プログラミング

初心者がプログラミングを独学で始める方法は?おすすめの学習サイトや本を紹介

プログラミングを始めたいけどやり方がわからない…
独学でもプログラミングができるというけど自分にできるのだろうか
初心者でも独学できるもの?

近年では、AI技術などの飛躍的な成長により、プログラミングスキルを必要とする仕事も増えてきています。

しかし、初心者がいきなりプログラミングの仕事で活躍することはできません。

いざ、プログラミングを始めてみたけれど難易度が高く、出鼻を挫かれてしまうなんてことも…

本記事では、初心者でも独学でプログラミングを学ぶことができる勉強法やおすすめのプログラミング言語などを解説していきます。

初心者からプログラミングの仕事を目指している人はぜひ参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングを始める第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

目次
  1. 独学でプログラミングを始める前に知っておくべきことは?
  2. 独学でプログラミングを学ぶときのロードマップ
  3. プログラミングを独学で始めるときの勉強方法は?
  4. 独学で効率よく勉強するコツとは?
  5. プログラミング学習で初心者が挫折するケースと対処法は?
  6. プログラミングの独学におすすめなサービスとは?
  7. 独学でプログラミングを学ぶメリット・デメリット
  8. プログラミングの独学で稼ぐためのポイントとコツは?
  9. 独学が厳しければプログラミングスクールに行こう
  10. まとめ

独学でプログラミングを始める前に知っておくべきことは?

独学でプログラミングを始める際、まず自分の目標や興味を明確にすることが重要です。

プログラミング言語は多数存在し、それぞれ用途や特徴が異なります。

自分がどのような分野で活用したいのかを考え、適切なプログラミング言語を選択しましょう。

また、プログラミング学習には時間と努力が必要です。

自分がどの程度の時間を割くことができるか、そして学習方法やリソースを事前に調査しましょう。コードを書く練習を繰り返すことで、理解が深まります。

最後に、継続的な学習と挑戦が大切です。困難にぶつかっても、諦めずに解決策を模索しましょう。

そもそもプログラミングって?

プログラミングとは、コンピューターに対して命令の指示を書くことです。

コンピューターはプログラムを実行することで、様々な作業や処理を行います。

プログラミング言語という特殊な言語を利用し、アルゴリズムやデータ構造を組み合わせてプログラムを作成します。

プログラマーは、プログラムを通じてコンピューターに求める動作や処理を明確に指示していきます。

プログラムは単純な作業の高速処理や自動処理が得意

プログラムは単純な作業や処理を高速かつ自動的に行うことが得意です。

例えば、LINE・Twitter・FacebookなどのSNSアプリがあります。

以上で述べたアプリは、プログラムによってユーザーが情報を瞬時に共有できるようになっています。

また、Webサイトの作成やゲーム制作、AI(人工知能)開発などにもプログラムが使われており、多岐にわたって活用されています。

独学で勉強するときの学習時間の目安は?

独学でプログラミングを学ぶ際の学習時間の目安は、個人のスケジュールや学習スピードによって異なります。

しかし、毎日1時間程度の学習時間を確保し、継続的に学ぶことが大切です。

初心者には、最低でも3~6ヵ月程度の学習期間を見込むことが望ましいです。

継続的な学習を通じて、プログラミングスキルを確実に向上させましょう。

習得するまでにかかる時間

プログラミングの習得には、初心者でもまず300時間の学習時間が必要です。
プログラミングの習得期間では基本的な知識や技術が身につけるため時間がかかります。
予めプログラミングの知識があるのであれば時間は短縮できるのかもしれませんが、1日2時間で学習するとしても150日、約半年の時間が必要となる計算に至ります。

ただし、現場で実際に使える実務レベルになると、約1000時間が必要とされています。
具体的には、プログラミング言語の基礎やフレームワークの操作を習得し、実際のプロジェクトで応用できる能力を身につけるためです。

さらに、即戦力として求められる場合、3年以上の業務経験が必要とされています。
3年以上の業務経験が必要とされる理由は、プロジェクトの進行やチームでの協力を円滑に行える実践力や柔軟性が要求されるためです。

プログラミングの習得には時間がかかることが分かりますね。
しかし、時間がかかっても自身のプログラミングスキルによって高収入も狙うことができるので、決して時間の無駄ということはありません。

1日あたりどのくらいの学習時間が必要?習得までの期間は?

1日の学習時間とスキル習得までの期間には学習方法による違いがあります。

  • 独学
    1日3時間30分、習得までに約18.3ヶ月
  • プログラミングスクール
    1日5時間30分、習得までに約15.1ヶ月

独学のメリットは自由度が高く、低コストで学習が可能です。一方で、プログラミングスクールでは集中して効率よく学べることが学習期間短縮の要因となっています。

独学でプログラミングを学ぶときのロードマップ

本章で紹介する独学でプログラミングを学ぶ際のロードマップは次の通りです。

  1. プログラミングに必要なものを用意する
  2. やりたい仕事などの目標を明確にする
  3. 目標に合ったプログラミング言語を選ぶ
  4. 開発の環境を整える
  5. 自分に合った勉強法を探す

では、詳しく見ていきましょう。

プログラミングに必要なものを用意する

プログラミング学習に必要なものは、以下の通りです。

  1. パソコン
    性能やスペックに応じて選ぶ。
  2. インターネット環境
    安定性が高く、高速な回線を用意する。
  3. 開発環境
    学ぶ言語や分野に応じたツールをインストールする。
  4. 教材
    オンライン教材や書籍を活用して理論を学ぶ。
  5. コードエディタ
    効率的なコーディングが可能なエディタを選択する。
  6. バージョン管理ツール
    プロジェクトでの変更履歴や共同作業を効率化が可能。

本項では、まず始めに必要なPC(パソコン)とインターネット環境について詳しく説明していきます。

PC(パソコン)を手に入れる

プログラミングを始める上でまず考えるべきは、適切なPC(パソコン)を手に入れることです。

理由としては、性能が上がっている最近のタブレットでもプログラミングは可能ですが、コーディングを行いたい場合、PCの方が作業しやすくなるからです。

具体的には、PCでは複数のウィンドウを開いて同時に作業できたり、キーボードショートカットを使用して作業効率を上げることができます。

先述したように、PCを手に入れることでプログラミング環境が整い、より快適に作業が進められます。

インターネット環境を整える

次に重要なことは、インターネット環境を整えることです。

インターネットはプログラミングを学ぶ上で欠かせないツールであり、環境構築や不明点を解決する際の情報収集などを行うときに必要です。

特にWeb開発を行いたい場合は、インターネット環境が不可欠です。

安定性が高く高速な回線を用意することでプログラミングに集中できるようになるでしょう。

やりたい仕事などの目標を明確にする

プログラミングを始める際には、やりたい仕事や達成したい目標を明確にすることが重要です。

目標を明確にすることで、学習に対するモチベーションが高まり、効率的にスキルを身につけることが可能になります。

具体的な目標を設定し、目標に向かって努力を続けることが重要です。

どんなシステムを作ってみたいかを考える

また、どんなシステムを作ってみたいかを考えることも重要です。

主なシステムは3つあります。

  • 業務系システム
    業務を効率化したり自動化したりするシステム
  • Web系システム
    ECサイトやSNS、オンライン掲示板などのWebサービスで利用されるシステム
  • 組み込み系システム
    特定の機能を実現するために特化したハードウェアやソフトウェアなどのシステム

自分が興味を持つシステムを明確にすることで、学習の方向性が決まり、効果的な学習が可能になります。

どのレベルを目指したいのかを決める

目指すレベルは、趣味でプログラミングを楽しみたいのか副業で収入を得たいのかエンジニアやプログラマーとして転職を狙うのかさらなるスキルアップを目指すのかで変わってくるでしょう。
それぞれの場合、求められる学習時間も異なります。

転職を目指す場合は、就職・転職の目標期限を設定すると、いつまでにどのステップをクリアする必要があるかが分かり、学習計画が立てやすくなります。

ただし、目標設定は現実的に自分が達成できる範囲に留めることが大切です。

高すぎる目標は挫折の原因となりやすいので、自分に合ったレベルを見極めましょう。

目標に合ったプログラミング言語を選ぶ

目標に合わせて、適切なプログラミング言語を選択することが大切です。

本項では、目標別のプログラミング言語について紹介します。

プログラム言語によって得意分野が異なる(一部を紹介)

各プログラミング言語は、それぞれ得意とする分野が異なります。

  • iOSアプリ開発:Swift
  • Androidアプリ開発:Java
  • Web開発:Ruby、PHP
  • AI開発:Python
  • 組み込み系や基幹システム: C言語

自分が作りたいアプリやサービスに応じて、適切なプログラミング言語を選びましょう。

もし作りたいものが明確に決められない時は?

作りたいものが明確に決まらない場合は、自分の興味がある分野や既存のアプリ・Webサービスを参考にしてみると良いでしょう。

また、最近のIT業界の動向をチェックし、市場のニーズに応じたプロジェクトに取り組むのも一つの方法です。

開発の環境を整える

プログラミングを始めるにあたり、開発環境のセットアップが不可欠です。

選択したプログラミング言語に応じた環境が必要となるでしょう。

開発環境を整えることで、効率的かつ円滑な開発が可能となり、問題解決や新たなアプリケーションの開発に迅速に取り組めるようになります。

環境セットアップには、以下の手順が基本的です。

まず、プログラミング言語を選択することが求められます。

言語選択が終わると、対応するエディターや統合開発環境(IDE)をインストールします。

最後に、言語の実行環境やコンパイラが必要になる場合があるため、適切なものを選びインストールします。

開発環境に必要なものとは?

開発環境を構築する際に必要な要素には、以下のようなものが挙げられます。

  • エディター
    コードを実際に書くために使用するツール
  • コンパイラ
    ソースコードを実行可能な形式に変換するプログラム
  • IDE(統合開発環境)
    エディターや実行環境など、開発に必要な機能を統合したソフトウェア

以上の要素を整えることで、プログラムの作成がスムーズに行えるでしょう。

自分に合った勉強法を探す

プログラミングを学ぶ際には、自分にとって最適な勉強法を見つけることが重要です。

理解力や興味に応じて選択することで、効果的な学習を実現することができます。

また、時には複数の方法を組み合わせることで、理解を深めることも考えられます。

学習方法の種類

プログラミングの学習方法には、以下の様々な方法があります。

  • 書籍や動画、学習サイトを利用した自己学習
  • 学習イベントやプログラミングスクールへの参加

いずれの方法でも、実践的な手を動かしながら学ぶことが重要です。

以上に紹介した方法を参考にすることで、自分に適した学習方法を見つけ、効率的な学習を行うことができるでしょう。

プログラミングを独学で始めるときの勉強方法は?

プログラミングを独学で学ぶ際の勉強方法は、自分の能力や目的に応じて、オンライン学習サイト、動画教材、書籍、アプリなどを利用することが効果的です。

理由として、それぞれが提供する学習環境や特性が違い、自分に合った方法で学ぶことができるからです。

具体例を挙げると、動画では視聴者が実際に画面でコードを書く様子を確認でき、書籍では深く理解するための説明が細かく書かれています。

勉強方法の種類と特徴について

プログラミングの独学には以下の方法があり、それぞれ特徴があります。

  • 学習サイトで勉強する
    インタラクティブな学習環境が整い、初心者から上級者まで対応したコースが揃っています。
  • 動画で勉強する
    講師の説明を聞きながら学び、実際の操作を確認できます。
  • 本で勉強する
    分かりやすい説明や図解があり、自分のペースで学べます。
  • アプリで勉強する
    スマートフォンやタブレットで手軽に学べ、短い時間でも効率的に進められます。

学習サイトで勉強する

学習サイトで勉強する際のポイントは以下の通りです。

  • 自分のスキルレベルに合った学習サイトを選ぶ
  • 自己学習を行うための計画を立てる
  • 自己評価を知る

初心者は基本的なプログラミング概念や言語の構文に焦点を当てた入門コースを、中級者や上級者は高度なトピックに関するコースを選びます。

学習サイトは無料で利用できるものが多く、有料サイトでも比較的安いため、手軽に始めたい人におすすめです。

本で勉強する

本で勉強する際のアドバイスは以下の通りです。

  • 初心者は基本的なプログラミングの概念や言語の構文に焦点を当てた入門書を選ぶ
  • 上級者は高度なトピックに関する本を選ぶ
  • 費用は数千円で始められ、取り掛かりやすい
  • 章立てを見て順序を変更したり、飛ばしたりすることも可能
  • 実際にコードを書いて動作を確認する

デメリットは、疑問点や不明点があっても質問ができないため、勉強がうまくできない可能性もあるので注意が必要です。

アプリで勉強する

アプリを利用して勉強する大きな利点は、自分の好きな時間に勉強することが可能であることです。
通勤中や昼休み、空いた時間を活用して効率よく学習できます。

また、自分のペースで学ぶことができるため、無理なく継続して勉強が続けられます。

さらに、様々なジャンルのアプリが存在するため、自分のニーズに合ったものを選択でき、学習の幅を広げることができます。

アプリには、クイズ形式やゲーム要素が取り入れられていることもあり、楽しみながら勉強ができるのも魅力です。

動画で勉強する

動画で勉強することの利点は、作業の様子を実際に見られるため、内容を理解しやすいというメリットがあることです。

講義や実践的な内容を視覚的に捉えることができるため、理解度が向上し、記憶にも定着しやすいです。

また、動画で学ぶことにより、自分のペースで再生や一時停止を行うことができ、理解しきれなかった部分を何度でも繰り返し見ることができます

さらに、動画はインターネット上で豊富に無料で提供されているため、手軽に学習できる点も魅力的です。

独学で効率よく勉強するコツとは?

独学で効率よく勉強するためのコツは、計画的に学習時間を確保し、継続的に取り組むことです。

また、自分に合った学習方法やツールを選択することも重要です。

さらに、学習の進捗を定期的に振り返り、学習内容を調整することが効果的です。

本項では、独学で効率よく勉強するコツを紹介します。

目標・目的は細かく設定する

目標・目的を細かく設定することで、学習のモチベーションが維持され、効率的に学ぶことが可能になります。

いつまでにどのくらいのスキルを身に着けたいのかを明確にすることで、具体的な行動計画を立てやすくなります。

また、達成した目標に対して自分にご褒美を与えることで、学習意欲が向上し、継続的な学習が促進されます。

目標を設定する際には、現実的かつ達成可能なものにし、定期的に見直しを行うことが重要です。

毎日短い時間でも学習する時間をとることが大切

毎日短い時間でも学習する時間をとることが大切である理由は、知識の定着率の向上に繋がるからです。

具体的には、1日30分間だけでも学習を続けることで、知識が徐々に蓄積され、理解が深まっていくでしょう。

また、毎日の習慣化により、学習効果も高まります。

コードを写経して勉強する

コードを写経して勉強することは、理解が深まるだけでなく、新しい知識も吸収できるため、非常に効果的です。

ただし、サンプルコードの選び方が重要です。

良いサンプルコードの条件として、最新の情報が載っていること、掲載されている量が多いことが挙げられます。

学習サイトや本などで参考にするサンプルコードを選ぶ際には、以上のポイントを押さえて選びましょう。

最新で充実した情報があるサンプルコードを写経することで、効率的な学習ができるでしょう。

プログラムの構造や概念は徐々に理解する

プログラムの構造や概念の理解には時間がかかりますが、初めはプログラムが動くことを重視し、様々なコードを書くことに注力しましょう。

数をこなすうちに、自然と構造や概念を理解できるようになります。

最初は完璧な理解を求めず、動くプログラムを書く練習を重ねることで、徐々に理解が深まります。

プログラミング学習で初心者が挫折するケースと対処法は?

プログラミング学習で初心者が挫折するケースと対処法について紹介します。

プログラミングの挫折率は90%であり、特に独学で学習していた人が多く挫折しています。

挫折してしまう理由は大まかに3点あります。

  • 質問できる環境がない
  • エラーの解決ができない
  • モチベーションが続かない

対処法として、質問できる環境を作るためにオンラインコミュニティや友人と一緒に学習するなどの方法が有効です。

またエラーの解決には、エラーメッセージを読み解く練習や、知識を増やすことが必要です。

モチベーションの維持には目標設定や自分へのご褒美を用意することが効果的です。

質問できる環境がない

プログラミング学習において、エラーの解決が難しく、自力で解決できない場合に挫折してしまうことが多いです。

初心者が何日も悩んでいたエラーも、有識者に聞くと数分で解決することがあります。

しかし、質問できる環境がない場合には、オンラインのコミュニティを活用することが一つの解決策です。

例えば、プログラミング言語やフレームワークに応じたSlackグループやDiscordサーバー、オンラインフォーラムや掲示板などがあります

以上のコミュニティに参加することで、質問をしたり、他の人の問題解決の様子を見たりすることが可能になります。

エラーの解決ができない

エラーの解決ができない場合、デバッグツールを活用することが有効です。

デバッグツールは、プログラムの不具合を取り除くために使用されるソフトウェアで、さまざまな開発環境で利用できます。

C++/C言語ではMicrosoft VisualStudioシリーズ、JavaではEclipse、Xcodeなどの統合開発環境があります。

また、Stack OverflowやQiitaなどのオンラインサイトも、プログラミングに関するQ&Aや知識を共有するためのサービスとして役立ちます。

モチベーションが続かない

プログラミング学習において、終わりが見えず、エラー解決ばかりの日々が続くと、モチベーションが低下し学習を辞めてしまうことがあります。

先述した問題を解消するためには、目的を明確にすることが重要です。

具体的な目標や期限を設定し、目標に向かって努力することで、学習意欲が維持されやすくなります。

プログラミングの独学におすすめなサービスとは?

プログラミングの独学におすすめなサービスには、下記のものが挙げられ、サービスを活用することで、効率的にスキルを身につけることができます。

  • オンライン学習プラットフォーム
  • チュートリアルサイト
  • コーディング練習サイト
  • 掲示板
  • コミュニティサイト など

また、独学での学習が難しい場合には、メンターや講師がサポートするプログラミングスクールやオンラインコースも利用すると良いでしょう。

本項では、プログラミングの独学におすすめな本、学習サイト、学習アプリについて詳しく説明していきます。

プログラミングの独学におすすめな本

プログラミングの独学におすすめな本は、初心者にもわかりやすい解説がされており、具体的な実践例を通して学べるものが理想です。

上記の理想に近い本を活用することにより、実際のプロジェクトで役立つスキルを習得することができます。

また、読むだけではなく、実際に手を動かして練習問題を解くことで理解を深めることができます。

以下に、独学におすすめな本をいくつか紹介します。

退屈なことはPythonにやらせよう

「退屈なことはPythonにやらせよう」は、プログラミング初心者向けのPythonの入門書です。

日常業務で発生する退屈な作業をPythonで自動化する方法が解説されており、実践的な知識を身につけることができます。

具体的には、ExcelやPDFの操作、Webスクレイピング、メールの送受信など、様々なタスクの自動化が取り上げられています。

また、練習問題が多く含まれており、手を動かしながら学習することができるので、Pythonの基本的な構文やライブラリの使い方を効率的に習得することができます。

リーダブルコード

「リーダブルコード」は、プログラミングのコードの品質向上を目指す本です。

コードの可読性を向上させるための具体的な手法が紹介されており、他のメンバーが見ても理解しやすいコードを書くことができるようになります。

また、良いコードの書き方だけでなく、悪いコードの例も提示されており、自分のコードを客観的に評価する能力も身につけることができます。

どのようなプログラミング言語を扱っていても役立つ知識が詰まっているため、幅広い読者におすすめです。

プロを目指す人のためのRuby入門

「プロを目指す人のためのRuby入門」は、プログラミング言語Rubyの入門書であり、初心者から中級者まで対象としています。

本書は、Rubyの基本的な構文やオブジェクト指向プログラミングの考え方を丁寧に解説しており、実践的なアプリケーション開発の知識も得ることができます。

また、Ruby on Railsを用いたWebアプリケーション開発についても触れられているため、幅広い用途で活用できるスキルを身に着けることができます。

プログラミングの独学におすすめな学習サイト

プログラミングの独学におすすめな学習サイトを紹介します。

学習サイトによっては、初心者から上級者まで幅広く対応しており、実際のプロジェクトにも役立つ知識を身につけられることができます。

具体例として、ドットインストール、CODEPREP、CODEMONKEYが挙げられます。

以上のサイトを利用すれば、独学でスキルアップが可能であり、効率的に学習を進められるでしょう。

ドットインストール

ドットインストールは、短い動画でプログラミングを学ぶことができるサイトです。

理由は、分かりやすく短時間で学べること、具体的な例を用いて解説されているため、初心者にも理解しやすいです。

また、多くの言語やフレームワークに対応しており、自分の学びたい分野に特化した内容を学ぶことができます。

CODEPREP

CODEPREPは、自動採点機能付きのプログラミング学習サイトです。

理由は、実践的な問題を解いて学ぶことができ、すぐにフィードバックが得られる点です。

また、問題が段階的に難しくなっており、自分のレベルに合わせてスキルアップが可能です。

具体的には、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を網羅しており、実際の開発に役立つ知識を身につけられます。

CODEMONKEY

CODEMONKEYは、ゲーム感覚でプログラミングを学べる学習サイトです。

理由は、楽しみながら学べるため継続性が高く、段階的にスキルが向上するカリキュラムが提供されているからです。

具体例として、BlocklyやPythonなど様々な言語に対応し、初心者から上級者まで対応しています。

プログラミングの独学におすすめな学習アプリ

プログラミングの独学におすすめな学習アプリには、Progate、codebelle、Schoo(スクー)があります。

学習アプリでは、独自の特徴や教材を提供しており、独学を始めるのに適した選択肢と言えます。

Progate

Progateは、初心者から中級者向けのプログラミング学習アプリです。

多種多様な言語やフレームワークが用意されており、自分のペースで学習を進められます。

また、アプリ内で実際にコードを書くことができる環境が整っており、実践的な学習が可能です。

さらに、豊富な解説とともに学べるので、スムーズに理解を深められます。

codebelle – スキマ時間で学ぶプログラミング

codebelleは、忙しい人向けのプログラミング学習アプリで、スキマ時間を活用して効率的に学習できます。

短い時間で完結するコンテンツが豊富に用意されており、例えば通勤途中やちょっとした空き時間にも取り組めます。

また、コードの書き方など基本的な内容からアプリ開発まで対応しており、初心者にも適したカリキュラムが揃っています。

Schoo(スクー) – ライブ動画で学べるアプリ

Schoo(スクー)は、ライブ動画でプログラミングを学べるアプリです。

インタラクティブな授業形式により、自宅での学習でも実際の教室にいるような臨場感を得られます。

先生からの解説をリアルタイムで聞けるだけでなく、教材に対する質問や意見交換もできます。

また、過去の授業動画もアーカイブされており、都合の良い時間に自由に見直すことが可能です。

独学でプログラミングを学ぶメリット・デメリット

プログラミングの独学は、いくつかのメリットがある一方でデメリットも存在します。

メリットには自分のペースで学習できる、無料のオンラインコースが多数存在する、柔軟に学習方法やカリキュラムを選べるなどが挙げられます。

一方デメリットとしては、学習の指導や助言が受けられない、独自のカリキュラムの設計が必要である、学習環境やリソースの選定が自己責任であるなどが考えられます。

プログラミング独学のメリット

プログラミングを独学することにはいくつかのメリットがあります。

まず自分のペースで学習ができるため、他の人に左右されずに自分に合ったスピードで進められます。

また、無料のオンラインコースや教材が多数存在するので、予算を抑えられるという点も大きなメリットの1つです。

さらに、学習方法やカリキュラムを自由に選べるため、自分の目的や関心に合わせて学習の焦点を絞ることが可能です。

  1. 自分のペースで学習できる
  2. 無料のオンラインコースが多数存在
  3. インターネット上に情報が豊富にある
  4. スキルアップのスピードが自分次第
  5. 自己学習能力が身につく

上記にまとめたプログラミング独学のメリットについて詳しく説明していきます。

自分のペースで学習できる

プログラミング独学の最大のメリットは、自分のペースで学習できることです。

スクールや教室では限られた期間やカリキュラムがあるため、自分に合わないペースで進められることもあります。

独学ならば、自分の理解度やスケジュールに合わせて学習ができるため、無理なく学び続けられます。

無料のオンラインコースが多数存在

独学でプログラミングを学ぶ際には、無料のオンラインコースが数多く提供されています。

YouTubeやGitHubなどのプラットフォームで、基礎から応用まで幅広い内容の講座が見つけられ、予算に縛られることなく学べるのが大きなメリットです。

また、無料の教材ではなく、有料のオンラインコースも多く存在し、より専門的な知識を求めることも可能です。

インターネット上に情報が豊富にある

インターネットは情報が豊富で、プログラミングの学習には非常に適しています。

オンラインには無料でアクセスできる膨大な教材やフォーラムがあるため、疑問点を解決したり、新しい技術を学ぶことが容易です。

また、プログラミング言語やライブラリに関するドキュメントやチュートリアルが充実しており、初心者から上級者まで利用できるでしょう。

具体例としては、Stack OverflowやGitHubなどのコミュニティが存在し、様々な問題解決の参考になります。

さらに、UdemyやCourseraなどのオンラインプラットフォームもあり、自分に合ったコースを選択することが可能です。

スキルアップのスピードが自分次第

プログラミングの独学では、スキルアップのスピードが自分次第です。

自分自身で学習計画を立てたり、進行速度を調整することができるからです。

効率的な学習を実現するためには、自分の理解度や興味に応じて、学習範囲やペースを選択することが重要です。

また、自分でタイムマネジメントを行うことで、多忙な生活の中でも継続的に学習を続けることが可能です。

好きな時間帯に学習することで、集中力が高まり、効果的なスキルアップが期待できるでしょう。

自己学習能力が身につく

プログラミングの独学で重要なのは、自己学習能力を身につけることです。

自己学習能力が習得できる理由は、独学では答えが与えられず、自分で解決策を見つけ出さなければならないからです。

困難に直面した時に、自分自身で調べたり試行錯誤することで、自己学習能力が向上するでしょう。

さらに、プログラミング業界は技術の進歩が速く、新しい言語やフレームワークが次々に登場します。

だからこそ、自己学習能力が身についていると、変化に対応しやすくなります。

キャリアアップにも大きな影響を与えるでしょう。

最終的に、プログラミング独学により自己学習能力が向上し、業界での競争力を高めることができます。

プログラミング独学のデメリット

プログラミング独学のデメリットは、適切な指導が受けられないことです。
独学の場合、学習方法や進行方向が適切であるかどうかが分かりにくく、無駄な時間を過ごすリスクがあります。

また、基本的な考え方や習慣が間違っている場合、後で修正するのが難しくなることもあります。

さらに、独学では学習環境が整っていない場合が多く、適切なフィードバックが得られません。
適切なフィードバックが得られないことにより、自分の実力が客観的に把握できないことがあります。

独学者は自己評価が過大になりがちであり、求職時に不利に働く可能性もあります。
プログラミング独学には適切な指導やフィードバックが欠けており、学習効果が低下するリスクがあります。

以下にプログラミング独学のデメリットについてまとめましたので、詳しく説明していきます。

  1. 誤った学習をしてしまう
  2. ソーシャルスキル不足
  3. プロジェクト経験不足
  4. モチベーションの低下
  5. 時間と労力がかかる

誤った学習

誤った学習により、正しい知識を身につけることができない可能性があります。

例えば、プログラミング言語の基礎的な概念やコーディングスタイル、デバッグテクニック、エラーが出た時の対処の仕方(エラーハンドリング)などについて、正しい理解を得られない場合、将来的にコードを書く際に問題が発生することがあります。

誤った学習をしてしまう理由は以下の通りです。

  • 参考文献や情報源が正確でない場合
  • 独学だと理解が曖昧な場合であっても確認できる環境がないため、誤った知識を深めてしまう
  • 自己流や独断で学ぶため、知識が偏る可能性がある

結果として、習得した知識が不十分であることが分かった場合は、適切な教材や資料を用いて再学習を行う必要があります

ソーシャルスキル不足

プログラマーは単独で作業することが多く、一人で問題を解決することができることが求められますが、コミュニケーション能力も重要なスキルです。

独学では他の人との共同作業やフィードバックを得る機会が少ないため、コミュニケーション能力が不足することがあります。

ソーシャルスキルの重要性は以下の理由から明らかです。

  • チームでのプロジェクト進行において、意思疎通が重要である
  • 他者の意見やアイデアを取り入れることで、ソフトウェアの品質が向上する

 効果的なプレゼンテーションや報告能力が、承認や予算獲得に繋がるでしょう。

ソーシャルスキル不足を克服するためには、積極的に他者との対話やディスカッションを行い、フィードバックを受け入れる姿勢を持つことが求められます。

プロジェクト経験不足

独学でプログラミングを習得すると、プロジェクト経験が不足することがあります。

プロジェクト経験が不足していると、実際の開発現場で求められるスキルを養うことが難しい場合があります。

プロジェクト経験の重要性は以下の点からわかります。

  • 複数人での開発や分業、スケジュール管理が身につく
  • 実際の業務で用いられるフレームワークやツールを経験する
  • 様々な要求仕様や変更に対応する柔軟性を身につける

独学でのプロジェクト経験不足を補うためには、オープンソースプロジェクトへの参加やプログラミングコンテスト、ハッカソンなどに参加し、実践的なスキルを習得することが推奨されます。

モチベーションの低下

独学でプログラミングを学ぶと、モチベーションの低下が起こりやすいです。

モチベーションの低下は、独学の過程でつまずくことが多く、自己評価が低くなるためです。

モチベーションを維持するためには以下の工夫が必要です。

  • 目標設定:短期・中期・長期の目標を明確にし、進捗を確認する
  • コミュニティ参加:同じ目標を持つ仲間や先輩から刺激を受ける
  • 成果の発表:自分の作品や知識を発表し、他者からの評価やフィードバックを得る

自分に合った学習方法や環境を整えることで、モチベーションの低下を防ぐことができます。

時間と労力

プログラミングを独学で学ぶデメリットの一つに、学習に必要な時間と労力が多いことが挙げられます。

オンラインチュートリアルや書籍を読むだけでは、実際にコードを書く経験や開発プロジェクトへの参加経験は得ることはできません。

プログラミングスキルを習得するためには、多くの時間と労力を投資する必要があります。

独学でのプログラミング学習は、自主性と努力が必要であることを理解し、計画的に取り組むことが重要です。

プログラミングの独学で稼ぐためのポイントとコツは?

プログラミングの独学で稼ぐためのポイントとコツは以下の通りです。

  • 定期的にスキルをアップデートし、新しい技術や言語を学ぶ
  • 好奇心を持ち、自分が得意とする分野に焦点を当てる
  • コミュニケーション能力を磨き、クライアントと円滑にやり取りできるようにする
  • プロジェクト管理能力を向上させ、期限を守りながら質の高い仕事を提供する
  • 自分の実績を積み重ね、ポートフォリオとして活用する

以上のポイントとコツを活用し、独学でプログラミングスキルを磨き、収入を得ることができるでしょう。

本項では、下記のポイントとコツについて詳しく解説していきます。

  1. プログラマーに向いているかどうか判断する
  2. インターネット上にオリジナル作品を公開してみる
  3. GitHubで自分のプログラムを公開してみる
  4. IT系の勉強会に参加してみる
  5. 初心者と上級者のプログラミングの相違を知る
  6. フリーランスを目指すなら

プログラマーに向いているかどうか判断する

プログラマーに向いている人は、論理的思考能力があり、大きな問題を細分化して解決できる能力があるほか、新しいIT技術への興味があることが重要です。

また、プログラミングが好きな人もプログラマーに向いていると言えるでしょう。

論理的思考能力と問題解決能力は、プログラミングの独学を進める上で必要不可欠です。

自分がプログラマーに向いているかどうか判断し、適切な学習方法やスキル習得に取り組むことが成功へのカギとなります。

インターネット上にオリジナル作品を公開してみる

インターネット上にオリジナル作品を公開することは、自分の実績となり、転職や就職活動において自分の技術レベルを評価する材料となります。

個人情報や財産を使用するソフトウェアの際は注意が必要ですが、オリジナル作品の公開は、スキルのアピールや将来の仕事獲得に繋がる強みとなります。

作品を公開することで、自分の才能を広く知ってもらい、独学でプログラミングを学んだ成果を示すことができます。

GitHubで自分のプログラムを公開してみる

GitHubを利用し、自分のプログラムを公開することには多くのメリットがあります。

まず、GitHubで公開することで、自分のプロジェクトが世界中の人々に見られるようになります。
GitHubで公開することにより、様々な人々からフィードバックを受けることができ、貴重な改善点を知ることができます。

また、自分のプロジェクトを公開することで、他のプロジェクトに影響を与える可能性があります。

つまり、他の開発者があなたのプロジェクトを参考にすることで、新たな技術の普及や発展に貢献することができます。

さらに、プログラムを公開することで、ポートフォリオとして活用することができます。

就職活動やフリーランスの案件獲得時に、自分がどのようなプロジェクトに携わってきたかをアピールすることができます。

自分のプログラムを公開する過程でGitHubの使い方を学ぶことができ、バージョン管理やチーム開発のスキルが向上します。

IT系の勉強会に参加してみる

IT系の勉強会に参加することは、技術力を向上させるだけでなく、業界最先端の技術に触れたり、有名プログラマーから技術的アドバイスを受けられる素晴らしい機会です。

また、自分のモチベーションがあがり、新たなアイデアを得ることができます。

さらに、勉強会では、同じ興味を持つ仲間と出会い、互いに刺激を与え合うことができます。

以上で述べた出会いは、新たなプロジェクトの発足やビジネスチャンスに繋がることもあります。

また、勉強会での発表を通じて、自分の知識や技術を他者に伝えるスキルを磨くことができます

将来的に職場やプロジェクトで役立つだけでなく、自分自身が理解を深めるためにも重要なスキルです。

初心者と上級者のプログラミングの相違を知る

プログラムが動くかどうか以外のことを考えられるかどうかが初心者と上級者の考えの違いです。

上級者はプログラムが動く前に起こりえる問題を予め想定し、試験して素早く安全なコードを書いていくことができます。

具体的には、上級者はパフォーマンスやセキュリティ、メンテナンス性など、開発後も問題が起こらないように配慮を行います。

また、コードの品質にも重きを置き、他のメンバーが理解しやすいようにコメントや変数名、関数名にも気を遣います。

上級者に近付くためには安全かつ正確に人々が使えるようなプログラムを書けるように考えていくことが重要です。

今までの経験や勉強を通じて、自分のスキルを継続的に向上させることが大切です。

フリーランスを目指すなら

フリーランスを目指す場合、まず、案件を受注して実績を得ることが必要です。

始めは単価が安くても実績ができれば、しっかりと仕事ができるエンジニアとしてクライアントに認められます。

実際に働くことで自分の足りないスキルが見えてくるので、足りないスキルを補いながらスキルのアップデートを繰り返すことが稼げるエンジニアになるコツです。

また、信頼できるクライアントとの関係を築くことも重要です。

良い評判や口コミが広まることで、次の案件の紹介や依頼が増え、安定した収入を得ることができます。

さらに、フリーランスとして働く上で、自己管理や時間管理、コミュニケーション能力も大切です。

クライアントやチームメンバーと円滑にコミュニケーションを取ることで、多くの案件を効率的にこなすことができます。

独学が厳しければプログラミングスクールに行こう

プログラミングの独学は、確かに効率的な学習方法の一つですが、厳しい場合はプログラミングスクールへの参加を検討しましょう。

プログラミングスクールに通うことで以下のメリットがあります。

  • 専門家によるカリキュラムが提供され、学習の効果を高めることができる。
  • カリキュラムは、最新の技術トレンドや業界のニーズに合わせて設計されている。
  • 同じ目標を持つ仲間と学べる環境で学習できる。
  • 一部のプログラミングスクールでは、就職支援サービスがある。

では、詳しく見ていきましょう。

プログラミングスクールでは、専門家によるカリキュラムが提供され、学習の効果を高めることができます。

理由として、まず第一に、プログラミングスクールではプロフェッショナルな教育者に指導され、質の高い学習が期待できます。

プロフェッショナルな専門家の指導は、独学では得られない知識や経験を提供するでしょう。

また、カリキュラムは、最新の技術トレンドや業界のニーズに合わせて設計されており、将来的なスキルセットを網羅することが可能です。

次に、プログラミングスクールでは、同じ目標を持つ仲間と学べる環境があります。
同じ目標を持つ仲間と学べる環境にいることで、モチベーションや競争意識が高まり、学習の効率が向上するでしょう。

また、互いに協力し合いながら課題を解決することで、チームワークやコミュニケーション能力も向上させることができます。

最後に、多くのプログラミングスクールでは、卒業後の就職支援も行っています。業界との繋がりや実績があるため、就職活動の際に有利な条件が揃っています。

以上の理由から、独学が厳しい場合はプログラミングスクールへの参加を検討する価値があります。

まずは独学でプログラミングに挑戦してみて、もし、独学での習得が厳しかった場合は、プログラミングスクールを検討してみるのがいいでしょう。
プログラミングスクールに参加することで、専門的なカリキュラムに基づく学習や同じ目標を持つ仲間との交流を得られます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
本記事を通して、初心者が独学でプログラミングを始めるための方法やポイントについて知ることができたのではないでしょうか。

現在では、無料で試せる学習サイトや学習アプリ、動画など様々なプログラミングについての教材があります。
ぜひ、今回紹介した中から自分に合った学習方法を見つけて、独学でプログラミングスキルを習得し、更なるスキルアップを目指していきましょう。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる