのためのJavaSciptはじめの一歩は、プログラミング経験がない方でも安心して学べる本です。

本書は、初めてプログラミングを学ぶ方にも分かりやすく、ゆっくりと説明してくれます。
また、実践的な課題を通して、JavaScriptを使ったサイト制作が学べます。
なお、プログラムを書く上で重要な考え方やコツも身につけることができます。

ノンプログラマのためのJavaSciptはじめの一歩を読むことで、プログラミング初心者でもJavaScriptの基本が学べるでしょう。

今後、JavaScriptを始める方におすすめの一冊です。

1冊ですべて身につくJavaScript入門講座

JavaScript入門講座は、初心者でもわかりやすく楽しく学べる1冊です。

本書では、まずは基本的な文法から始めて、徐々に応用的な内容へ移行します。
具体的には、変数や演算子、制御構文などの基本概念を解説し、さらに関数やオブジェクト指向、非同期処理といった応用テクニックについても触れます。

また、実際のプロジェクトで使用されるようなライブラリやフレームワークにも言及し、実践的な知識を身につけることが可能です。
各章ごとに問題が用意されているため、自分の理解度を確認しながら学習が進められます。

さらに実践的なサンプルコードも豊富に取りそろえられているため、独学で学んでいても挫折せずに成果を実感できるでしょう。

JavaScript入門講座1冊でJavaScriptの基本から実践的な知識まで幅広く学ぶことができます。

いちばんやさしいJavaScriptの教本

「いちばんやさしいJavaScriptの教本」は、初心者にも分かりやすい言葉でJavaScriptの基本を解説しています。

教本では、プログラミング経験が全く無い方でも無理なく学べるよう、まずは基本的な概念を丁寧に説明します。
例えば、「変数」「関数」「条件分岐」などの基本用語や概念について触れ、実際にコードを書いてみることで理解が深まるでしょう。

また、少しずつ応用的な内容にも進んでいくので、学習のペースを自分に合わせて調整することができます。
各章の終わりには、練習問題やチェックポイントが配置されており、自分の理解度を確認しながら進めることができるのも大きなポイントです。

教本を読み終わるころには、初心者でもJavaScriptの基本を理解し、独自のプロジェクトを立ち上げられるようになるでしょう。

JavaScriptの独学で挫折しないためのコツ

JavaScriptの独学を成功させるためには、いくつかのコツがあります。

まずは、自分に合った学習方法を見つけることが大切です。
本や教材の選び方だけでなく、オンラインのチュートリアルやビデオ講座も活用してバランスよく学んでいくと良いでしょう。

また、計画的に学習することが挫折しない秘訣です。
毎日決まった時間に短時間でも学ぶ習慣を身につけることで、継続的な学習が可能になります。

さらに自分で小さなプロジェクトを立ち上げて、実践的に知識を試すことも重要です。
実際の問題を解決する過程で、新しい知識が身につくことでしょう。
繰り返し復習を行いながら、理解が深まるよう努力することも大切です。

コツを実践することで、JavaScriptの独学を楽しく進めることができるでしょう。

目的や目標を明確にする

プログラミング学習の途中で挫折しないためにも、目的や目標を明確にすることが重要です。

具体的な目標を設定することで、学習のモチベーションが維持され、継続的に取り組むことができます。
目標設定は、短期的なものと長期的なものの両方を考慮しましょう。

短期的な目標は、1週間後には〇〇の機能を実装できるようになるなど具体的で達成可能なものを設定します。一方で、長期的な目標は、半年後にはプロジェクトを一つ完成させる、といった大きなビジョンを持つことで、学習の方向性が見えやすくなります。

また、目標を達成した際には、自分に適切なご褒美を用意しましょう。
モチベーションを維持して継続的に学習に取り組むことができるでしょう。

目的や目標を明確にすることで、学習の進行がスムーズになり、挫折を防ぐことができます。

何でも質問や相談できる環境をつくる

何でも質問や相談できる環境を作ることは、チームの効率や成長に大きく貢献します。

理由は、以下の通りです。

  • 質問や相談ができることで、仕事の進捗がスムーズになります。問題があればすぐに解決でき、時間を無駄にすることが少なくなります。
  • 質問や相談ができる環境は、互いに学び合うことができ、チームの知識やスキルが向上します。これにより、より高いパフォーマンスが期待できます。
  • 相談ができる環境はチームのコミュニケーションを良好に保ち、信頼関係を築くことにも繋がります。

紹介した理由ような環境を作るためには、メンターやリーダー、メンバーが率先して質問や相談に応じ、明るくオープンな雰囲気を作ることが大切です。

学習を継続させる

学習を継続させることは、自分自身の成長やスキルアップに欠かせません。

以下の方法で学習を継続させましょう。

  • 目標設定
    自分が成し遂げたい目標を設定し、それに向かって学習を進めることで、やる気を維持できます。
  • 習慣化
    学習を日常の一部にすることで、継続が容易になります。例えば、毎日決まった時間に学習を行うと良いでしょう。
  • モチベーション維持
    成果や進捗を振り返り、自分の成長を実感することで、学習の意欲が維持できます。
  • 仲間と一緒に
    他の人と一緒に学習することで、刺激を受け合いながら継続できます。情報交換やアドバイスを求め合うことも有益です。

実際にコードを書く

実際にコードを書くことは、プログラミングスキルを向上させる上で非常に重要です。

以下の理由が挙げられます。

  • 実際に手を動かすことで理論だけでなく、実践的なスキルを養うことができます。
  • 実際の課題を解決することで、問題解決能力やアイデアを磨くことができます。
  • 自分でコードを書くことで、エラーやバグといった問題に対処する方法を学び、プログラミングのセンスが向上します。

プロジェクトに参加したり、個人的なプログラミング課題に取り組んだりすることで、コーディングスキルを磨くことができます。

動画を活用してみる

動画を活用して学習することは、効率的なスキルアップに繋がります
動画は視聴者に対して、視覚的・聴覚的に情報を伝えることができるため、理解しやすいというメリットがあります。

また、実際に操作を見ながら学べるので、新たなアイデアや方法を受け入れやすくなるでしょう。

さらに、自分のペースで学習ができるため、無理なく取り組むことができます。

今後も動画を活用して学び続けることで、着実にスキルアップができるでしょう。

まとめ

JavaScriptを独学で学ぶことは可能ですが、誤った方法で学習すると学習期間が延びたり、挫折したりする可能性があります。

適切な学習法や教材を利用して、無理なく学習を続けることが重要です。

注意点を考慮しながら勉強を続ければ、独学でも確実にJavaScriptを習得できるでしょう。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる