プログラミング

プログラミングの独学から副業を始める方法は?勉強法と稼ぐコツを解説

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

本業があるけどプログラミングの独学から始めて副業をしてみようか、と考えてはいませんか?
副業を始めるにあたって様々な不安や疑問が多いと思います。

本記事では、プログラミングの独学から副業を始める方法や勉強方法、稼ぐコツを詳しく解説します。

少しでも持っている不安や疑問を払拭するために、是非、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングの独学を始めるための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

プログラミングの独学から副業することが難しい理由とは

プログラミングを副業として始めようとする際、多くの挑戦があります。
本業を持つ中での時間の確保、技術の習得、そして市場での立ち位置の確保など、成功への道は一筋縄ではいきません。

独学でプログラミングスキルを身につける過程は、経験やリソースの不足が壁となることが多く、様々な障壁が副業としてのプログラミングをより難しいものにしています。

本項では、プログラミングの独学から副業することが難しい理由を以下にまとめましたので、詳しく見ていきましょう。

  1. スキルの習得に時間がかかる
  2. 基礎のプログラミングスキルの案件が少ない
  3. チーム開発を求められることが多い

プログラミングの独学から副業が難しい理由をより詳しく知りたい人は、「プログラミングの副業が稼げない、やめとけと言われる理由と現実を解説」の記事も参考にしてみてください。

スキルの習得に時間がかかる

プログラミングスキルを習得するには、多大な時間と努力が必要です。

特に独学の場合、いかなる技術を学ぶべきか、どのように効率よく学べるかの判断が難しく、時間の無駄遣いにつながることもあります。
また、技術の進化が早い分野であるため、常に最新の知識を追い続ける必要があり、さらに学習にかかる時間を増やす一因となっています。

下記に代表的な初心者におすすめのプログラミング言語の基本的なスキルの習得期間についてまとめましたので、参考にしてみてください。

  • HTML/CSS
    Web開発の基礎となるHTMLとCSSは比較的学びやすい技術です。
    基本的な知識を習得するのに通常は数週間から1ヶ月ほどかかります
    ただし、高度なレスポンシブデザインやアニメーションを扱う能力を身に付けるには、さらに数ヶ月の学習が必要です。
  • JavaScript
    動的なウェブサイトを作成するためのスクリプト言語で、基本的な機能を理解するのに通常3ヶ月程度が必要です。
    しかし、フレームワーク(React、Angular、Vue.jsなど)を含めた実践的な応用能力を高めるには、さらに追加の数ヶ月から1年が必要になることもあります。
  • Python
    初心者にとって比較的学びやすい言語でありながら、強力な機能を持っています。
    基礎を固めるには約3ヶ月、実際のプロジェクトに適用するレベルまで到達するには追加で数ヶ月が必要です。
    特にデータ分析や機械学習などの特定の領域での専門技術を身に付けるには、さらに時間が必要です。

プログラミングスキルを習得するまでの時間について詳しく知りたい人は、「初心者がプログラミング習得までの勉強時間は?独学や学習継続のコツを解説」の記事も参考にしてみてください。

基礎のプログラミングスキルの案件が少ない

市場において基礎レベルのプログラミングスキルだけで対応可能な案件は、意外と少ないのが現実です。

多くのクライアントは、コストパフォーマンスを重視し、一定以上のスキルを持つプロフェッショナルを求めます。
従って、未経験者が参入しやすい案件は競争も激しく、副業として安定した収入を得るには、スキルセットを広げていく必要があります。

チーム開発を求められることが多い

現代のプログラミング案件の多くは、チームでの開発を前提としています。

チームでの開発を前提としている理由は、プロジェクトの複雑さが一人で管理し切れない場合や、様々な専門技術を組み合わせる必要があるためです。
独学でプログラミングを学んだ人にとって、チームで働くことの準備や、コミュニケーションのスキルも同時に要求されるため、チーム開発が新たなハードルとなるので注意が必要です。

プログラミングの独学からの副業を成功させる学習手順とは

プログラミングの独学から副業を成功させるには、効率的な学習手順を設計することが非常に重要です。
本項では、副業としてのプログラミングにおいて収益を上げるためのステップバイステップのアプローチを解説します。

  1. 習得するプログラミング言語を決定する
  2. プログラミング言語の基礎学習をする
  3. 既存のWebサイトを参考に実際に開発してみる
  4. ポートフォリオの作成でスキルを証明する
  5. 常にスキルアップを目指す
  6. 案件を受注して経験を積む

習得するプログラミング言語を決定する

最初のステップは、数多くのプログラミング言語の中からいかなるプログラミング言語を学ぶかを決めることです。

Web制作やWeb開発関連の言語は、独学からでも比較的稼ぎやすいためおすすめです。
未経験で始める場合は、HTML、CSS、JavaScriptの基本から始め、徐々にPythonやPHPなどのサーバーサイドの言語も学ぶと良いでしょう。
以下の表に、独学でおすすめのプログラミング言語を紹介しますので、学習するプログラミング言語を決定する際の参考にしてみてください。

言語適用分野初心者の学習難易度
HTML/CSSWebデザイン
JavaScriptフロントエンド開発
Python汎用、データサイエンス
PHPサーバーサイド

プログラミングの独学におすすめのプログラミング言語について詳しく知りたい人は、「初心者のプログラミング独学におすすめの言語10選!選び方や始め方を解説」の記事も参考にしてみてください。

プログラミング言語の基礎学習をする

次に、選んだプログラミング言語の基礎を固めるための学習を始めましょう。
学習教材としては、書籍、オンラインチュートリアル、アプリ、YouTube動画などがあります。それぞれの学習スタイルに合わせて最適な教材を選ぶことが重要です。
以下の表に、各種学習教材を紹介します。

教材の種類利点
書籍体系的な知識が得られる
学習サイト実践的な演習が多い
アプリ隙間時間を活用できる
YouTube視覚的に学べる

上記で紹介した学習教材を併用することによって、効率的に学習を進めることができるでしょう。
さらに、それぞれの内容を組み合わせることで、より多くの知識を得ることができます。

既存のWebサイトを参考に実際に開発してみる

基礎が固まったら、実際のWebサイトを参考にしてプロジェクトを始めましょう。

実際の開発する段階で重要なのは、実際のサイトを解析し、自分で一から構築してみることです。最初はコードを真似ていくのでも問題ありません。
開発のプロセスを通じて、理論だけではなく実践的な問題解決能力を養うことができます。

開発時には、レスポンシブデザインの適用、ユーザーインターフェースの改善など、具体的な技術応用を心がけましょう。

ポートフォリオの作成でスキルを証明する

ポートフォリオは、プログラミングスキルを具体的に示すための最も効果的なツールの一つです。

ポートフォリオを通じて、潜在的なクライアントや雇用主に対して自分の技術力やプロジェクトへの取り組み方を見せることができます。
ポートフォリオ作成の際は、自分の技術範囲と特化分野を明確にし、各プロジェクトに対する簡潔な説明と成果を添えることが重要です。
また、デザインの一貫性を保ち、ユーザーフレンドリーなインターフェースを心がけることで、訪れた人に良い印象を与えることができます。

下記に作成時のポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

  1. 明確な目的の設定
    ポートフォリオを作成する目的を明確に定めます。
    就職、フリーランスの仕事獲得、あるいは特定のスキルの見せ方に注力するかなど、目的に応じて内容を調整します。
  2. プロジェクトの選定
    最も技術力が高く、成果が顕著なプロジェクトを選びます。
    多すぎず少なすぎない、代表的なプロジェクト3〜5件が理想的です。
  3. 詳細なプロジェクト説明
    各プロジェクトについて、使用した技術、担当した役割、プロジェクトの目的、そして、達成した成果を具体的に記述します。
    プロジェクトの背景や課題、解決策に至るプロセスも含めると良いでしょう。
  4. ビジュアルの活用
    ウェブサイトやアプリケーションのスクリーンショット、図表、ビデオなどを用いて視覚的に魅力的なポートフォリオにします。
    ビジュアルはプロジェクトの理解を助け、印象を強化します。
  5. 継続的な更新と維持
    新しいスキルやプロジェクトが加わるごとにポートフォリオを更新します。
    技術は常に進化しているため、ポートフォリオも現代のトレンドに合わせて進化させることが重要です。

常にスキルアップを目指す

テクノロジーの進化は速く、プログラミングの世界では常に新しいツールや言語が登場しています。

IT情報やテクノロジーは常に進歩しているため、学び続けることは、技術者としての市場価値を維持し、競争力を高めるために不可欠です。
スキルアップすることで、より高度なプロジェクトに挑戦できるようになり、収入の増加やキャリアの可能性を広げることができます。

オンラインコースの受講や業界カンファレンスへの参加などで最新技術の習得をすることができるので、積極的に活用していきましょう。

案件を受注して経験を積む

副業としてのプログラミングで成功を収めるためには、実際に案件を受注して経験を積むことが必要です。

初めは小さな案件から始め、徐々に規模の大きなプロジェクトに挑戦していくことが望ましいです。
案件を受注する際には、リアルな納期の設定、クライアントとの明確なコミュニケーション、契約内容の確実な理解が重要になります。
また、経験を積むことで得られるフィードバックを活かし、次のプロジェクトに向けての改善点を見つけ、スキルアップに繋げていきましょう。

案件受注の方法としては、以下の方法があります。

  1. クラウドソーシングサイトで案件を受注する
  2. 自分でWebサービスやアプリケーション開発をする
  3. 友人や知り合いといったコミュニティから案件を受ける
  4. プログラミングを教える講師として収入を得る
  5. エージェントから案件を紹介してもらう

プログラミングの独学から会社員でも副業で稼ぐことはできる?

多くの会社員が副業を考える際、プログラミングは魅力的な選択肢の一つです。

プログラミングスキルは、独学でも十分に身につけることが可能で、フレキシブルに仕事を進められるため、本業との両立がしやすいという特長があります。
実際に多くのプログラマーが副業として独立したプロジェクトに取り組んでおり、技術力に応じた適切な報酬を得ています。

法律的に副業することはできる

日本の法律下では、副業を禁止する条項は特に存在しませんが、実際に副業を行う際には、所属する企業の規則を確認する必要があります

多くの企業では副業に対して制限を設けている場合があるため、事前に人事部門への相談や、副業に関する社内規定のチェックが必要です。
適切な手続きを踏み、明確な了解を得ることで、法的な問題を避けながら副業を行うことが可能です。

会社員で副業する際の注意

会社員として副業を行う場合、本業に影響を与えないことが最も重要です。

副業での疲労が本業のパフォーマンス低下を招かないよう、時間管理を徹底し、適切なワークライフバランスを保つ必要があります。
また、副業によって得た収入は所得税の申告が必要になる場合があるため、税務の知識もあらかじめ身につけておくと良いでしょう。
さらに、情報保持義務や機密保持契約にも留意し、本業の情報を副業で利用しないよう厳格に管理することが求められます。

プログラミングの独学からの副業で稼ぐコツとは

プログラミングのスキルを独学で身につけた後、副業としての収入を得るにはいくつかの戦略が必要です。
実績を築きながら信頼を得ることが、持続可能な副業への鍵となります。

以下に、副業で稼ぐための具体的なコツを解説します。

  1. 始めは「稼ぐ」より「実績を積む」
  2. 小さな案件からコツコツ取り組む
  3. スケジュール管理を徹底する
  4. クライアントへの報連相は綿密に
  5. コミュニティを広げて情報収集をする

始めは「稼ぐ」より「実績を積む」

副業としてプログラミングで収入を得る前に、まずは実績を積むことが重要です。

初期段階で実績を積むことで、将来的な高額案件の獲得やリピーターの獲得につながります。
実績を積むことは、自身のスキルを市場に示し、信頼を築くための基盤となります。

初期のプロジェクトでは、収入よりも経験を優先し、ポートフォリオや推薦の声を集めることに注力しましょう

小さな案件からコツコツ取り組む

副業でのプログラミングでは、大きな案件に飛び込む前に、小さな案件から始めることが賢明です。

小規模なプロジェクトを通じて、実務経験を積み、自己の能力を徐々に拡張していくことができます。
小さな案件から始める際は、納期管理を徹底し、クライアントとのコミュニケーションを密に取ることが成功のポイントです。

また、先述したような初期の案件は、将来的な大きなプロジェクトのための実践的なトレーニングと考え、品質管理にも力を入れるべきです

スケジュール管理を徹底する

副業で成功を収めるためには、スケジュール管理の徹底が非常に重要です。

特に本業を持つ場合、効率的に時間を使うことが求められます。
スケジュールをしっかり管理することで、副業と本業の両立が可能になり、過労を防ぎながら生産性を保つことができます。

具体的には、デジタルツール(Googleカレンダーなど)を活用して、仕事の期限やミーティングの時間を明確にし、毎日のタスクを計画的に消化していくことが効果的です。

クライアントへの報連相は綿密に

クライアントとの良好な関係を築くためには、報告、連絡、相談(報連相)を綿密に行うことが不可欠です。

クライアントへの綿密なコミュニケーションは、信頼関係を強化し、プロジェクトの進行においてクライアントの期待を適切に管理するのに役立ちます。
プロジェクトの進捗を定期的に報告し、問題が発生した場合は速やかに連絡し、必要な相談を適宜行うことで、スムーズなプロジェクト運営が可能になります。

特に決められた納期が守れそうになかったり、開発の際の実装で問題が起きたりした際には早めに連絡を取って、クライアントに状況を伝えるようにしましょう。
早めに連絡を取ることで、クライアントの信頼を得ることができます。

コミュニティを広げて情報収集をする

プログラミングの副業においては、コミュニティを広げての情報収集が極めて重要です。

技術のトレンドや新しいツール、更には副業の機会について学ぶために、オンラインフォーラム、ソーシャルメディアグループ、地域のミートアップに参加すると良いでしょう。
コミュニティの活用は、新しい知識の習得だけでなく、同じ興味を持つ人々とのネットワーキングにもつながります。

ただし、情報の質を確認するために、信頼できる情報源から得ることを心がけ、プライバシーの保護にも注意しましょう

プログラミングの独学に挫折しそうならプログラミングスクールを検討

プログラミングの独学は自由度が高い一方で、道筋が見えにくく挫折しやすい側面もあります。

もし、独学での学習に行き詰まりを感じたら、プログラミングスクールの利用を検討することが一つの解決策となります。
スクールでは、カリキュラムが整備されており、専門の講師から直接指導を受けることができます。
また、同じ目標を持つ仲間がいることでモチベーションの維持にもつながります。
さらに、実践的なプロジェクトを通じて、即戦力となるスキルを身につけることが可能です。

プログラミングスクールは多様な形式で提供されており、オンラインで参加できるものから、実際に教室に通うタイプまでありますので、ライフスタイルに合った学習方法を選べるでしょう。
検討する際は複数のスクールの情報を収集して、自分に合ったものを選びましょう。

おすすめのプログラミングスクールについて詳しく知りたい人は、「おすすめのプログラミングスクール26社を比較!選び方や闇についても徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

まとめ

プログラミングの独学から副業を始めることは、挑戦とチャンスが満載です。

本記事を通じて、スキルの基礎から実践的なアプローチまで、効果的な学習方法と副業での成功戦略をご紹介しました。
本業とのバランスを保ちつつ、プログラミングの世界で新たな収入源を確立することは十分可能です。
また、継続的な学習と実践を重ねることで、プログラミングスキルは確実に副業としての価値を増していきます。

今日から始める小さな一歩が、将来的に大きな成果へと繋がるでしょう。

プログラミングの独学から副業をしたい人向けFAQ

本項では、プログラミングを独学で学んで副業を始めたいと考える人向けのFAQに答えていきます。
ぜひ、参考にして、プログラミングの副業の道をスムーズに進めましょう。

プログラマーは副業できますか?

プログラマーとして副業をすることは可能です。

実際に、フリーランスのプラットフォームや個人のネットワークを利用して、様々なプロジェクトに参加することができます。
ただし、副業を始める前には勤務先の規定を確認し、副業が許可されているかどうかを確認する必要があります
また、副業による収入がある場合、税金の申告も必要になるため、税務関連の情報も事前に理解しておくことが重要です。

プログラミングのスキルを活かして副業を行うことで、追加収入を得るだけでなく、様々なプロジェクトを通じて更に多くの経験とスキルを積むことが可能です。

プログラミングで稼げる職業は?

プログラミングスキルは多くの職種において高く評価され、特に以下のような職種で高い収入を得ることが可能です。

以下の表では、プログラミングで稼げる職業とそれぞれの職種における平均単価相場を示しています。
年収は地域や経験年数、さらには企業の規模によって異なるため、示された数値は一般的な目安としてご参照ください。

職種説明平均単価相場
(月単位またはプロジェクト単位)
ソフトウェアエンジニアシステムやアプリケーションの開発を行う。約400,000円〜800,000円
フロントエンド開発者Webサイトのユーザーインターフェースの設計と実装を担当。約320,000円〜720,000円
バックエンド開発者サーバー、アプリケーション、データベースの管理と連携を担当。約480,000円〜880,000円
フルスタック開発者フロントエンドとバックエンドの両方のスキルを持ち、全体的な開発を行う。約560,000円〜960,000円
データサイエンティストデータ分析や機械学習の技術を使い、ビジネスインサイトを提供する。約640,000円〜1,120,000円

上記の表に示された職種は、技術的なスキルだけでなく、プロジェクト管理能力やチームでのコミュニケーションスキルも求められることが多いため、関連する資格や継続的な学習が収入アップにつながります。
また、安定した単価金額を保証されているわけではないため、仕事の量に応じて収入が変動することを理解しておくことが重要です。

プログラマーはいくら稼げますか?

プログラマーの収入は経験やスキル、勤務地によって大きく異なりますが、一般的な年代別の平均収入は以下のようになります。

年代平均年収
20代約400万円
30代約600万円
40代約800万円
50代約1000万円

あくまで一般的なデータであり、特定の技術や業界によっては上記で紹介した金額よりも高い収入が見込める場合があります。

なぜプログラミングで挫折するのか?

プログラミング学習で挫折する主な理由は、目標の設定が曖昧であること学習リソースが適切でないこと継続的なモチベーションの維持が困難であることなどが挙げられます。

は特に、難易度が高い問題に直面した際に解決策が見つからず、フラストレーションを感じやすいです。
また、具体的な学習計画がなく、適切なサポート体制が整っていない場合も挫折の原因となります。

効果的な学習のためには、明確な目標設定、適切な学習教材の選定、定期的な進捗確認が必要です。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる