プログラミング

プログラミングでできることは?生活や仕事の活用例を紹介!

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

近年、プログラミングへの注目が集まっていますが、実際にプログラミングで何ができるのか、身の回りにプログラミングでできたものはあるのか気になったことは無いですか?

本記事では、プログラミングを活用することで一体何ができるのか、身近な生活や仕事での活用例からプログラミングについて詳しく紹介していきます。

プログラミングについて詳しく知りたいと思っている人はぜひ、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングの資格取得のための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

そもそもプログラミングとは?

プログラミングとは、コンピューターに特定のタスクを実行させるための指示を与えることです。

コンピューターに指示を与える行為はプログラムと呼ばれる一連の命令を作成することによって行われ、使用される言語はプログラミング言語と呼ばれます。
プログラミング言語には様々な種類があり、それぞれ異なる機能や用途がありますが、共通しているのはコンピューターに対して「何を」「どのように」行うかを指示することです。

プログラミングの主な目的は、繰り返し作業の自動化、複雑な計算の実行、データの管理と解析、インタラクティブなWebサイトやアプリケーションの開発など多岐にわたります。
プログラマーはシステムの問題解決者であり、創造的な思考を用いて、日常生活を容易にするための技術的ソリューションを開発します。

プログラミングについて詳しく知りたい人は、「プログラミングとは?意味や学習方法、活用できる仕事を解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングでできること

プログラミングを学ぶことで、私たちの日常生活や業務プロセスを大きく変革する多くのことが可能になります。
例えば、Webサイトの作成、ソフトウェア開発、ゲームの制作、人工知能(AI)や機械学習アルゴリズムの開発などがあります。
さらに、データの収集と分析を行い、得たデータをビジネスの意思決定や科学研究に役立てることもできます。

先述してきた技術は、医療、金融、教育、エンターテインメントなど、あらゆる業界において革新的な変化をもたらしています。
プログラミングによって自動化されたシステムは、効率的なワークフローを創出し、人間の手によるエラーを減少させ、時間とコストの節約に寄与しています。

下記ではプログラミングの代表的な3つの処理について詳しく解説していきます。

  1. 自動処理
  2. 正確処理
  3. 高速処理

自動処理

プログラミングの最も有効な利用例の一つが自動処理です。
自動処理には、単純なデータ入力から複雑な経営決定支援システムまで含まれます。
例として、企業の人事部での給与計算プロセスを自動化することが挙げられます。
プログラムは従業員の勤務時間と規定の給与計算ルールに基づき、自動的に給与を計算し、エラーの可能性を大幅に減らします。

別の例は、オンライン販売の在庫管理システムです。
在庫管理システムは、在庫の自動追跡を可能にし、製品が低下した際には自動で補充を行い、売上機会の損失を防ぎます。
自動処理を導入することにより、企業は顧客満足度を向上させることができるのです。

正確処理

プログラミングは、エラーの可能性を最小限に抑えながら、繰り返し発生するタスクを正確に実行する能力を持っています
正確処理は、特にデータ依存の作業において極めて重要です。
例えば、金融業界では、プログラムがトランザクションを処理し、毎秒数百万の計算を行い、正確無比な結果を保証します。
また、医療分野においては、患者のデータ入力、診断支援、治療計画の作成などがプログラムによって正確に行われます。

具体的な例としては、医療画像診断システムが挙げられます。
医療画像診断システムは、画像データを解析して病気の兆候を識別し、診断の正確性を大幅に向上させます。
上記により、医師はより迅速かつ正確に治療を開始できるようになります。

高速処理

プログラミングによる高速処理の能力は、特にリアルタイムでのデータ処理が求められる状況で力を発揮します。
例えば、証券取引では、プログラムがナノ秒単位で市場のデータを分析し、取引のタイミングを最適化します。
また、スポーツ中継におけるリアルタイムの結果更新や統計の表示も、高速なデータ処理が不可欠です。

具体的な高速処理の例としては、自動運転車のセンサーデータ解析があります。
自動運転の搭載された車両は、周囲の状況をリアルタイムで把握し、数ミリ秒単位で判断を下す必要があり、高速なプログラミング処理によって処理が可能になっています。

プログラミングでできた身近なものって?

プログラミングによって私たちの周囲には数多くの便利な技術が溢れています。
以下に5つの具体例をまとめましたので、見ていきましょう。

  1. スマートフォンアプリ
    日常生活を支援する無数のアプリが、プログラミングによって開発されています。
    例えば、ナビゲーション、フィットネス追跡、金融管理などがプログラミングによって開発されたアプリにあたります。
  2. Webサイト
    あらゆる情報が手の届くところにあり、すべてプログラミングによって作成されたWebサイトによるものです。
    ショッピング、予約システム、教育プラットフォームなどが含まれます。
  3. 家庭用スマートデバイス
    スマートスピーカーや家庭内自動化システム(ライト、セキュリティシステム、温度調節など)もプログラミングの成果です。
  4. エンターテイメントシステム
    ビデオゲーム、ストリーミングサービスなど、楽しい時間を提供する多くのデバイスやサービスがプログラミングによって支えられています。
  5. 自動車の運転支援システム
    現代の車に搭載されている様々な自動運転支援技術(衝突回避、自動駐車、運転者の状態監視など)は、高度なプログラミング技術によるものです。

上記の例からもわかるように、プログラミングは私たちの生活を根底から支え、豊かにしています。

近年では特にプログラミングを活用した人工知能(AI)やWeb系の開発などが増えているので、今後もプログラミングの需要は増加傾向にあると言えるでしょう。

プログラミングでできる仕事とは

プログラミングスキルを習得することによって、様々な業界で多岐にわたる職種に対する道を開くことができます。
以下はプログラミングで直接関連する主な仕事の例です。

職種説明
ソフトウェア開発者アプリケーションやシステムの設計、開発、テストを行います。
フロントエンド開発者Webサイトのユーザーインターフェースを開発します。
バックエンド開発者サーバー、アプリケーション、データベースを管理します。
データサイエンティストデータ分析とモデル作成を通じて洞察を提供します。
システムエンジニアITインフラの設計、実装、保守を行います。

上記の職種は、特定のプログラミング言語や技術スタックの知識だけでなく、問題解決能力やチームでの協働能力も求められるため、多様な背景を持つ個人にキャリアの機会を提供します。
プログラミングを使った職業は、単にコードを書くことだけではなく、創造的なソリューションを設計し、チームメンバーと協力してプロジェクトを推進する仕事でもあります。

プログラミングで習得できるスキル

プログラミングを学ぶことで、技術的なスキルだけでなく、幅広い能力が身につきます。
プログラミングで習得できるスキルには、論理的思考、問題解決能力、プロジェクト管理、効果的なコミュニケーションなどが含まれます。
プログラミングで習得できる様々なスキルは、多様な業界や職種で非常に価値があり、キャリアの進展に役立ちます。

下記では、代表的な6つのスキルについてまとめましたので、参考にしてみてください。

  1. プログラミングスキル
  2. 論理的思考
  3. 問題解決能力
  4. 創造力
  5. デジタルリテラシー
  6. コミュニケーション能力

プログラミングスキル

プログラミングスキルは、コンピューター言語の理解と適用能力を中心に展開します。
プログラミングスキルには、プログラムの構造、アルゴリズムの設計、デバッグプロセス、ソフトウェアテストなどが含まれます。

まず、基本から始め、一つの言語に焦点を当てて深く学ぶことです。
注意点としては、理論だけでなく実践を重視し、実際のプロジェクトに参加することで学んだ知識を実世界の問題解決に応用することが重要です。

また、技術は常に進化しているため、継続的な学習と最新のトレンドに常に注意を払うことが求められます。

論理的思考

論理的思考は、プログラミングにおいて中核となるスキルです。
論理的思考は、情報を明確に分析し、合理的な順序で問題にアプローチする能力を意味します。
プログラミングで論理的に考えるスキルが特に必要とされるのは、コードを効率的に構築し、エラーを診断し、解決策を導き出すためです。

まずは具体的な問題をシンプルなステップに分解する練習から始めることです。
また、さまざまな問題に対して異なるアプローチを試みることで、思考の柔軟性を養うことが重要です。

常に「なぜ」を問い続ける姿勢を持ち、与えられた情報の前提を疑うことで、より深い理解と洞察を得ることが挙げられます。

問題解決能力

問題解決能力は、プログラミングだけでなく、あらゆる職種で求められる汎用性の高いスキルです。
プログラミングにおいては、コードのバグを特定し修正すること、新しい機能を設計すること、または既存のシステムを最適化することなど、日々様々な問題に直面します。

問題を適切に定義することから始めることです。
何が問題なのかを明確に理解し、原因を究明するために必要な情報を収集します。

解決策を急がず、複数の代替案を検討することが挙げられます。
また、失敗を恐れずに試行錯誤することが、最適な解決策を見つける上で極めて重要です。

創造力

創造力は、単に美術や音楽といった分野だけでなく、技術的な問題解決においても必要とされるスキルです。
プログラミングにおいて創造力を発揮することは、革新的なアプリケーションやソフトウェアの開発に直結するでしょう。
創造していくスキルは、既存の技術を用いて新しい方法で問題を解決する能力
のことも指します

多様な知識と経験に触れるようにしましょう。
異なる分野の知識が交差する場所で、しばしば新しいアイデアが生まれます。

創造的なアイデアは常に成功するとは限らないことを理解し、失敗を恐れずに挑戦し続けることが重要です。
創造性を育てるには、定期的に自分の快適ゾーンを押し広げ、新しい挑戦に取り組むことが効果的です。

デジタルリテラシー

デジタルリテラシーは、現代社会で成功するために必要な基本的な能力です。
デジタルリテラシーには、情報技術の使用、理解、評価が含まれ、効果的な情報の検索、管理、分析を可能にします。
プログラミング学習においてデジタルリテラシーは特に重要で、新しい技術の迅速な習得や効率的なツールの使用が求められます。

多様なデジタルツールとプラットフォームに対する習熟を目指しましょう。
また、情報の正確性と信頼性を判断する能力を養うことが重要です。

テクノロジーに頼りすぎることなく、必要な情報を効率的に抽出し、活用するバランスを見つけることが挙げられます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、プログラミングにおいても非常に重要です。
プロジェクトはしばしばチームで進行されるため、明確で効果的なコミュニケーションはプロジェクトの成功に直結します。
コミュニケーション能力には、意見の共有、アイデアの提示、フィードバックの受け取りと提供が含まれます。

コミュニケーション能力を習得する際のポイントは、相手の話をよく聞くことを心掛けるリスニングスキルを磨くことです。
相手の話を注意深く聞くことで、より良い理解と協力が可能になります。

技術的な専門用語を使いすぎることなく、相手が理解しやすい言葉を選ぶことが重要です。

プログラミングを学ぶメリットとは

プログラミングを学ぶことは多くのメリットをもたらします。
以下に主な3点のメリットを挙げますので、参考にしてみてください。

  • キャリアの多様性と機会の拡大
    プログラミングスキルは、IT業界だけでなく、医療、金融、メディアなど多様な分野で価値があります。
    様々な分野で需要があることにより、キャリアの選択肢が広がり、より多くの職業機会にアクセスできるようになります。
  • 問題解決能力の向上
    プログラミングは複雑な問題を解決する過程を通じて、批判的思考や論理的思考を強化します。
    問題解決能力は職業だけでなく、日常生活においても大きな利点となります。
  • 創造性の促進
    プログラミングは技術的なスキルだけでなく、創造的なアイデアを形にするツールとしても機能します。
    自分のアイデアを具体的な製品やサービスに変えることができるため、個人の創造性を表現する手段となります。

上記のメリットは、プログラミングが単なる技術的なスキル以上の価値を持つことを示しています。
プログラミングは、個人の能力を向上させ、未来のキャリアにおいて競争力を持たせるための重要なステップです。

プログラミングを学ぶ方法とは

プログラミングは、学習方法が多岐にわたるため、学習者の生活スタイルや学習目標に応じて最適な方法を選ぶことが可能です。
主に、独学とプログラミングスクールの利用の2つの方法があります。

本項では、プログラミングにおける2つの学習方法について解説していきます。

独学で習得する

プログラミングの独学は、特に時間的、費用的な制約がある場合に適しています。
以下の学習リソースを利用することが一般的です。


  1. 初心者向けの書籍から始め、基本的な概念や言語の文法を学びます。本は自分のペースでじっくりと理解を深めるのに役立ちます。
  2. 学習サイト
    CodecademyやDig Skillなど、対話式の演習を提供するオンラインプラットフォームが有効です。
    学習サイトは、実際にコードを書きながら学べるため、実用的なスキルが身につきます。
  3. アプリ
    スマートフォン用の学習アプリも豊富で、通勤中などの空いた時間を利用して学習を進めることができます。
  4. 無料動画
    YouTubeなどのプラットフォームには、多くのプログラミングチュートリアルがあります。
    ビジュアルと音声による説明は、複雑な概念の理解を助けます。

上記の学習リソースを組み合わせることで、効果的に学習を進めることができます。

プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは、構造化されたカリキュラムと専門の指導を提供します。

スクール選びの際は、カリキュラムの内容、講師の質、過去の受講生のレビュー、就職支援の有無を確認することが重要です。
注意点として、コースの費用と実際の学習効果を比較検討し、自分のキャリア目標に合ったプログラムを選ぶことが挙げられます。

プログラミングスクールは、短期でプログラミングを習得したい人や一人ではなかなか学習ができない人におすすめの学習方法です。
費用や自身の都合も考慮して、自分に合ったプログラミングスクールを見つけられるよう複数のスクールから情報を集めて精査して決めるようにしましょう。

まずは、独学でプログラミングを学んでみよう

独学でプログラミングを学ぶ最大の利点は、自分自身のペースで学習を進めることができる点です。
また、初期投資が少なく、自分に合った学習スタイルを探ることができます。

独学は、自己管理能力や自主性を養う良い機会でもあります。
自分で学習の計画を立て、問題解決能力を鍛えながら、自由な学習環境で興味のある分野を深く掘り下げることができます。

プログラミングの独学は、自信を持って学び、将来的により構造化された学習環境に移行するための基盤を作るのに役立ちます。

まとめ

プログラミングの世界は無限の可能性を秘めています。

本記事を通じて、プログラミングがいかに多様な問題を解決し、生活を豊かにするかがお分かりいただけたことでしょう。
自分がプログラミング言語を学ぶか迷っているなら、まずは自分の関心を引くプロジェクトから始めてみてはいかがでしょうか。

プログラミングは単なるスキル以上のもので、新たな創造の扉を開く鍵です。
今日からでも遅くはありません、一歩を踏み出し、プログラミングの学習を始めましょう。

プログラミングで何ができるのか知りたい人向けFAQ

プログラミングは、今日のデジタル化された社会において重要なスキルです。
本項では、プログラミングを学ぶことの具体的な利点と可能性について詳しく解説します。

プログラミングができると何ができるのか?

プログラミングを学ぶことで、コンピュータソフトウェアやアプリケーションを自ら作成することが可能になります。
プログラミングスキルは、Webサイトの開発、モバイルアプリの作成、ソフトウェアのカスタマイズや改善、データ分析や機械学習アルゴリズムの実装に直接応用できます。
また、自動化ソフトウェアを使用して日常の作業を効率化することも可能です。

上記の点はすべて、個人の創造性や問題解決能力を高め、職業的な機会を広げるための道具となります。

プログラミングを学習すると何が身につく?

プログラミングを学ぶことで、以下のような多くの具体的なスキルが身につきます。

  • 技術的スキル
    特定のプログラミング言語の習得、ソフトウェア開発ツールの使用方法、データベース管理など。
  • 論理的思考と問題解決能力
    複雑な問題を解析し、効果的な解決策を見つけるための思考プロセス。
  • 創造性
    新しいアイデアを形にし、ユニークなプロジェクトを生み出す能力。
  • 持続的学習
    技術の進化に伴い、新しいスキルを継続的に学ぶ習慣。

上記のスキルは、プロフェッショナルなキャリアはもちろんのこと、個人的なプロジェクトや趣味にも大きく貢献します。

プログラミングで身につく能力は?

プログラミングを学ぶことで得られる能力は多岐にわたります。
主に以下のような能力が挙げられます。

  • デジタルリテラシー
    テクノロジーを効果的に利用し、評価する能力。
  • コミュニケーション能力
    プロジェクトの要件や進捗を明確に伝え、チームやクライアントと効果的に協力する能力。
  • 批判的思考
    情報を精査し、論理的に考察する能力。
  • プロジェクト管理
    複数のタスクを計画、実行し、期限内に目標を達成する能力。

上記の能力は、プログラミングだけでなく、日常生活や他の職業においても非常に重要です。
プログラミングの学習は、単にコードを書く技術以上のものを提供し、一人一人のキャリアや個人生活において価値ある財産となります。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる