プログラミング

ウェブデザイン技能検定とは?国家資格の内容や難易度を徹底解説!

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

Webデザインをするのに国家資格はいるの?
Webデザインの資格の内容はどんなものだろうか
Webデザインの資格の難易度ってどのくらい?

IT業界の人気の職業になってきているWebデザイナー。

これからWebデザインを始めようとしている、またはWebデザインをしている中でそのように思うことはないでしょうか?

本記事では、Webデザインの国家資格であるウェブデザイン技能検定の内容や難易度を分かりやすく徹底解説します。

ぜひ、Webデザインを始めてみようとしている人は参考にしてみてください。

ウェブデザイン技能検定は国家資格?

ウェブデザイン技能検定は、Web業界で唯一の国家資格であることを知っていますか。

国家資格は国家が認定する資格制度で、高い信頼性と専門性が認められています。

ウェブデザイン技能検定を取得することで、自身のスキルを正式に証明することができ、ウェブデザインの道を歩む上で大きなアピールポイントになります。

取得するとウェブデザイン技能士という肩書がつく

ウェブデザイン技能検定を取得すると、ウェブデザイン技能士という肩書が与えられます。ウェブデザイン技能士という肩書は、国家資格を持っていることを示す証で、業界内での信頼度が高いことを意味しています

ウェブデザイン技能士として認定されることで、就職や転職時に優位に働くこと間違いないでしょう。

3級から1級まである

ウェブデザイン技能検定は、初級から上級までの3つのレベルが設定されており、3級から1級までの資格が取得できます。

3級は初心者向け、2級は実務経験者向け、1級は高度なスキルを持つプロフェッショナル向けです。

自分に合ったレベルでチャレンジすることができ、スキルアップの道標にもなります。

取得するメリットとは?

下記のようなメリットがあり、自分のキャリアや信頼性を高めることができます。

  • ウェブデザインの専門性を証明できる。
  • 就職・転職活動でアピールできる。
  • スキルアップに役立つ。
  • 同業者からの信頼を得やすい。
  • ウェブデザイン技能士という肩書が付く。

以上のようにウェブデザイン技能検定を取得することで数多くのメリットがあるため、自身のキャリアプランの武器となるので、おすすめです。

ウェブデザイン技能検定を受けるべき人とは?

ウェブデザイン技能検定を受けるべき人は、これからWeb業界で働きたい人やキャリアアップを目指すデザイナー、スキルの正式な証明を求めるフリーランサーなどです。

国家資格を持つことで、自分のスキルをアピールでき、信頼性や専門性を高めることができます。

以下にウェブデザイン技能検定を受けるべき人についてまとめましたので、詳しく見ていきましょう。

  • これからWeb業界で働きたい人
  • 今、WebデザイナーやWebエンジニアとして働いている人
  • Webサイトの運営をしたい人

これからWeb業界で働きたい人

これからWeb業界で働きたい人にとって、ウェブデザイン技能検定は非常に有益な資格です。

国家資格という高い信頼性を持つため、就職活動や転職活動において、競合者よりもアピール力が高まります。

また、資格取得によってスキルを磨くこともできるため、自身の成長にもつながりますので、ぜひ、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

今、WebデザイナーやWebエンジニアとして働いている人

WebデザイナーおよびWebエンジニアとして活躍中の皆様にとって、スキルの向上は非常に重要であり、キャリアの発展に寄与します。

理由として以下の点が挙げられます。

  • 知識の網羅性が高まり、業務で直面する問題の解決が容易になる。
  • 最新のトレンドや技術に対応できて、取り組める案件が増える。
  • クライアントや雇用者からの評価向上につながる。

具体例として、ウェブデザイン技能検定の取得が挙げられます。

上記により、専門性や実力を証明し、競争力を高めることができます。

Webサイトの運営をしたい人

Webサイトの運営を検討している方にとって、ウェブデザインスキルは大変役立ちます。

理由としては次の通りです。

  • サイトのデザインや機能性を自分で構築できる。
  • 運営コストを下げることができる。
  • フリーランスとしても活動の幅を広げられる。

根拠として、ウェブデザイン技能検定を取得することで、知識や実践力が向上し、運営の効率化や収益の拡大に繋がります。

ウェブデザイン技能検定の難易度はどのくらい?

ウェブデザイン技能検定の難易度は、受験者のスキルや経験によって異なりますが、一般的には以下のようなレベルです。

  • 3級
    初級者向けで基本的なHTMLやCSSの知識が必要になる。
  • 2級
    中級者向けで、JavaScript等のプログラミング知識も求められる。
  • 1級
    上級者向けで、ウェブデザインに関する総合力が試される。

練習や勉強を重ねることで、難易度を克服し、合格への道を切り開くことができます。

ウェブデザイン技能検定の各級ごとの合格率って?

ウェブデザイン技能検定の各級ごとの合格率は、年度や受験者数によって変動します。

ただし、一般的にはレベルが上がるほど合格率が下がる傾向があります。

具体的な数字は公式ウェブサイトで確認することができます。

過去のデータを参考にし、目標とする級に合った対策を立てることが重要です。

3級の合格率

3級の合格率は、一番手軽に挑戦できるレベルであるため、比較的高い結果が出ることが多いです。

ただし、受験者の事前知識や準備状況に大きく左右されます。

過去の合格率としては、60~70%になっており、自分のスキルや知識を照らし合わせて、適切な対策を立てましょう。

2級の合格率

2級の合格率は、3級に比べて低くなる傾向があります。

3級に比べて低くなる傾向になる理由は、2級ではJavaScriptなどのプログラミング知識が求められるため、より難易度が高いらです。

合格率は、30〜40%程度になっています。

適切な学習方法や試験対策を行うことで、合格率を上げることができます。

1級の合格率

1級の合格率は低く、受験者の中でもトップレベルのスキルを有する者だけが合格します。

1級の合格率は低い理由は、試験範囲が広く深いため、高度な知識と実践力が求められるからです。

具体例として、コーディング、デザイン、アクセシビリティ、SEO等、ウェブ制作に関連する多岐にわたる領域をマスターしていることが要求されます。

合格率としては、10~20%程度になっています。

ウェブデザイン技能検定を受験する際の注意点とは?

ウェブデザイン技能検定を受験する際の注意点は以下の通りです。

  • 試験範囲を網羅的に学習する。
  • 受験前に模擬試験を活用し、実際の試験の雰囲気に慣れる。
  • 時間配分に注意し、効果的に問題を解く。
  • 試験開始前に受験会場の確認を行い、当日のトラブルを避ける。

上記の注意点を守ることで、試験に向けて十分な準備ができ、より良い結果が期待できるでしょう。

アプリケーションの実技が2級以上は必須

アプリケーションの実技は2級以上では必須です。

アプリケーションの実技は2級以上では必須である理由は、実務においてウェブデザインを行うためには、PhotoshopやIllustratorなどのアプリケーションを使いこなすことが必要だからです。

さらに、技能検定の試験内容も、実践的な問題が出題されるため、アプリケーションの実技力が求められます。

2級以上が面接で有効

2級以上の資格は面接で有効です。

なぜなら、ウェブデザイン関連の仕事の求人では2級以上の資格保有者が優遇されることが多いからです。

そして、技能検定の難易度や実践性が評価されており、資格保有者は業界で信頼されます

資格取得がゴールではない

資格取得がゴールではないことに注意が必要です。

なぜ資格取得がゴールではないではないのでしょうか。

資格取得がゴールではないではない理由は、ウェブデザイン技能検定はあくまで基本的なスキルや知識を評価するものであり、実務では更なるスキルアップが求められるからです。

実務で活かすためには、資格取得後も継続的にスキルや知識を向上させることが大切です。

ウェブデザイン技能検定の試験範囲とは?

ウェブデザイン技能検定の試験範囲は以下の通りです。

  • HTML/CSSの基本的なコーディングスキル。
  • ウェブデザインの基本原則。
  • アクセシビリティとユーザビリティの知識。
  • SEOやSNS連携に関する知識。

3級から1級の学科試験科目は共通

3級から1級までの学科試験の科目は共通になります。

各級の基礎知識を問う問題が多いですが、級を上げるほど正答率を上げる必要があります。

3級の試験範囲とは?

3級の試験範囲としては、以下になります。

実技試験

実技試験では、ウェブサイトのデザイン設計の基礎から運用管理までを行います。

学科試験

学科試験では、インターネットの基礎知識や著作権などの法的理解、ウェブデザインに関する基礎的な知識になります。

2級の試験範囲とは?

2級の試験範囲としては、以下になります。

実技試験

実務試験では、ウェブサイトの構築が出題されます。

学科試験

学科試験では、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語の理解や、ウェブデザインの基本原則、アクセシビリティ、ユーザビリティなどに関する知識が求められます

1級の試験範囲とは?

1級の試験範囲としては、以下になります。

実技試験

実技試験は、試験者の実践的なスキルを評価するために行われます。

理由として、ウェブデザインの理論だけでなく、実際に手を動かして作品を制作する能力が重要であるからです。

具体的には、与えられた仕様に従ってウェブページを制作し、レイアウトやデザイン、プログラムの実装、アクセシビリティ対策などを実践します

学科試験

HTML5やCSS3の最新技術、JavaScript、jQueryなどのフレームワークやライブラリの活用、SEO対策、Webアクセシビリティ、ウェブデザインの法規制などが含まれます。

上記の知識を習得することで、1級の試験範囲を理解してプロフェッショナルなウェブデザイナーとして活躍することが可能となります

ウェブデザイン技能検定に向けてやるべきことは?

ウェブデザイン技能検定に向けてやるべきことは、以下の通りです。

  • 公式テキストや参考書を用いて学習する。
  • 実践的なスキルを身につけるために、実際にウェブページを制作してみる。
  • 過去問題を解いて試験対策を行う。
  • ウェブ関連のセミナーや勉強会に参加し、知識や技術を深める。

上記の取り組みを行うことで、ウェブデザイン技能検定に向けて的確な準備ができます。

受験日を決める

受験日を決める際は、自分の学習計画や進捗に合わせて適切なタイミングを選びましょう

具体的には、十分な学習時間を確保し、過去問題や模擬試験で一定のスコアが取れるようになった時点で受験日を決定します。

また、試験会場や申込方法などの情報も事前に確認し、無事に受験できるように準備を整えておくことが重要です。

勉強方法を決める

効果的な勉強方法を決めることは、ウェブデザイン技能検定の合格への近道です。

まずは自分に合った学習スタイルを見つけ、計画的に進めていくことが大切です。

具体的な方法としては、独学とスクール通いの2種類が考えられます。

独学の場合

独学での勉強方法には、参考書やインターネットを活用して知識や技術を身につけます

公式サイトには過去問が掲載されているので問題を解くことがおすすめです。

また、実際にウェブサイトを作成しながら学習を進めることで、実践力も養われます。

スクールに通う場合

スクールに通う場合は、プロの指導を受けながら学ぶことができます。

カリキュラムに沿った授業があり、分からないこともすぐに質問できる環境が整っています

また、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することで、モチベーションを維持しやすくなります。

ウェブデザイン技能検定の目安の勉強時間

ウェブデザイン技能検定の目安となる勉強時間は、各級によって異なります。

効率的な学習を進めることで、短期間で合格を目指すことが可能です。

3級の目安の勉強時間

3級の目安の勉強時間は以下の通りです。

  • 学科:25~30時間程度
  • 実技:25~30時間程度

または実務経験1年程度が必要とされています。

計画的に学習を進めることで、短期間での合格が見込めます。

2級の目安の勉強時間

2級の目安の勉強時間は以下の通りです。

  • 学科:30時間~100時間程度
  • 実技:10時間~20時間程度

2級はより高度な知識と技術が求められるため、綿密な学習計画と効果的な学習方法が重要となります。

1級の目安の勉強時間

1級の資格取得には、学科と実技の両方で十分な勉強時間が必要です。

1級の目安の勉強時間は以下の通りです。

  • 学科:100時間以上
  • 実技:100時間以上

理由は、1級の試験では高度な知識と技術が求められるため、短時間での習得は困難です。

実際に合格するには、学習計画の策定や繰り返しの演習が欠かせません。

このような努力を通じて、試験に必要な知識と技術を身につけることができるでしょう。

Webデザインの資格取得に向けておすすめのスクール 5選

Webデザインの資格取得に向けて、以下の5つのスクールがおすすめです。

  1. DMM WEBCAMP Webデザインコース
  2. デジタルハリウッド STUDIO by LIG
  3. RaiseTech(レイズテック)
  4. 本気のパソコン塾
  5. Famm(ファム)

上記のスクールは、豊富なカリキュラムや優れた講師陣を持ち、資格取得に必要な知識と技術を効率的に習得できる環境が整っています。

では、詳しく見ていきましょう。

DMM WEBCAMP Webデザインコース

DMM WEBCAMP Webデザインコースは、初心者からプロを目指す方におすすめです。

特徴は、実践的なプロジェクトに取り組むことで即戦力となるスキルを身につけられる点です。

また、業界の最新動向に合わせたカリキュラムや、プロの講師が手厚くサポートする環境が魅力です。

資格取得だけでなく、実務で活用できるスキルを効率的に学ぶことができます

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、対面・オンラインの両方で学べる柔軟なスクールです。

特徴は、実際の制作現場からフィードバックを得て作られたカリキュラムで、資格取得に欠かせない知識と技術を効果的に学べる点です。

さらに、個別指導や少人数制のクラスで講師から丁寧な指導が受けられるため、スキルアップが期待できます。

RaiseTech(レイズテック)

RaiseTech(レイズテック)は、短期間でプロのスキルを身につけたい方におすすめのスクールです。

特徴は、実践的なカリキュラムで質の高いサポートが受けられる点です。

また、講師陣は現役のプロフェッショナルばかりで、チームでの開発や制作を通じて実務で必要なスキルを身につけられます。

資格取得を目指すだけでなく、即戦力となる技術を習得できます。

本気のパソコン塾

本気のパソコン塾は、初心者から上級者まで幅広いレベルの方が利用できるスクールです。

特徴は、手厚いサポートと質の高いカリキュラムで、資格取得に向けて着実なスキルアップが可能な点です。

また、スクール内での資格取得試験の実施や、分かりやすいテキストを利用した学習ができるため、資格取得への道のりがスムーズに進むでしょう。

Famm(ファム)

Fammは、女性専用のWebデザインスクールです。

特徴としては、働いていても柔軟なカリキュラムで講義を組んでくれるので受講しやすいです。

まとめ

本記事では、ウェブデザイン技能検定の難易度や活用される場面について紹介しました。

資格試験を勉強する際には、参考にしてみてください。

ぜひ、ウェブデザイン技能検定を取得して、自分自身のキャリアアップに繋げましょう。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる