プログラミング

プログラミングで必要なものとは?独学から学習の進め方を解説

プログラミングを始めたいけれど、「何が必要なのか分からない」、「何から始めればいいの?」と戸惑っていませんか?

本記事では、プログラミングの独学を始めるために必要な基本的なツールや学習方法を初心者向けにわかりやすく解説します。

今からプログラミングを始めようと思っている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングを始めるための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

プログラミング習得までに考えること

プログラミングを学ぶことは、新しい言語を学ぶようなものですが、ただコードを覚えるだけではなく、背後にある「なぜ」も理解する必要があります。

目標を設定し、設定した目標に向けて最適な学習パスを構築することが成功への鍵です。

本項では、プログラミング学習を始める前に考えるべき重要なステップを詳細に説明します。
自分自身に質問を投げかけ、どのプログラミング言語が最適かを判断し、適切な学習リソースを選ぶことが、効率的な学習と継続的なモチベーション維持につながります。

  • プログラミングを習得したい理由や目的を明確にする
  • 学習したいプログラミング言語を決める
  • 本や学習サービスを利用して勉強する

プログラミング学習の始め方について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

プログラミングを習得したい理由や目的を明確にする

プログラミング学習の最初のステップは、学習の目的を明確にすることです。

プロの開発者を目指すのか趣味としてプログラミングを楽しみたいのか、または、仕事でエンジニアとして必要とされる技術を習得したいのか、など目的が明確であればあるほど、学習プロセスで直面する困難に立ち向かうための動機付けが強まります

自分の興味やキャリアの目標に合わせた学習計画を立て、達成するために必要なスキルを理解しましょう。

学習したいプログラミング言語を決める

習得するプログラミング言語を学ぶかは、あなたの目標に大きく関係します。
例えば、ウェブ開発にはJavaScriptやPythonが推奨され、データサイエンスにはPythonやRが適しています。
プログラミング言語を選ぶ際は、選ぼうとしているプログラミング言語が業界でいかように使用されているか、または将来性を考慮することが重要です。
初心者には学習しやすく、広範囲に活用できる言語を選ぶことをお勧めします。

以下に代表的なプログラミング言語についてまとめてみましたので、選ぶときの参考にしてみてください。

プログラミング言語開発分野
Pythonウェブ開発、データサイエンス、機械学習、AI、教育
JavaScriptウェブ開発、フロントエンド、バックエンド、ゲーム開発
Javaエンタープライズアプリケーション、Androidアプリ開発
C#ゲーム開発(Unity)、デスクトップアプリ、ウェブアプリ
Rubyウェブ開発(Ruby on Rails)
PHPウェブ開発、フロントエンド、バックエンド
SwiftiOSアプリ開発、macOSアプリ
KotlinAndroidアプリ開発、ウェブ開発
Goシステムプログラミング、クラウドサービス
R統計解析、データ分析

おすすめのプログラミング言語について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

本や学習サービスを利用して勉強する

プログラミングを学ぶためのリソースは豊富にあります。

書籍からオンラインコース、インタラクティブなチュートリアルまで、自分の学習スタイルやペースに合った方法を選びましょう。
初心者には、基本的なコンセプトを丁寧に説明している教材を選ぶことが大切です。
また、実際にコードを書きながら学べるプラットフォームを利用することで、理解を深め、実践的なスキルを習得できます。

学習方法について詳しく知りたい人は、「初心者がプログラミングを独学で始める方法は?おすすめの学習サイトや本を紹介」の記事も参考にしてみてください。

プログラミングの独学を始めるために必要なものとは

プログラミングを独学で学ぶためには、いくつかの基本的なツールが必要です。
本項では、プログラミングにおいて必要なツールを詳細に解説していきますので、学習をスムーズにできればと思います。

主に以下の5つの要素が必須です。

  1. パソコンを用意する
  2. インターネット環境を整える
  3. テキストエディタを準備する
  4. 統合開発環境(IDE)を活用する
  5. 学習教材を選ぶ

上記のツールがあれば、プログラミングの基礎から応用まで、効率的に学ぶことができるでしょう。

パソコンを用意する

プログラミングを学ぶためには、まずは自分のパソコンを用意することが重要です。

プログラミングには特別な高性能パソコンは必須ではありませんが、快適に作業を進めるためには、一定のスペックが推奨されます。
最低限、ウェブブラウジングがスムーズに行え、基本的な開発ツールが動作する程度の性能は必要です。

また、特定の開発分野によっては、より高いスペックが求められることもありますので、将来的にどのようなプログラミングを行いたいかも考慮に入れて選ぶと良いでしょう。

  • CPU(プロセッサ)
    • 入門レベル
      Intel i3または同等のAMDプロセッサ。
      基本的なコーディングや小規模なプロジェクトに適しています。
    • 推奨
      Intel i5またはIntel i5以上、あるいは同等のAMD Ryzen。
      複数のプログラムを同時にスムーズに実行するのに役立ち、中規模のプロジェクトに適しています。
  • メモリ(RAM)
    • 最低限
      4GBのRAM。
      非常に基本的なプログラミング作業に対応しますが、多くのアプリケーションを同時に開いて作業する場合は不十分かもしれません。
    • 推奨
      8GB以上のRAM。
      8GB以上にすることにより、IDEやブラウザ、他の開発ツールを同時に使用してもスムーズに動作します。
  • ストレージ
    • 最低限
      128GBのHDD(ハードディスクドライブ)。
      プログラミング関連のファイルやプロジェクトを保存するのに十分なスペースがありますが、読み書き速度はSSD(ソリッドステートドライブ)に比べて遅いです。
    • 推奨
      256GB以上のSSD。
      SSDはHDDよりも速く、プログラムのロード時間やシステムの起動が速くなります。
  • グラフィックカード
    • 一般的なプログラミング作業
      統合グラフィックス(CPUに内蔵されたグラフィックス機能)で十分です。
    • ゲーム開発やデータサイエンス
      専用のグラフィックカード(例えばNVIDIA GTXシリーズやAMD Radeonシリーズ)が必要です。
      高度なグラフィック処理や機械学習計算に適しています。
  • オペレーティングシステム
    • Windows 10/11、macOS。
      プログラミング言語や開発環境によっては、特定のOSが推奨されることがあります。

インターネット環境を揃える

効率的な学習のためには安定したインターネット環境が不可欠です。

オンラインでの学習リソースへのアクセス、開発中の情報検索、またはコードのアップロードとダウンロードを行うためには、途切れないインターネット接続が必要です。
家庭でのWi-Fi環境の整備はもちろん、外出先でのモバイルデータや公共のWi-Fiスポットの利用も視野に入れるとより柔軟に学習を進めることができます。

ただし、セキュリティも重要なので、公共Wi-Fiを使用する際はVPNを利用するなどの対策をお勧めします。

テキストエディタを準備しよう

プログラミングの習得において、テキストエディタは必須のツールです。

テキストエディタはプログラムのコードを書き、編集するためのシンプルなソフトウェアで、使いやすさからプログラミング初心者にも理解しやすいです。
基本的なエディタから始めて、徐々に機能性を高めたエディタへとステップアップすることが可能です。

市場には多種多様なテキストエディタがあり、例えば「Visual Studio Code」や「Atom」、「Notepad++」などが人気です。
上記のツールは軽量でありながら強力なカスタマイズ機能を備えており、効率的なコーディングが可能になります。
適切なテキストエディタを選ぶことで、プログラミングの学習過程がずっとスムーズに進みます。

おすすめのテキストエディタについて詳しく知りたい人は、「おすすめ有料・無料プログラミングソフト 【初心者からできる!】」の記事も参考にしてみてください。

統合開発環境(IDE)を活用する

統合開発環境(IDE)は、プログラミングを効率的に行うための強力なツールです。

統合開発環境(IDE)はコードの編集、デバッグ、ビルドのプロセスを一元管理できるプラットフォームで、多くの開発者にとって不可欠な存在です。
例えば、Javaの「Eclipse」やC#の「Visual Studio」などがあります。
シンタックスハイライト、コードの自動補完、エラー検出などの機能を提供し、複雑なプロジェクトを扱う際に時間の節約と精度の向上を助けます。

初心者からプロフェッショナルまで、IDEの選択は学習曲線とプロジェクトのニーズに基づいて選択するようにしましょう。

学習教材を選ぶ

適切な学習教材を選ぶことは、プログラミングスキルの習得において非常に重要です。

教材を選ぶ際のポイントは、現在のスキルレベルと学習目標に合った内容であることです。
初心者向けの教材では、基本的な概念から始めて徐々に難易度を上げていくような構成が理想的です。
また、ビデオチュートリアル、インタラクティブなコース、テキストベースのガイドなど、多様なフォーマットが存在するため、自分の学習スタイルに最適な方法を選びましょう。

重要なのは、実際に手を動かして学べる教材を選ぶことで、理論だけでなく実践的な能力も身につけることができます

主な学習教材は下記の通りです。
ぜひ、参考にして、自分にあった学習スタイルを見つけていきましょう。

  • 書籍を活用する
  • 学習サイトで勉強する
  • アプリを利用してみる
  • YouTubeなどの動画視聴で学習する

プログラミングの初心者が勉強すべきスキルと知識とは

プログラミング初心者に必要なスキルと知識は多岐にわたりますが、特に重要なものをピックアップして解説します。
下記のスキルを身につけることで、より効率的かつ効果的にプログラミングを学ぶことができます。

  1. Linuxコマンドをマスターする
  2. バージョン管理を理解する
  3. データベースの基礎を学ぶ
  4. Webアプリケーションフレームワークを知る
  5. サーバーの基礎を学ぶ

現代の多くのプログラミング環境と直接関連しており、効果的な学習とキャリア構築に不可欠です。

Linuxコマンドをマスターする

Linuxコマンドは、Linux OSで動作するシステムやサーバーを効率的に管理するために使われるコマンドラインツールです。
コマンドを学ぶことで、ファイル操作、システムモニタリング、プロセス管理など、基本的なシステム管理タスクを行うことができます。

まず、基本的なコマンドから始め、徐々にパイプラインやリダイレクションなどの高度なテクニックを学んでいくことです。
実際のプロジェクトやシミュレーションを通じて実践的な経験を積むことが重要です。

下記に代表的なコマンドについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

コマンド説明
ls現在のディレクトリにあるファイルとディレクトリを一覧表示します。
cdディレクトリを変更します。
cd ..」で一つ上のディレクトリに移動します。
mkdir新しいディレクトリを作成します。
rmdir空のディレクトリを削除します。
rmファイルまたはディレクトリを削除します。
ディレクトリを削除するには「rm -r」を使用します。
cpファイルまたはディレクトリをコピーします。
ディレクトリをコピーするには「cp -r」を使用します。
mvファイルまたはディレクトリを移動または名前を変更します。
catファイルの内容を表示します。
manコマンドのマニュアルページを表示します。例えば、「man lslsコマンドの詳細を表示します。
pwd現在のディレクトリのフルパスを表示します。

データベースの知識を習得する

データベースは、データの整理、管理、検索を効率的に行うためのシステムです。

データベース管理システム(DBMS)は、データの追加更新削除といった操作を支援し、情報を安全に保存し管理する機能を提供します。
データベースの知識を習得する際には、まずは基本的なSQL(Structured Query Language)から始めることが重要です。
SQLを使用してデータベースと対話する方法を学んだ後、異なる種類のデータベース(リレーショナルデータベース、NoSQLデータベースなど)の特性と用途を理解することが役立ちます。

また、データの正規化やインデックスの作成など、効率的なデータ管理を行うための技術も学ぶことが推奨されます。

バージョン管理を理解する

バージョン管理は、ソフトウェア開発においてソースコードの変更を効果的に追跡・管理するシステムのことです。

代表的なバージョン管理システムにはGitがあります。
バージョン管理を用いることで、複数の開発者が同じプロジェクトにおいて作業を行っても、それぞれの変更を安全に統合できます。

基本的なコマンドを理解し、ブランチ戦略について学ぶことです。
また、定期的に自分のプロジェクトに適用してみることで、理解を深めることができます。

下記に代表的なGitのコマンドについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

コマンド説明
git init新しいGitリポジトリを初期化します。
git cloneリモートリポジトリをローカルにコピーします。
git add変更をステージングエリア(コミット前の保留エリア)に追加します。ファイルやディレクトリのパスを指定します。
git commitステージングされた変更をリポジトリにコミットします。通常、メッセージを付けて記録します(例:git commit -m "メッセージ")。
git statusリポジトリの現在の状態を表示します。未コミットの変更やブランチ情報などが見えます。
git pushローカルの変更をリモートリポジトリに送信します。
git pullリモートリポジトリの内容をローカルリポジトリに取り込みます。
git branchブランチの一覧を表示したり、新しいブランチを作成したりします。
git checkout別のブランチに切り替えたり、特定のファイルを過去の状態に戻したりします。
git merge二つのブランチの変更を統合します。
git logコミットの履歴を表示します。
git diffコミットやステージングエリアとワークディレクトリの差分を表示します。

Webアプリケーションフレームワークを知る

Webアプリケーションフレームワークは、Webサービスやアプリケーションの開発を迅速かつ効率的に行うためのライブラリやツールの集合です。

フレームワークは、セキュリティ、データベース操作、セッション管理などの共通タスクを簡素化し、開発プロセスを加速します。
以下の表は、代表的なWebアプリケーションフレームワークと特徴を示しています。

フレームワーク使用言語特徴
DjangoPython高いセキュリティ、包括的な機能が特徴で、大規模アプリケーションに適しています。
Ruby on RailsRubyコードが少なくて済む「Convention over Configuration」の原則に基づいています。
LaravelPHP豊富な機能と簡潔なコードが特徴で、PHP開発者に人気です。
ExpressJavaScript (Node.js)軽量で柔軟性が高く、REST APIの構築に適しています。
FlaskPythonシンプルで拡張性が高く、小規模プロジェクトやマイクロサービスに適しています。

上記のフレームワークを学ぶ際には、前提として使用される使用言語をマスターした後に公式のドキュメントとチュートリアルで知識を習得し、基本的なアプリケーションを構築してみることが役立ちます。

サーバーについて知識を深める

サーバーは、ネットワークを通じてデータやサービスを提供するコンピュータシステムです。

Webサーバーはウェブページをユーザーのブラウザに配信する役割を担っています。
サーバーの知識を深めるには、ハードウェア(物理サーバー)とソフトウェア(サーバーOS)の両方の理解が必要です。
LinuxやWindows ServerなどのサーバーOSに慣れ親しむこと、ネットワークの基本的な概念を学ぶことが重要です。

また、実際にサーバーをセットアップしてみる実践的な経験を通じて、動作原理や管理方法を学ぶことが推奨されます。

プログラミングの学習を効率的に進める方法とは

プログラミングの学習を効率的に進めるには、計画的なアプローチが必要です。特に重要なのは、自己学習の環境を整え、学んだ知識を実際に使ってみることです。

  1. 疑問や不明点を解決できる環境づくり
  2. 習得した知識をアウトプットする
  3. プログラミング関連のコミュニティに参加する
  4. 様々な学習リソースを組み合わせる

上記の効率的な学習方法を取り入れることで、プログラミングスキルの向上を目指しましょう。

疑問や不明点を解決できる環境づくり

プログラミング学習中に生じる疑問や不明点を迅速に解決することは、学習効率を大幅に向上させる鍵です。

疑問や不明点を解決できる環境づくりするためには、信頼できる情報源や経験豊富なメンターとのアクセスを確保することが重要です。
オンラインフォーラム、プログラミングコミュニティ、専門の学習プラットフォームを利用して、疑問点をクリアにしましょう。

また、定期的にミートアップやワークショップに参加することも、知識のギャップを埋め、新たな視点を得るのに役立ちます。

習得した知識をアウトプットする

学んだことを実際に使ってみることは、知識を定着させるのに非常に効果的です。

ブログに記事を書く、小さなプロジェクトを自分で開始する、またはコードのスニペットをGitHubに公開するなど、様々な方法で知識をアウトプットしましょう。
実際に手を動かすことで、理論だけでは見逃してしまう問題に直面し、問題を解決するプロセスを通じてさらに学びが深まります。

また、他人に説明することも学びを深める手助けとなるため、積極的に知識の共有を行いましょう。

アウトプットの方法について詳しく知りたい人は、「プログラミング独学のアウトプット方法は?挫折しない学習方法を解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミング関連のコミュニティに参加する

プログラミングを学ぶ上で、関連するコミュニティに参加することは非常に有益です。

コミュニティは同じ興味や目標を持つ人々が集まる場所であり、初心者から上級者まで様々なレベルのプログラマーと交流することができます。
様々なレベル感のプログラマーとの交流は、新しいアイデアや異なる解決策を学び、自身のコーディングスキルを向上させる機会を提供します。
また、コミュニティはプログラミングの疑問を解決するのに役立つだけでなく、キャリアの機会やプロジェクトへの参加をつなぐ架け橋ともなります。

プログラミングコミュニティには、オンラインフォーラム、ローカルミートアップ、カンファレンス、ハッカソンなど、多くの形態が存在します。
様々なコミュニティに参加することで、学習を加速し、プログラミングの学習を一人で歩むのではない、という心強いサポートを得られるでしょう。

様々な学習リソースを組み合わせる

プログラミングを学ぶ際には、一つのリソースに依存するのではなく、様々な種類の学習リソースを組み合わせることが重要です。

書籍、オンラインコース、ビデオチュートリアル、インタラクティブな学習ツールなど、各リソースは独自の利点を持っています。
例えば、書籍は基本的な概念の深い理解を提供することができ、ビデオチュートリアルは実際の操作の流れを視覚的に学ぶのに適しています。
さらに、インタラクティブなプラットフォームを利用すると、即座にフィードバックを得ながら実践的な技術を身に付けることができます。
上記のリソースを適切に組み合わせることで、理解を深め、学習の効率を最大化することが可能になります。

また、異なる視点から同じトピックを学ぶことで、より包括的な知識として定着させることができます。

プログラミングの学習で挫折しそうになったら

プログラミングの学習は、初心者にとっては難しいことが多く、挫折感を感じることもあるでしょう。
挫折感を感じるような時、具体的な対処法を知っておくことが重要です。

まず、小さな成功体験を積み重ねることを心がけてください
簡単なプロジェクトから始め、徐々に難易度を上げていくことで、自信を持って学習を進めることができます。

また、一人で抱え込まずに、友人やオンラインのコミュニティに助けを求めることも大切です。
さらに、学習のペースを見直し、無理のないスケジュールを組むことが挫折を防ぐ鍵となります

また、プログラミングスクールの利用を検討するのも一つの方法です。
プログラミングスクールでは、専門的な指導を受けることができ、学習の効率を格段に上げることが可能です。
個々の学習スタイルやニーズに合わせたカリキュラムを選ぶことで、目標に向かって確実にスキルアップすることができます。

プログラミングスクールについて詳しく知りたい人は、「おすすめのプログラミングスクール26社を比較!選び方や闇についても徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

まとめ

プログラミング学習は、一歩ずつ着実に進めることが成功の鍵です。

本記事を通じて、プログラミングの独学に必要な基本的なツール、スキル、そして、効率的な学習方法を理解していただけたと思います。
疑問が生じたらコミュニティに助けを求め、小さな成功を積み重ねることで自信を持ち続けてください。

プログラミングは、無限の可能性を開く分野です。
最初こそは難しいかもしれませんが、プログラミングで得られるものは多いので諦めず、プログラミングスキルの習得を目指していきましょう。

プログラミングの独学で必要なものを知りたい人向けのFAQ

プログラマーになるためには何が必要ですか?

プログラマーになるためには、技術的スキルだけでなく、論理的思考や問題解決能力も必要です。

まず、一つ以上のプログラミング言語に習熟することが基本です。
一般的には、JavaScript、Python、Javaなどが初学者に推奨される言語です。
次に、アルゴリズムやデータ構造の基礎知識を身につけることが重要です。
基礎知識は、効率的なコードを書くための基盤となります。

また、ソフトウェア開発のプロセスやツール、特にバージョン管理システム(例:Git)の使用法を学ぶことも、プロフェッショナルな開発環境で働くためには不可欠です。
さらに、チームでの協力やコミュニケーション能力も、職場で求められる重要なスキルの一つです。

技術的、人間的スキルをバランス良く身につけることが、成功するプログラマーになるための鍵となります。

プログラミングは独学でできますか?

プログラミングは独学で十分に学ぶことが可能です。

インターネットが普及した現在、無料または低コストでアクセスできる豊富なオンラインリソースが存在しています。
インタラクティブなプログラミングコース、チュートリアルビデオ、オープンソースプロジェクト、フォーラム、ブログなどが含まれます。
先述してきたリソースを利用することで、基本的なプログラミングの概念から始めて、次第に複雑なトピックに進むことができます。
また、問題解決能力を高めるために実際にコードを書き、プロジェクトを完成させる実践的な経験も重要です。

独学では自己管理能力が試されるため、学習計画を立て、定期的に進捗を評価し、モチベーションを維持することが成功の鍵となります。

プログラミングの独学は何年かかる?

プログラミングの独学にかかる時間は、個々の学習ペース、目標、使用する言語、プロジェクトの複雑さなどによって大きく異なります。

一部の人々は数ヶ月で基本的なスキルを身につけることができますが、より高度な知識や専門的な技術を習得するには数年を要することもあります。
一般的に、プログラミングは継続的な学習が必要であり、新しい技術やフレームワークが常に登場していますので、学習は一生涯にわたるプロセスと言えるでしょう。
効率的な学習方法として、具体的な目標を設定し、小さなプロジェクトから始めて徐々に大きなプロジェクトに取り組むことが推奨されます。

また、他のプログラマーとの交流や、コミュニティへの参加も学習を加速させる助けとなります。

プログラミングの独学にかかる学習時間について詳しく知りたい人は、「初心者がプログラミング習得までの勉強時間は?独学や学習継続のコツを解説」の記事も参考にしてみてください。


【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる