プログラミング

【初心者向け】webデザインの勉強法と独学するときの注意点を解説

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

近年、IT業界に注目が集まり、Webデザインに興味を持ったという人も多いと思います。

しかし、いざ、Webデザインの勉強を始めようとしたけれど、何から始めたらいいのか分からなかったり、勉強方法を詳しく知りたいと悩んではいませんか?

本記事では、Webデザインの勉強法と独学するときの注意点を初心者でも分かりやすく解説します。

これからWebデザインの勉強を始めたい、Webデザイナーとして働きたいと思っている人は参考にしてみてください。

Webデザインを知ろう

Webデザインは、ウェブサイトやアプリの見た目や使いやすさを考慮してデザインすることです。

この分野は非常に幅広く、企業のウェブサイトから個人ブログまで様々なプロジェクトが存在します。

Webデザインの目標は、ユーザーにとって魅力的で使いやすいインターフェイスを提供することです。

そのため、色彩やフォント、レイアウトなどの視覚的要素に加え、サイトの構造やナビゲーションも重要なポイントです。

具体例としては、オンラインショップの場合、商品の見た目や説明文が分かりやすく、購入手続きもスムーズに行えるデザインが求められます。

また、情報提供サイトでは、情報の整理やアクセスしやすさが重視されます。

今後もインターネットの利用が益々増えることから、Webデザインはますます重要になっていくでしょう。

Webデザインについてもっと知りたい人は「Webデザインとは?Webデザイナーの仕事内容や勉強方法を解説」を参考にしてみてください。

Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは、ウェブサイトやアプリのデザインを担当する専門家です。

彼らはクライアントの要望や目的に応じて、美しいデザインと使いやすい機能を提供します。

主な仕事内容は、企画からデザイン、実装までの一連のプロセスを担当します。

また、プログラムやマーケティング、SEOなどの知識も必要とされることがあります。

Webデザイナーになるためには、デザインの基本知識やツールの使い方を学ぶことや、コミュニケーション能力や問題解決力も重要です。

そして、最新の技術やトレンドを追いかける姿勢が求められます。

Webデザイナーの種類とは?

Webデザイナーの種類は、主に3つあります。

  • 制作会社・広告代理店のWebデザイナー: 多くのプロジェクトに携わり、幅広い経験を積むことができます。対応するクライアントや業界が多岐にわたるため、柔軟な発想力やアイデアが求められます。
  • インハウスWebデザイナー: 一つの企業や団体に所属し、その組織のウェブサイトやアプリを専門的にデザインします。企業のブランドイメージを深く理解し、組織の目標に沿ったデザインを提供することが大切です。
  • フリーランスのWebデザイナー: 自由な働き方が可能で、個人の強みや特技を活かすことができます。

しかし、営業力やコミュニケーション能力が求められるため、自己管理能力が重要です。

Webデザインの資格は必要?

Webデザインの資格は必ずしも必要ではありませんが、資格を持っていることは自身のスキルを証明し、就職や仕事の獲得に役立ちます。

Webデザインの資格には、デザインやプログラミングの知識を証明するものがあります。

例えば、ウェブデザイン技能士やウェブクリエイター能力認定試験などが挙げられます。

しかし、Webデザイナーにとって最も重要なのは、実務経験やポートフォリオです。

資格がなくても、豊富な経験や実績があれば十分に評価されます。

逆に、資格があっても実務経験が乏しい場合は、求められるスキルに不足があると判断されることがあります。

資格取得を目指すことは良いですが、実務経験やスキルの向上にも力を注いで、幅広い知識と技術を身につけることが大切です。

Webデザイナーの仕事の流れ

Webデザイナーの仕事の流れは、まずクライアントのニーズを理解し、それを反映させたウェブサイトのデザイン案を作成します。

具体的には、まずヒアリングを行い、サイトの目的やターゲット層を明確にします。

次に、ウェブサイトのレイアウトやカラー、フォントなどのデザイン要素を決定し、ワイヤーフレームを作成します。

これにより、全体の構成が明確になります。

ワイヤーフレームが完成したら、デザインの細部を詰め、実際のデザイン案を作成します。

デザイン案がクライアントに承認されたら、コーディングを行い、ウェブサイトが完成します。

また、Webデザイナーはデザインだけではなく、SEO対策や分析ツールの導入も行います。

これらの作業を通じて、より効果的なウェブサイトが作成されます。

スキル次第でWebディレクターやWebプロデューサーになれる

Webデザイナージョブにおいては、スキルが向上すれば、WebディレクターやWebプロデューサーになることが可能です。

Webディレクターは、ウェブサイト制作のプロジェクトマネージメントを担当し、チームメンバーのデザイナー、デベロッパー、ライターなどを統括しています。

また、クライアントとの交渉やスケジュール管理も行います。

Webプロデューサーは、ウェブサイトの企画・立案から制作・運用までの全ての業務を統括する役割を担います。

プロジェクトの管理だけでなく、ビジネス戦略やマーケティングの知識も必要とされます。

これらのポジションになれるようになるには、Webデザイナーとしての経験を積み、プロジェクト管理やコミュニケーションなどのスキルを磨くことが求められます。

Webディレクターとは?

Webディレクターは、ウェブサイト制作プロジェクトの進行管理やデザイン、コーディング、コンテンツ制作などの各分野を統括する役割を担います。

彼らは予算やスケジュールの管理、クライアントとのコミュニケーション、品質の確保などを行い、プロジェクトの成功に導きます。

Webディレクターには、デザインやプログラミングなどの専門知識だけでなく、リーダーシップやコミュニケーション能力が求められます。

また、チームメンバーの能力を最大限に引き出し、効率良くプロジェクトを進めることが大切です。

Webプロデューサーとは?

Webプロデューサーは、ウェブサイト制作において、企画・立案から制作・運用までを統括する役割を担います。

彼らは、クライアントの要望やマーケットの動向を分析し、効果的なウェブサイトの戦略を立案します。

また、制作チームと連携しながら、プロジェクトの進行や納期の管理も行います。

Webプロデューサーには、デザインやプログラミングの知識に加えて、ビジネス戦略やマーケティングの知識も必要です。

そして、チームメンバーと協力して、プロジェクトを効率良く遂行し、成果を出すことが求められます。

WebディレクターやWebプロデューサーになるのにおすすめの資格は?

WebディレクターやWebプロデューサーになるためにおすすめの資格は、以下の4つになります。

  • Web検定 Webディレクター試験
  • Webアナリスト検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • ネットマーケティング検定

「Web検定 Webディレクター試験」では、Web制作の基本的な知識やスキルを試されます。

理由として、WebディレクターやWebプロデューサーは、制作全体を管理し、チームをまとめる役割を担っているため、基本的な知識が必要になります。

次に「Webアナリスト検定」が挙げられます。

Webアナリスト検定では、データ解析や改善策の立案能力が問われます。

根拠として、WebディレクターやWebプロデューサーは、Webサイトの目標達成のために適切な施策を提案する必要があるからです。

「Webクリエイター能力認定試験」もおすすめです。

Webデザインやコーディングのスキルを身につけることができ、具体例として、WebディレクターやWebプロデューサーがチームのメンバーと円滑にコミュニケーションを取る際に役立ちます。

最後に、「ネットマーケティング検定」です。

ネットマーケティングの知識を身につけることで、Webサイトの集客や売上向上に役立ちます。

以上の資格を取得することで、WebディレクターやWebプロデューサーとしての幅広い知識とスキルを身につけることができます。

Webデザイナーの将来性について

Webデザイナーの将来性は、非常に明るいと言えます。

理由としては、インターネットが今後も益々普及し、企業や個人向けのWebサイトの需要が増え続けるからです。

また、スマートフォンやタブレットなどのデバイスが多様化し、それらに対応したレスポンシブデザインのスキルが求められるため、Webデザイナーのニーズは高まっています。

さらに、UI/UXデザインの重要性が高まっていることから、ユーザーにとって使いやすく魅力的なWebサイトを作成できるWebデザイナーはますます重要視されるでしょう。

加えて、マーケティングやアクセシビリティに関する知識も求められることが多く、これらのスキルを持つWebデザイナーは高い評価を受けることが期待できます。

総じて、Webデザイナーは今後も引き続き求められる職種であり、将来性があると言えます。

Webデザインの始め方とは?

Webデザインを始めるためには、まず基本的なHTMLやCSSの知識を身につけることが重要です。

これらの知識を学ぶことで、Webページの構造やデザインを理解しやすくなります。

具体的には、インターネットでのチュートリアルや書籍を活用することがおすすめです。

次に、デザインの基本原則を学びましょう。

色彩やタイポグラフィ、レイアウトなどの知識は、美しいWebデザインを作成するために欠かせません。

さらに、実際に自分でデザインを手がけることで、スキルを磨くことができます。

また、Webデザインに関連するコミュニティや勉強会に参加し、他のデザイナーやプロフェッショナルから学ぶことも効果的です。

これらの場での交流を通じて、最新の技術やトレンドもキャッチすることができます。

Webデザインを始めるためには、基本的な知識を学ぶとともに、実践を重ねてスキルを磨くことが大切です。

必要なツールやソフトウェアを揃える

Webデザインの制作に必要なツールやソフトウェアを揃える際、「Photoshop」や「Illustrator」は制作に必須となります。

これらのソフトウェアは、画像編集やイラスト制作に適しており、プロフェッショナルなデザインが可能です。

また、UI/UXデザインの制作ツールとして「Adobe XD」もおすすめです。

Adobe XDは、プロトタイプ制作やデザインの共有が簡単にできる機能があり、効率的なワークフローを実現できます。

さらに、HTMLやCSS、JavaScriptのコーディングに適したテキストエディタも必要です。

人気のテキストエディタには、「Sublime Text」や「Visual Studio Code」があります。

これらのツールやソフトウェアを揃え、自分に合った環境を整えることで、Webデザインの制作がスムーズに進められるでしょう。

Webデザインの基礎を知る

Webデザインの基礎を知ることは、効果的なウェブサイトを作成するための第一歩です。

理由としては、ウェブデザインの基本を理解することで、見た目の美しさだけでなく、使いやすさやアクセシビリティも考慮したデザインができます。

具体例として、色彩の選定やフォントの種類、写真やイラストの配置などが挙げられます。

これらの要素を適切に組み合わせることで、訪問者にとって魅力的なウェブサイトが完成します。

Webデザインの基礎を知ることは、全体的な品質を向上させ、ウェブサイトの成功につながります。

レイアウトのパターンを知る

レイアウトのパターンを知ることは、ウェブデザインにおいて重要な要素です。

以下の3つのパターンが一般的です。

  • カラム・レイアウト
  • フリー・レイアウト
  • グリッド・レイアウト

カラム・レイアウトは、ページを縦に分割して情報を整理します。

フリー・レイアウトは、オリジナリティや創造性を重視し、自由な配置が特徴です。

グリッド・レイアウトは、一定の間隔で区切られたグリッドに従って情報を整えます。

これらのレイアウトは、それぞれ異なる特徴や用途があるため、プロジェクトに合った選択が求められます。

Webデザインの基本概念は?

Webデザインの基本概念として以下の4つが挙げられます。

  • 近接(グループ化)
  • 整列
  • 反復
  • コントラスト(強弱)

近接は関連する要素をグループ化し、情報の整理を助けます。

整列は要素を揃えることで、見た目を統一し視認性を高めます。

反復はデザインの要素を繰り返し使用することで、一貫性を保ちます。

コントラストは色や大きさによる強弱をつけることで、視覚的なインパクトを与えます。

これらの概念を理解し適用することで、効果的なウェブデザインができます。

画像素材(写真・イラスト)の知識をつける

画像素材(写真・イラスト)の知識をつけることは、魅力的なウェブデザインには欠かせません。

理由としては、画像素材は訪問者の印象や興味を引く重要な要素だからです。

選ぶ画像素材によって、ブランドイメージやメッセージが伝わります。

また、画像の品質や著作権にも注意が必要です。

無料でも利用できる画像素材サイトや有料のストックフォトサイトから適切な素材を選ぶことで、プロフェッショナルなウェブデザインが可能になります。

文字(フォント)を知る

文字やフォントは、デザインや情報伝達に重要な役割を果たします。

適切なフォント選びが大切で、その理由は以下のとおりです。

まず、読みやすさが向上します。

フォントによっては、文字の形がはっきりしていて読みやすいものもありますし、逆に読みづらいものも存在します。

次に、印象を左右します。フォントは、デザインの雰囲気やブランドイメージに大きく影響します。

例えば、正式な場やビジネスで使うフォントと、カジュアルな場で使うフォントは異なります。

また、情報の優先度を示すことができます。

大きな見出しや重要なポイントには、強調されたフォントを使用することで、情報の重要度を伝えることができます。

最後に、伝えたいメッセージを強調できます。

特定のキーワードやフレーズに、特別なフォントを使うことで、メッセージを強調し、伝わりやすくなります。

Web制作のポイントについて

Web制作において重要なポイントは以下のとおりです。

  • ユーザビリティの向上: サイトの使いやすさや見やすさを追求することで、ユーザーがストレスなく情報にアクセスできます。
  • コンテンツの質の向上: 読者に価値ある情報を提供することで、リピート訪問や口コミでの拡散が期待できます。
  • 検索エンジン最適化(SEO): サイトを検索エンジンが理解しやすい構造にすることで、検索結果上位に表示されやすくなります。
  • レスポンシブデザイン: スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスでサイトが正しく表示されるように設計します。
  • ページ速度の最適化: 読み込み速度が速いサイトは、ユーザー体験が向上し、SEO評価も高くなります。

これらのポイントを心掛けることで、効果的なWebサイト制作が可能です。

スマートフォン第一でデザインする

スマートフォン第一でデザインすることが重要で、その理由は以下の通りです。

モバイルファーストという考え方に従い、スマートフォンでの見た目や操作性を最優先に考えることが大切です。

まず、2021年の情報通信機器の世帯保有率は、「モバイル端末全体」で97.3%(総務省発行 情報通信白書)であり、スマートフォンの利用者数が非常に多いためです。

また、スマートフォンでの閲覧が増えることで、デザインがスマートフォンに適応していないサイトは、ユーザビリティが低下し、利用者が離れる可能性が高まります。

さらに、Google等の検索エンジンは、モバイルファーストインデックスを導入しており、スマートフォン向けのページが検索結果に優先的に表示される傾向があります。

このため、スマートフォン第一でデザインすることが、Web制作において非常に重要であると言えます。

UI/UXデザインの向上を心がける

UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)デザインは、ユーザーがWebサイトやアプリを使いやすく、快適に利用できるようにすることが目的です。

UI/UXデザインの向上に心掛ける理由は以下のとおりです。

まず、ユーザーの満足度が向上し、リピート訪問やクチコミでの拡散が期待できます。

使いやすさや見た目が良いサイトは、ユーザーから好評を得やすく、信頼感が生まれます。

また、コンバージョン率(目的達成率)が向上します。

UI/UXが良いサイトでは、ユーザーが目的を達成しやすくなり、例えば購入や問い合わせなどのアクションが増えることが期待できます。

さらに、競合他社との差別化が図れます。

UI/UXデザインに力を入れることで、他社と差別化が図れ、ユーザーが選ぶ理由を作ることができます。

以上の理由から、UI/UXデザインの向上を心掛けることが、Web制作において重要です。

Webデザイン以外の知識も学んでおく

Webデザイン以外の知識を身に着けることで仕事の幅が広がります。

例えば、プログラミング言語の一つであるJavaScriptを学ぶと、よりインタラクティブなウェブサイトを作成できます。

また、CSSフレームワーク「Bootstrap」を学ぶこともおすすめです。

これにより、レスポンシブデザインなど効率的にコーディングできます。

さらに、コンテストやアワードへ参加し、実績を残すことも大切です。

これにより、自分のスキルを証明し、将来的に仕事に繋がりやすくなります。

Webデザインの勉強方法とは?

Webデザインの勉強方法には、スクールに通って学ぶ方法や、学習サイトで独学する方法があります。

どちらの方法もメリット・デメリットがあるため、自分に合った学び方を選ぶことが重要です。

スクールに通って学ぶ

Webスクールを選ぶコツとして、まずは自分の目標やスケジュールに合ったカリキュラムを提供しているか確認しましょう。

また、実際の業界経験が豊富な講師陣がいるかどうかも重要です。

さらに、受講生のサポート体制が整っているか、卒業後の就職・転職サポートがあるかも確認しましょう。

これらのポイントを抑えたスクールを選ぶことで、効果的にWebデザインを学ぶことができます。

学習サイトでWebデザインを学ぶ

学習サイトを選ぶコツとしては、まず初心者から上級者まで対応したカリキュラムが用意されているかどうか確認しましょう。

また、分かりやすい解説やサンプルコードが豊富に揃っているサイトを選びましょう。

さらに、学習の進捗管理やフィードバック機能があるサイトもおすすめです。

これにより、継続的に学習するモチベーションを保ちやすくなります。

自分に合った学習サイトを見つけることで、効率的にWebデザインの知識を身に付けることができます。

本や書籍で学ぶ

本や書籍を参考にする場合には、自分に合ったモノを選びましょう。

特に初心者の場合は、イラストが入っていたり簡単な動作がすぐできる実践方式の本を選ぶと良いでしょう。

勉強会やセミナーへ参加してみる

勉強会やセミナーに参加すると、新しい知識やスキルを身につけることができます。

また、同じ分野で活動している人々との交流を深めることができるため、刺激を受けて成長できます。

具体的には、専門家から直接学ぶことで、理解が深まりますし、実践的なノウハウを得ることができます。

さらに、参加者同士で情報交換を行うことで、新たな視点やアイデアに出会えることもあります。

参加費が無料のものから、有料のものまで、さまざまな勉強会やセミナーが開催されています。

自分の興味や目的に合ったものを見つけて、積極的に参加してみましょう。

Web制作のコツって?

Web制作のコツとして、最も重要なのは、ユーザーの視点に立ったデザインと使いやすい構造を考えることです。

次に、適切な色使いやフォントを選び、見た目の調和を整えることが大切です。

また、以下の点も意識しておくと良いでしょう。

  • レスポンシブデザインの実装
  • SEO対策の考慮
  • ローディング時間の短縮

さらに、Web制作では技術やデザインのトレンドも大切です。

最新の情報を得て、適切に取り入れていくことで、より魅力的なWebサイトが完成します。

画像アセットを使いこなす

画像アセットはPhotoshop CC(Creative Cloud)以降で実装された機能で、画像の切り出しや保存が非常に楽になりました。

この機能を使いこなすことで、効率的に画像素材を作成・管理できるようになります。

まず、レイヤーにアセット名を付けることで、簡単に画像の切り出しが可能になります。

さらに、複数の画像を一度にエクスポートすることもでき、作業効率が大幅に向上します。

また、異なる解像度やフォーマットでの保存も、一度の操作で行うことができます。

このように、画像アセットを使いこなすことで、Web制作のクオリティと効率を向上させることができます。

パララックスをマスターする

パララックスは、ユーザーを引き付けるインパクトあるデザインができるCSSの手法です。

背景画像と前景画像が異なる速度で動くことで、立体感や奥行き感を演出することができます。

パララックスをマスターすることで、単調なスクロールだけでなく、動きのある魅力的なWebサイトを作成することができます。

パララックスを実装する際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 重くならないよう、画像サイズに注意
  • モバイル端末での動作にも配慮

適切にパララックスを取り入れることで、訪問者に強い印象を与えることができ、ウェブサイトの評価も向上します。

無料ホームページ作成ソフトやツールを活用する

無料ホームページ作成ソフトやツールは、なるべく時間をかけずにWebサイトを制作できる理由として、数多くのデザインテンプレートやレイアウトの選択肢が提供されています。

これにより、自分で0からデザインを考える手間が省かれるだけでなく、選んだテンプレートに沿って簡単にコンテンツを追加することができます。

また、無料ツールはさまざまな機能が搭載されており、SEO対策、SNS連携、アクセス解析なども手軽に行えるため、初心者でも安心してWebサイト制作が可能です。

ただし、無料ツールの中には広告が表示されるものもありますので、自分の目的に見合ったツールを選ぶことが重要です。

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオは、今後のキャリアを見越すなら必要で、自分のスキルや知識の証明になります。

特にWebデザイナーやフリーランスにとって、自分の実績やスキルセットを効果的にアピールできるポートフォリオは必須です。

ポートフォリオには、過去に制作したWebサイトやアプリ、デザインフレームワークなど、幅広いプロジェクトを網羅することが好ましいです。

また、制作物の中にも、自分のデザイン思想や技術力が反映されるようにしましょう。

これにより、クライアントや企業に対して、適切なスキルと知識を持っていることをアピールできます。

Webデザインで心がけたいこと

Webデザインで心がけたいことは、まずユーザーを考えることです。

ユーザーが求める情報が簡単に見つかるよう、分かりやすいデザインやナビゲーションが大切です。

また、デザインが単に美しいだけではなく、実用的で効率的なことも大事です。

さらにスマホ対応やSEO対策も重要で、アクセスが多い機種に対応し、検索エンジンで上位表示されるよう注意しましょう。

常に最新の情報を入手する

WebやITの業界は、移り変わりが激しいので、Web業界の技術やマーケティング動向など幅広い分野にわたって常にアンテナを張り巡らせておくことが肝要です。

最新のデザイン傾向やUI/UXトレンド、SEOの変化などを常に把握しておくことで、時代に合ったWebサイトを制作することが可能になります。

情報収集の方法としては、有名デザイナーのブログやインタビュー、SNSアカウントなどをフォローしましょう。

また、セミナーやワークショップに参加することも、新しい情報や知識を得る良い機会です。

実践的なスキルを習得する

実践的なスキルを習得するためには、基礎だけでなく、実際にWeb制作現場で求められるスキルを習得できるようにすることが重要です。

例えば、コーディングやデザインツールの使い方、チームでの連携方法など、現場で役立つスキルを身につけましょう。

また、現場での経験を積むことが、さらなるスキルアップに繋がります。

まとめ

この記事では、Webデザインを目指す方法として勉強法や独学時の注意点を紹介しました。

どの分野でも独学をする際には、この記事のような注意点や方法があるのでWebデザイン以外を目指している人にも参考になるでしょう。

ぜひ積極的に自分のスキルを活かす場を見つけ、今後のキャリアをさらに充実させてください。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる