プログラミング

Webデザインとは?Webデザイナーの仕事内容や勉強方法を解説

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

最近、よくWebデザインという言葉を耳にするけれど、一体どんな仕事なんだろう?

Webデザインをしてみたいけど何から始めればいいの?

Webデザインは憧れるけど難しそう…

Webデザインについてそのようなイメージを持っていませんか?

最近ではWebデザインの求人が増えていたり、Webデザイナーはテレワークで仕事できると注目されたりしています。

本記事では、Webデザインとはどのようなものなのか、ということからWebデザイナーの仕事内容や勉強方法まで分かりやすく解説します。

Webデザインに少しでも興味がある、これからWebデザインを初めてみるという人は是非、参考にしてください。

目次
  1. Webデザインとは一体どんなもの?
  2. Webデザインの流れって?
  3. Webデザイナーの仕事内容とは?
  4. Webデザイナーの年収
  5. Webデザイナーの働き方
  6. Webデザイナーは未経験でもなれる?
  7. Webデザイナーに必要な資格は?
  8. Webデザイナーに必要なスキルは?
  9. Webデザインの始め方や勉強方法は?
  10. Webデザイナーに必要なツール3選
  11. Webデザイナーは独学でもできるのか
  12. Webデザインの勉強で挫折しそうになったら
  13. Webデザイナーのキャリアの積み方って?
  14. Webデザイナーの将来性は?
  15. まとめ

Webデザインとは一体どんなもの?

Webデザインとは、広告や紙媒体で使用されるデザインとは違い、パソコンやスマートフォンなどのWeb上に表示されるサイトページ等のコンテンツをデザインすることを指します。

Web制作との違いは?

Web制作とは、ホームページの作成を行う際に必要となる作業の総称です。

ホームページの作成では、企画や設計のほかに、デザインやコーディングといった様々な工程があります。

これら全てを一括りでWeb制作と呼んでいるのです。Webデザインは、Web制作の工程の一部となります。

グラフィックデザインとの違いとは?

Webデザインは、名前の通りパソコンやスマートフォンなどのWeb上に表示されるサイトページをデザインすることです。

一方、グラフィックデザインはチラシやポスターといった紙媒体の印刷物のデザインのことを指します。

Webデザインの流れって?

Webデザインの一般的な流れは、以下のような順番になることが多いです。

  • 企画
  • デザイン
  • コーディング
  • 公開

それぞれについて詳しく紹介していきます。

企画

企画の工程では、主に次のような流れとなります。

  • ヒアリング
  • 調査
  • 分析
  • 設計

ヒアリング

クライアントと打ち合わせを実施し、デザインするWebサイトの「コンセプト」「制作の期間」「目的」「想定するターゲット層」といった内容についてのすり合わせを行います。

その際、問題点や改善点などをクライアントへ提示することもあります。

調査

「想定するターゲット層」をもとに、目的やゴールを達成するためにどういったコミュニケーションをするべきなのかの調査を行います。

調査内容の例としては、次のような内容があげられます。

  • 店頭POPや新聞、業界紙や雑誌といったオフラインの施策
  • SNSや検索エンジン、広告といったオンラインで行える施策
  • トレンドや業界や業種の動向、ベンチマークに設定している競合の施策

以上のような内容だけでなく、可能な範囲で様々な情報の調査を行いましょう。

分析

集めた情報を分析し、目的やゴールを達成するために最適なコミュニケーションを選びましょう。

設計

設定した「コンセプト」「制作の期間」「目的」「想定するターゲット層」「調査結果」をもとに、Webサイトの設計を行います。

デザイン

クライアントと打ち合わせを実施し、デザインするWebサイトの構成がまとまったら、実際のデザイン内容の可視化を行っていきます。

デザインの工程では、初めにワイヤーフレームの作成を行い、サイトイメージの「見える化」を行います。

ワイヤーフレームとは、Webページのコンテンツの配置やレイアウトを定めた完成イメージのことで、いわゆる「Webページの設計図」のことを指します。

ワイヤーフレームを作成することにより、全体的なイメージや方向性といった内容を複数人で把握する目的で作成されます。

これにより、クライアントと認識の差異をゼロに近くすることができるのです。

ワイヤーフレームの修正が終わるとデザインカンプの作成を行います。

デザインカンプとは、Webサイトの完成図のことで、ワイヤーフレームに画像や色指定を具体的に行なったもののことを指します。

デザインカンプの作成は、主に「Illustrator」や「 Photoshop」で行われます。

コーディング

作成したデザインカンプで確認が取れたら、「CSS」や「HTML」を用いたコーディングを行います。

コーディングとは、プログラミングを実施する工程のひとつです。

「ソースコードを書き込む」作業のこと文字や画像、音声などのデータをコードに置き換えて符号化し、文章の記述をすることを指します。

公開

最後に、いよいよ作成したWebサイトの完成品を公開となります。

ここまでの全ての工程を単独のWebデザイナーだけで行うとは限りません。

企画やクライアントとの打ち合わせは営業の人材が担当する場合もあります。

また、ワイヤーフレームやデザインカンプの作成のみをWebデザイナーが行い、専門のコーダーにコーディングを依頼する場合もあります。

Webデザイナーの仕事内容とは?

Webデザイナーの主な仕事は、Webサイトのデザインの設計を行い、「CSS」「HTML」「JavaScript」などを使って実装することです。

企業や個人から依頼を受けて、クライアントの希望するデザインのWebサイトの作成を

行います。

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの平均年収は約386万円です。

年代別の平均年収は次の通りです。

年代平均年収
20代373万円
30代404万円
40代454万円

参考:Webデザイナーの平均年収は?収入をアップさせるポイントを解説 | マイナビクリエイター

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーにはどのような働き方があるのでしょうか。

主な5つについて紹介します。

制作会社で働く

制作会社に所属し、クライアントからの依頼により他社のWebサイトのデザインを行う働き方です。

クライアントの業種に沿った様々な種類のWebサイトの制作に関わることとなるため、自分のスキルの幅を広げることができるでしょう。

そのため、短期間で色々な経験を得たいと考えている場合には良い環境と言えるでしょう。

コーディングもしつつWebデザイナーとして働く

デザインツールを活用した制作のみではなく、「CSS」や「HTML」を使用したコーディングも行うWebデザイナーとしての働き方です。

デザインだけでなく、コーディングまで対応可能なWebデザイナーの数は多くないため市場価値が高く、独立をする際や転職をする際に有利に働きます。

また、自身でコーディングを行えることから、後にコーディングが行いやすいようなレイアウト設計の提案を行うことができます。

社内Webデザイナーとして働く

所属する会社のWebサイトの制作をするWebデザイナーとしての働き方です。

社内Webデザイナーとして働く場合は、自社Webサイトの構築や運営を行う部署に所属して働くこととなります。

Webサイト作成の発注は、基本的には社内からとなるため詳細な打ち合わせのしやすい環境と言えます。

また、スケジュールや納期も自社で管理するため、他と比べて負荷の低い働き方と言えるでしょう。

広告代理店で働く

広告代理店にWebデザインの担当として所属して、クライアントからの依頼により他社のWebサイトのデザインを行う働き方です。

基本的な働き方は制作会社に所属して働く場合と同じですが、広告代理店ではランディングページや広告バナーの作成が依頼の中心となります。

そのため、制作会社に所属する場合と比べ、Webサイトの全体デザインを担当することはあまり多くありません。

フリーランスとして働く

企業に所属せずに、フリーランスとして個人でWebデザインの仕事をする働き方です。

フリーランスは、働く時間や場所を自分の自由に決められるため、地方に住んでいる場合や家事・育児で家を空けることが難しい方におすすめの働き方です。

ただし、実績がほとんどない状態でフリーランスとなると、クライアントが依頼可能な仕事内容を判断することができなくなるため、仕事の依頼量は少なくなってしまいます。

そのため、フリーランスで働く場合は仕事を得るための手段や実績を持っていることが最低限必要となります。

独立前に実務経験を得る場合は、他社の様々な種類のWebデザインに関わることができることから、制作会社に所属することをおすすめします。

また、クラウドソーシングを活用することで、数多くの案件をこなし、実績と経験を得るのも良いでしょう。

Webデザイナーは未経験でもなれる?

Webデザイナーとなるために必須な資格はないため、未経験でも働くことはできます。

ただし、「CSS」「HTML」に関する基礎的な知識やスキルは必要となるため、ゼロからすぐにWebデザイナーとして働くことはできません。

Webデザイナーに必要な資格は?

Webデザイナーとなるために必要となる資格は特にありません。

しかし、取得しておくことで強みとなり、仕事の幅を広げられるものもあります。

Webデザイナーにおすすめの資格 3選

Webデザイナーにおすすめの資格について3つ紹介します。

ウェブデザイン技能検定(国家資格)

Webサイトを作成するために必要となるシステム構築やWebデザインの知識や技能、実務能力が求められる国家資格です。

Web業界で唯一の国家資格のため、有資格者であるだけでWebサイト作成のスキルや知識を有していることの証明となります。

公式HP:ウェブデザイン技能検定

Webクリエイター能力認定試験

ビジネスシーンで活躍する資格や検定を発行している「サーティファイ」が運営している民間資格試験です。

Webサイト作成におけるデザイン力やコーディング力など、Webデザイナーとして働く上で有用なスキルを身につけているかどうかを認定してくれます。

公式HP:Webクリエイター能力認定試験|資格検定のサーティファイ

HTML5プロフェッショナル認定資格

Web業界で必要とされている知識を体系的にまとめた民間資格試験です。

名称からHTML5の試験と思われがちですが、「CSS3」や「JavaScript」に関する知識も試験されます。

公式HP:HTML5プロフェッショナル認定試験

Webデザイナーに必要なスキルは?

Webデザイナーとして働く上で必要なスキルについて紹介します。

プログラミングスキル

Webサイト作成の際のコーディングにおいてプログラミングスキルが求められます。

専門のコーダーに依頼することもできますが、スキルがあると仕事の幅も広がるため、できる限り身につけるようにしましょう。

グラフィックデザインスキル

Webデザインのスキルはもちろん大切ですが、Webサイトで利用するグラフィックのデザインスキルを身につけることも大切です。

UI/UXについての知識

UI(User Interface)とは、使いやすいかどうか、UX(User Experience)とは、ユーザーの体験を指します。

クライアントがイメージしているWebデザインの実現を意識することが大切です。

それだけでなく、作成したWebページを利用するユーザーが使いやすいかどうかも意識しなければなりません。

この2つを両立させるために、UI/UXに関する知識が必要となるのです。

使用するツールに適応するスキル

Webデザインでは、デザインカンプの作成にIllustratorやPhotoshopを、コーディング時のソースコードを書くためにテキストエディタと様々なツールを使用します。

そのため、最低でもIllustratorやPhotoshopの基本操作など、必要となるツールの操作スキルは持っておきましょう。

マーケティングに関する知識

自分のデザインが、ユーザーに対してどういった影響を与えるのかを把握するためには、マーケティングに関する知識が必要となります。

クライアントや世間がどのようなものを求めているのかを分析し、要望や傾向にいかにマッチした仕事ができるかを考えられるようになるのです。

SEO対策についての知識

SEOとは、検索エンジン最適化のことを指します。正しくSEO対策を行うことで、上位の検索結果にWebサイトが表示されることになります。

SEO対策についての知識を有していることで、Webデザインの際にSEOを意識したデザインをすることができるのです。

Webデザインの始め方や勉強方法は?

Webデザインの始め方や勉強方法について紹介します。

Web制作で必要な環境を整える

Webデザインを始めるにあたって、まずはWeb制作に必要な環境の整備を行いましょう。

パソコンやインターネットの環境を整える

Webデザインの作業は、基本的にパソコンを利用して行います。

そのため、最低限以下で紹介するソフトウェアがスムーズに動かすことができるパソコンとインターネット環境が必要です。

Webデザインに必要な各種ソフトウェアを用意する

Webデザインでは、Webデザインツールやテキストエディタ、場合によってはレンタルサーバーなどが必要になります。

また、クライアントによっては、Webデザインの際に専用の開発環境や独自のフレームワークが用意されている場合があります。

臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

勉強方法を決める

どのような勉強方法を選択するかを決めましょう。

本や書籍を使って学ぶ

Webデザインに関する本や書籍を使って学ぶ方法です。

自分のペースで行うことができ、隙間時間を利用して勉強できる点がメリットです。

ただし、独学で行う場合は、わからない点を自分で調べて解決することになるため、挫折しやすい点に注意しましょう。

学習サイトや動画などのインターネットを駆使して学ぶ

インターネット上にある学習サイトやYouTubeなどの動画サイトを活用して学習する方法です。

こういった方法はスマホひとつで学習を始められ、無料で活用できるものも多く、隙間時間など自分のライフスタイルに合わせて行うことができる点がメリットです。

Webデザインのスクールに通って学ぶ

スクールに通ってWebデザインを学ぶ方法は、先述した2つの方法と比べて学習に必要となる費用は高額になってしまいます。

しかし、学習内容でわからない点を講師に質問できることや、同じスクールでWebデザインを学ぶ仲間を得られれば、モチベーションを保ちやすいでしょう。

勉強の手順とは?

Webデザインの勉強手順について主な流れを紹介します。

手順1:HTMLとCSSを学ぶ

「HTML」や「CSS」は、コーディングの際に必要となります。

クライアントによっては独自の環境が用意されている場合がありますが、まずは基本言語となるこの2つについて学びましょう。

手順2:IllustratorとPhotoshopを学ぶ

「Illustrator」や「Photoshop」は、ワイヤーフレームやデザインカンプを作成する際に必要となります。

基本的な使い方はマスターできるようにしておきましょう。

手順3:デザインの理論を学ぶ

デザインを生業としたい場合は、デザインの理論を学習することが大切です。

デザインには、基本的なルールがいくつかあります。

配色や配置を基礎的な理論を学んだ上で、デザインのセンスを習得しましょう。

手順4:実際にWebサイトを制作してみる

ここまでに身につけたスキルや知識を活かして、実際にWebサイトの制作を行います。

わからないことはその都度調べながら進めていき、学習と実践を繰り返して行うことにより必要なスキルを身につけましょう。

手順5:Webマーケティング・ライティングを学ぶ

Wbeデザインにおいて、「多くの人に閲覧されるサイト作成」はとても大切な要素です。

そのため、ある程度実践を繰り返してWebサイトの作成に慣れたら、マーケティングやライティングについて学びましょう。

手順6:Webデザインの仕事を見つけてみる

Webデザインの基礎が固まったら、知り合いからの紹介やクラウドソーシングを利用して、ライトなWebデザイン案件の受注をしてみましょう。

ライトな案件でも数が増えてくれば大きな実績になるので、積極的に探して経験を積むと良いです。

Webデザイナーに必要なツール3選

Webデザイナーに必要なツールとして、以下3つが挙げられます。

Photoshop

Photoshopは、写真や画像の加工に使用される業界標準のソフトウェアです。

多機能性があり、レイヤーの操作やフィルター、エフェクトの適用が可能です。

具体例として、色調補正やリタッチ、背景の削除などが挙げられます。

また、デジタルペイントやアートワークの制作も可能です。

そのため、グラフィックデザイナーやフォトグラファーなどの専門家だけでなく、個人レベルでの利用者も多いです。

Illustrator

Illustratorは、イラストの作成に用いられるベクターグラフィックスソフトウェアです。

これにより、ピクセルによる解像度の制限を受けず、拡大縮小しても鮮明な画像が得られます。

ロゴデザインやイラスト制作、ウェブデザインにおけるアイコン制作などに適しています。

また、テキストや図形の操作も可能で、パンフレットやポスターの制作にも使用できます。

Canva

Canvaは、グラフィックデザインの無料ツールです。

利用者がテンプレートや要素を選択し、ドラッグアンドドロップで編集できる簡単なインターフェースが特徴です。

社会的なグラフィックやフライヤー、インフォグラフィック、ポスターの作成に適しています。

また、無料プランで多くの機能が利用可能ですが、プレミアムプランでは、さらに豊富な素材や機能が利用できます。

Webデザイナーは独学でもできるのか

Webデザイナーは独学でも十分になれる職業です。

オンライン上には、無料で学ぶことができる教材やチュートリアルが豊富にあります。

また、デザインの基本原則やウェブデザイン特有の知識をつけることが重要です。独学を通じてスキルを磨けば、独立してフリーランスや個人事業主として活動することも可能です。

独学には、以下のメリットがあります。

  • 自分のペースで学ぶことができ、時間や場所の制約が少ない
  • 費用を抑えられる
  • 自己学習能力や問題解決能力を身につけることができる
  • 自分の興味や目的に合わせて学習内容を選べる

独学によって、効率的に学び、スキルを磨くことができます。

独学するデメリット

独学で学習するデメリットには、解決できない問題に直面したときに助けを求める相手がいないことが挙げられます。

また、学習効率が低下しやすく、学習カリキュラムの作成が困難であることも大きなデメリットです。

さらに、自分のスキルを客観的に評価することが難しく、独学では気づかない課題が生じる可能性もあります。

そのため、自己学習のデメリットを克服する方法やサポートを受けられる環境の構築が重要です。

独学で習得するのにかかる時間はどのくらい?

Web制作の基礎を独学で学び、自分でサイトを作れるレベルに達するまでにかかる時間は個人差があります。

まとめて学習すれば短くて3~4ヶ月で習得可能ですが、毎日短時間ずつ学び続ける場合、習得には約1年かかることが一般的です。

Webデザインを独学で習得するためのポイント

Webデザインを独学で習得するためには、まず目的と目標を明確にし、計画を立てます。

次に、始めは既存のテキストやネットのサンプルコードをコピペして試し、後からその内容について理解を深めていくことが重要です。

そして、練習を重ねることで、スキルが段階的に身についていくでしょう。

Webデザインの勉強で挫折しそうになったら

Webデザインの勉強で挫折しそうになったら、まず自分自身を励まし、自分に適した学習法を見つけることが大切です。

また、周りにサポートしてもらえる環境を作り、学習のモチベーションを維持することも重要です。

相談できる仲間を作る

学びながら相談できる仲間を作る方法として、SNSやコミュニティサイトを利用して繋がりを作り、一緒に学び支え合う環境を作りましょう。

また、スクールに通うことで、同じ目標に向かっている仲間との交流が可能となり、相談できる仲間が増えるでしょう。

Webデザイナーのキャリアの積み方って?

Webデザイナーのキャリアを積むためには、まず経験を増やし、自己理解を深めることが重要です。

具体的には、Webデザインの経験を増やし、得意なデザインの分野を理解することから始めましょう。

手順1:Webデザインの経験を増やす

Webデザインの経験を増やすためには、実務経験を積むことが大切です。

企業への就職やアルバイト、インターンシップなど、さまざまな形で経験を積んでスキルアップを図りましょう。

例えば、Webデザインができる企業に正社員として就職することがおすすめです。勤続年数が長いほど任される仕事も増えていくため、キャリアがより充実します。アルバイトや派遣として実務経験を獲得し、別会社へ就職するのも一つの方法です。

Webデザインができる企業に入る

Webデザインの経験を得るためには、2つの方法があります。

まずは、正社員として雇用されてスキルを磨く場合です。この場合は、勤続年数が長いほどさまざまな技術に触れることが可能です。

次にアルバイトや派遣として入社して、スキルを獲得してから別会社に就職する場合があります。

Webデザインができる会社とは?5種類を紹介

Webデザインができる会社には、以下の5種類があります。

  • Web制作会社
  • 広告代理店
  • グラフィック・紙媒体専門の制作会社
  • ECサイトコンサル・制作会社
  • 一般企業のWeb制作担当

これらの会社で経験を積むことが、キャリアを築くための第一歩です。

手順2:自分自身の得意なデザインの分野を理解する

さまざまなプロジェクトに関わり、自分自身の得意なデザインの分野を理解することで、キャリアをより明確化できます。

得意な分野を活かし、スキルアップや専門性を高めることが、将来的に大きな差別化となるでしょう。

手順3:強みを武器にしてフリーランスとして独立する

フリーランスとして独立する際には、持ち前の強みを活かすことが重要です。

まずは自分のスキルを確実に把握しましょう。

次に、ニーズが高い分野であれば競合他社との差別化が図れるスキルを身に付けることが大切です。

例えば、データ解析やSEO対策など関連分野で高度な知識を持っていれば、多くのクライアントが興味を持つでしょう。

同様に、プログラミング言語やデザインツールの専門性を磨けば、専門性が高い案件を獲得しやすくなります。

また、強みを活かすためには、集客方法にも工夫が必要です。

SNSやブログを活用して自分のスキルをアピールしながら、多くの人に知ってもらったり、効果的なネットワークを築いたりしましょう。

最後に、信頼を築くためには納期厳守や誠意ある対応が欠かせません。

顧客の要望を丁寧に聞き、高品質なサービスを提供することでリピートや紹介での依頼が増え、安定したフリーランスの生活が送れるでしょう。

Webデザイナーの将来性は?

Webデザイナーの将来性は非常に明るいと言えます。

これは、インターネットへのアクセスが年々増加していることや、企業がデジタルマーケティングに力を入れる傾向にあるからです。

また、ECサイトやアプリケーションが増えることで、専門性が求められるWebデザイナーへの需要が高まっています。

特に、モバイルファーストやUX/UIデザインなど最新のトレンドに対応できる技術者は各企業から高い評価を受け、継続的な案件が期待できるでしょう。

Webデザイナーにとって重要なのは、最新技術をキャッチアップしながら、自身のスキルを磨いていくことです。

これにより、競争力を保ち続け、安定したキャリアパスが築けるようになります。

まとめ

フリーランスとして独立し、Webデザイナーの将来性を活かすためには、自分の強みを武器にして専門性を高めることが大切です。

スキルを磨きながら、効果的な集客方法や信頼を築くための対応も重要です。

この記事を読んで、Webデザインについて参考にしてください。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる