プログラミングスクール

30代におすすめのプログラミングスクール9選!未経験でも確実に転職できる!

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

IT業界の人材不足は深刻な問題を抱えています。現在、ITエンジニアは売り手市場にあり、心機一転、エンジニアに転職しようと思っている未経験の方々も多くいることでしょう。

しかし、自分は30代という年齢だし……。

年齢的にエンジニアに転職することは難しいのでは……と考えることはないでしょうか。

結論を言えば、30代未経験でも、IT業界に転職は可能です。

プログラミングスクールでプログラミングスキルを学ぶことで、転職を確実なものにすることができます。

本記事では、

  • 30代未経験がITエンジニアに転職することは難しい現実がある?
  • 30代でも転職に成功できる人たちはいる
  • 30代未経験でもエンジニアになれる理由
  • おすすめのプログラミング言語とは
  • 30代がプログラミングを学ぶ方法
  • 30代未経験がエンジニアを目指すのに必要なスキル
  • 30代未経験がプログラミングを学ぶにあたり注意しなければならないポイント
  • 30代のプログラミングスクールの選び方
  • 30代におすすめのプログラミングスクール

について知ることができます。

序期の項目で少しでも気になる30代の未経験の方々はぜひ、ご一読下さい。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミングの仕事を始めるための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

目次
  1. 30代未経験がITエンジニアに転職することは難しい現実がある?
  2. 30代でも転職に成功できる人たちはいる
  3. 30代未経験でもエンジニアになれる理由
  4. おすすめのプログラミング言語とは
  5. 30代がプログラミングを学ぶ方法
  6. 30代未経験がエンジニアを目指すのに必要なスキル
  7. 30代未経験がプログラミングを学ぶにあたり注意しなければならないポイント
  8. 30代のプログラミングスクールの選び方
  9. 30代におすすめのプログラミングスクール
  10. まとめ

30代未経験がITエンジニアに転職することは難しい現実がある?

30代と言えば、ちょうど仕事にも責任をもたされて、やりがいを感じているころではないでしょうか。

しかし、バリバリ軌道にのって、張り切っているビジネスマンがいる一方では、過酷な労働にストレスを感じている方々もいますし、人間関係に悩んでいるという方々もいます。

一刻も早く、現在の状況から逃げ出してしまいたいという方々もいらっしゃるでしょう。

現在の状況から逃げ出してしまいたいという方々にとって転職はまさに救いの道です。転職することで、自分にとって新しい未来が開けるという方々は多いです。

しかし、30代の方々は、20代と比較して転職は難しいのではないか……とどうしても考えてしまうものです。

転職はやっぱり若い人たちの方が有利

ネガティブな回答にどうしてもなってしまうのですが、残念ながら30代の方々よりも20代の方が転職には有利という現実はあります。
30代よりも20代の方が転職に有利である理由は若い人たちの方が長期的に会社での活躍を期待することができるからです。結果として、社内にも、若い人たちに対し優秀な人材をこれから育成しようという意気込みがあります。

30代の方々を教育する場合、教える立場の社員が年下というケースも出てきてしまうため、コミュニケーションがとりづらいという問題も出てきてしまうことでしょう。

また、若い人たちの方がフレキシィブルに対応することができ、30代の方々もまだまだ若いと思っているのかもしれませんが、20代と比較して結構腰が重くなっているものです。

実際にそれはIT分野に限るわけではなく、企業全般について言えることです。

ただし、30代の方々にすでに経験値が存在しているのなら、企業は30代で、すでに経験値が存在している人物に対して即戦力を期待して採用するでしょう。しかし、30代未経験であれば企業では相手にされないケースも多くあります。

しかし、30代未経験の方々が全くITエンジニアに転職できる可能性がないという訳ではありません。大事なのは30代未経験の方々がITエンジニアに転職したいと思えば、正しいステップを踏むことです。

30代でも転職に成功できる人たちはいる

30代未経験でもIT業界に転職に成功したという方々は大勢います。30代未経験で転職に成功した人たちがどのような段取りで転職に成功したのか確認をして、見習うことでより転職成功率を高めることができます。

まず、絶対的に言えるのは30代未経験でIT業界に転職を成功したいと思えば努力を惜しまないことです。

単に、IT企業の面接に挑むというモチベーションだけでは到底、相手にはされません。
回り道になってしまうのかもしれませんが、プログラミングスクールでプログラミングを勉強して企業の面接に挑戦してみてはいかがでしょうか。

プログラミングスクールでプログラミングを学ぶことで、30代未経験の方々にも様々なメリットがもたらされます。面接の担当者も、プログラミングスクールで学んだ努力をきっと評価してくれることでしょう。

しっかりプログラミングスクールでプログラミングを学んでから転職という努力意識を持っている方々であれば30代後半~でも転職に成功できる可能性は充分にあります。

転職サイトなど確認していると、IT業界の転職案件には年齢制限があって、条件をクリアできないということはあります。しかし、様々な制約があったとしても色々探すことで、年齢制限なし、未経験OKでITエンジニアを募集している企業も見つけることが可能です。

結果として、IT業界の分野は、他の業界と比較しても年齢に関係なく転職が可能な分野であるということができます

30代女性もITエンジニアとして頑張っている

ITエンジニアと言えばなんとなく男性がする仕事というイメージを持っている方々が多いようですが、実際に蓋を開ければ業界では女性のエンジニアも頑張って仕事をしています。

ニーズは存在しているため、30代の未経験女性でも努力を惜しまずしている方々の場合は、転職が可能です。

やはり、まず、大事なのはプログラミングスキルを身に着けることです。

女性だってまだまだこれからバリバリ働きたいという方々は多くいらっしゃることでしょう。しかし、スキルがないと次第に相手にされなくなってしまうのも事実です。

将来をたくましく生きていくためには、スキルという武器が必要です。将来をたくましく生きていくための努力は女性の方々も強く意識して行う必要があります。

詳しく知りたい人は、「【女性必見】プログラマーに必要なスキルは?おすすめのスクール5選も紹介」の記事も参考にしてみてください。

30代未経験でもエンジニアになれる理由

30代未経験の方々でも、今後、充分エンジニアを目指すことができます。

充分エンジニアを目指すことができる理由は以下にあります。

  • 人材不足の深刻な問題を抱えている
  • 未経験OKの求人もある
  • 30代は前職の経験値がある
  • 30代未経験でも学ぶことができるプログラミングスクールがある

では、詳しく見ていきましょう。

人材不足の深刻な問題を抱えている

IT業界は、人材不足の深刻な問題を抱えています。ぶっちゃけ猫の手も借りたい状態であるため、30代未経験の方々でも採用したいと思うことでしょう。30代の方々でも充分チャンスは存在していると考えることができます。

IT業界の人材不足は短期的問題でもなく、2030年には約79万人のIT人材が足りなくなるとも言われています。

なぜ、人材不足がおきてしまうのかといえば、もちろんITの人気がないからではありません。IT産業がどんどん拡大する一方で、補給が追い付いてない状態であるからです。

IT分野は、どんどん家庭に普及して当たり前のものになろうとしています。今後もなかなか人材とのバランスは解消することができないでしょう。

IT業界について詳しく知りたい人は、「【初心者必見】ITとは?意味から関連する用語まで詳しく紹介!」の記事も参考にしてみてください。

未経験OKの求人もある

IT業界が人材不足という深刻な問題を抱えているから、未経験OKの求人も数多く見つけることができます。

実際問題、20代よりも30代の方々のハードルが高くなってしまうのは事実なのですが、
20代よりも30代の未経験OKの求人のハードルが高くなってしまう問題は、プログラミングスクールでプログラミングスキルを学ぶことによって解決することができます

ただし未経験という方々は、いきなり即戦力になることは難しいため、報酬であったり条件で妥協しなければならない面はあるので頭に入れておきましょう。

30代は前職の経験値がある

30代で未経験であったとしても、前職で仕事をしていたときに培われた経験値はもっていることでしょう。

あなたが現在もっている経験であったり知識を活かすことができたりすれば、より活躍できる舞台を広げることができます。

例えば、前職で、小売業に務めていたという方々であれば、IT分野においても流通や物流に関してのセクションで、流通や物流に対してのノウハウは有効的に活かすことができます。

既にもっている経験値を評価してもらうことができれば、未経験でIT業界に転職しても、より良いポジションにつくことを期待することができます。

30代未経験でも学ぶことができるプログラミングスクールがある

そして、30代未経験でもIT業界に転職可能なのは、未経験でも学ぶことができるプログラミングスクールが数多く存在しているからです。

プログラミングを学びたいと思っているニーズとともに、プログラミングスクールが次々と誕生しているのも事実です。

30代未経験の方々も、容易にプログラミングスキルを学ぶことができる教室が存在しているから、学ぶことでエンジニアになることができます。

また、プログラミングスクールでプログラミングを学びたいと思っているけど、側にはスクールがないという方々もいらっしゃったでしょう。
最近では、オンラインで学習することができるプログラミングスクールも増えてきているので、地方に住んでいてスクールへ通うことが不可能という方々でもインターネット環境があれば、学ぶことができるようになりました。

それでも、仕事をしている30代の方々がこれから学ぶというのはなかなか大変なことです。スクールへ通うこともタダではありませんので、行くためには費用を貯める必要があります。お金を貯めるための努力も必要ですし。やっぱりエンジニアとして転職するために努力は欠かすことができません。

おすすめのプログラミング言語とは

プログラミング言語は、簡単に言えば人たちが話す言葉のようなものです。人たちは共通した言葉をもってないとコミュニケーションをとることができません。ITでも同じであり、共通のプログラミング言語によってコミュニケーションがとられ、コンピューターに命令を伝えます。

プログラミング言語をまず学びたいと思えば、様々ある言語の特徴を理解して、自分の求めているニーズにマッチしたものを選ぶことが大事です。ただし、未経験の方々からはやっぱり最初どの言語を学んでいいかわからないという声を多く聞きます。

どの言語を学んでいいかわからないときには、

  • Python
  • Java
  • C言語
  • PHP
  • C#

あたりにポイントを絞るといいでしょう。

では、詳しく説明していきます。

また、初心者におすすめのプログラミング言語について詳しく知りたい人は、「初心者におすすめのプログラミング言語人気ランキング10選!」の記事も参考にしてみてください

 Python

「Python」は、人気のプログラミング言語です。
AI開発など幅広い分野で使用されているプログラミング言語なので、今後も需要は充分期待することができます。

また、Pythonは、とてもシンプルな文法なので、わかりやすいコードを書くことができる魅力があります。スッキリした感じなので、初心者の方々も学びやすいと感じることができます。

Pythonについて詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

 Java

次の未経験の方々に学んでほしいプログラミング言語は、「Java」です。

Javaは、Python同様にして汎用性が高く人気のプログラミング言語です。様々な分野で使用されニーズもあります。

Javaのプログラムは、JVM(Java Virtual Machine)という仮想環境上で動作することが特徴です。JVM(Java Virtual Machine)は、ほとんどOS上で動作可能であるため、Javaには高い汎用性があります。

また、プログラム動作も比較的スピーディーなため、処理速度が求められる組み込みシステム開発などにも活用できます

Javaについて詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

C言語

次の未経験の方々におすすめのプログラミング言語は、「C言語」です。

C言語は、高速で無駄のないプログラムを書くことができる魅力のあるプログラミング言語です。

Javaをはじめとした多くの言語は、C言語を参考にして作られています。ですから、C言語を最初に学んでおけば、他の言語を学ぶとき活かしやすいこともメリットとしてあげることができます。

 PHP

次に未経験の方々におすすめのプログラミング言語は、「PHP」です。

PHPは、Webサーバー上で動作し、Webシステムのデータ管理をすることがメインの仕事です。必要に応じデータ加工をして、フロントエンド(Webブラウザ側)のプログラムとデータのやりとりを行います。

また、PHPにはレベルの高いフレームワークがたくさん存在するため、Webのバックエンド開発において需要が多く存在します。

比較的文法もシンプルであるため、30代未経験の方々にもおすすめです。

PHPについて詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

 C#

次の未経験の方々におすすめのプログラミング言語は、「C#」です。

C#は、Windowsのパソコンアプリ開発において高いニーズを持つプログラミング言語として知られています。

なぜなら、C#の開発元はMicrosoft社であるからです。

また、IDE(統合開発環境)であるVisual Studioを使用することで、フォームにボタンであったりテキストボックスを張り付けして容易にフォームアプリケーションを作ることが可能、キレイなGUIアプリケーションを作成したいという方々におすすめです。

C#について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。

30代がプログラミングを学ぶ方法

30代未経験の方々がプログラミングを学ぼうと思えば、

  • 独学
  • 通学型プログラミングスクール
  • オンラインプログラミングスクール

の選択肢があります。

それぞれの特徴を解説します。

また、プログラミング初心者におすすめの始め方について詳しく知りたい人は、「プログラミング初心者向けの始め方は?勉強方法とおすすめの言語を紹介」の記事も参考にしてみてください。

独学

独学でプログラミングスキルを学ぶという30代の方々もいらっしゃることでしょう。
独学であれば、コストを抑えることができまるメリットがあります。
また、独学であれば自分のペースで学習を進行させることができます。

30代の方々は現在仕事もしているでしょうし、独学なら制限のある時間の中で1日1日目標を設定して、短時間でコツコツ学習することができます

30代の方々が独学でもプログラミングを学ぶことは可能です。しかし、仕事をしている方々の場合疲れて自宅へ帰宅することになるでしょうし、なかなか毎日自力で勉強と向き合うのは難しく、ついサボってしまうことがあるかもしれません。

そして、独学ではわからないことがあっても、すぐに聞いて解決することはできません。都度いろいろ参考書を確認するため時間が割かれ、かなり効率の悪い勉強法になってしまう恐れもあります。

独学におすすめの学習方法について知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください。

通学型プログラミングスクール

独学よりももっと効率のいい学習をしたいと思えば、通学型のプログラミングスクールへ通うことをおすすめします。通学型のプログラミングスクールであれば、同じ30代未経験の方々も多く勉強しているため、仲間に刺激を受けて「もっと頑張ろう」という気持ちも起こるでしょう。

また、プログラミングスクールでは、プログラミングのノウハウを学ぶことだけでなく、転職のサポートもしてもらうことができます。

ただし、通学型のプログラミングスクールへ通うことは、独学よりも確実にお金がかかります。結婚費用にお金がかかってなかなか費用を準備できないという方々も30代であればいるかもしれません。

また、プログラミングスクールでは短時間でカリキュラムに従って講義が進行するため、「ついていけない……」という事態になることがあるかもしれません。

また、いちいち校舎へ通う必要があるため、雨が降っていたりしたら、「今日はちょっと行くのやめようかな……」というサボり癖が起こる可能性があります。

独学、プログラミングスクールどちらも結論を言えばサボり癖はおきてしまうため、やはり自身で学ぼうという強い意思はどうしても必要です。強い意思がなければ、やはり、30代の方々の勉強と仕事の両立はなかなか難しいです。

オンラインプログラミングスクール

また、プログラミングスクールは通学型とオンラインを選ぶことができます。

オンラインのプログラミングスクールを利用する大きなメリットは、時間と場所の制限を受けないことです。

通学型のプログラミングスクールとは違い、インターネット環境がある場所であれば、自分の好きな場所でプログラミングの学習をすることができます。

通学型のプログラミングスクールへ通いたいけど、近くに校舎がないという方々もいらっしゃるでしょう。近くに校舎がないという方々は、オンラインプログラミングスクールを選ぶことで効率のいい学習を行うことができます。

オンラインは、費用も通学型よりも比較的リーズナブル設定の場合が多いので、お金があまりない……という30代にもおすすめです。

おすすめのプログラミングスクールについて詳しく知りたい人は、「おすすめのプログラミングスクール26社を比較!選び方や闇についても徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

30代未経験がエンジニアを目指すのに必要なスキル

30代未経験の方々はまずは、プログラミングスキルを身に着けることを目指すことになります。

しかし、実際にはプログラミングスキルを学べば、=エンジニアになることができる訳ではありません。

エンジニアになるためにはさらに、

  • IT全般にわたるノウハウ
  • コミュニケーション力
  • マネジメント力

のスキルを磨く必要があります。

では、詳しく解説していきます。

 IT全般にわたるノウハウ

30代未経験の方々は、プログラミングのノウハウを学ぶだけでなく、IT全般にわたるノウハウを学ぶことが必要です。

ITのノウハウの方には、インターネットやプログラミングのメカニズム、さらにWeb開発であれば、Webサイト、Webサービスのメカニズムや成り立ち、AI開発であれば人工知能のメカニズムなど開発に関わるときに知っておきたい基礎知識があります。

それぞれ分野の基礎知識は本来仕事をしている過程でおのずと身につくことなのですが、知らないことでいきなり使い物にならないビジネスマンというレッテルを貼り付けられてしまうかもしれません。プログラミング言語を学ぶほど時間をかける必要はありませんが、最初に開発に関わるときに知っておきたい基礎知識も意識して学ぶ意識を持つといいでしょう。

コミュニケーション力

また、30代未経験の方々は、コミュニケーション力を磨く必要があります。エンジニアは開発メンバーと進捗共有することもありますし、クライアントとの打ち合わせに参加することもあります。

ただし、30代の方々は、プログラミングについてのノウハウは未熟なのかもしれませんが、すでに前職で培ったコミュニケーション能力はお持ちかもしれません。

30代の方々にとってコミュニケーション力があることを知らしめることは、他のエンジニアより一歩リードできる大きなチャンスです。

マネジメント力

また、30代未経験の方々に必要なのは、マネジメントする力です。
エンジニアは、ただコツコツとプログラミングと向き合っていればいいということではなく、開発するためのスケジュールであったり、リスク管理を行ったりすることが要求されます

納期も設定されているので納期の期日を守るためのスケジュール管理を行う必要があり、もし、納期に間に合うことができないと判断した場合には、他のエンジニアの助けを借りて対処することなどもまさにエンジニアのマネジメントする力です。

マネジメントする力も30代未経験の方々は前職ですでに磨かれているということもあるのですが、もう一度エンジニアとして現場で使える力なのかを確認しておくといいです。

30代未経験がプログラミングを学ぶにあたり注意しなければならないポイント

30代未経験の方々がプログラミングを学びエンジニアになろうと考える上で注意しなければならないポイントがあります。

  • 即したい仕事につける訳ではない
  • 前職よりも年収は下がってしまうかも
  • 上司が年下になってしまう可能性がある

では、詳しく解説していきましょう。

即したい仕事につける訳ではない

プログラミングスクールでプログラミングについて学べば、ストレートに理想的転職ができるものと考えている方々もいるのではないでしょうか。

しかし、プログラミングスクールでスキルを身に着けたとしても、即開発現場で100%通用できるのかといえばそうではありません。

企業から即戦力として期待されている訳でもなく、今後、研修であったりセミナーなどに参加したりすることによってスキルアップを目指すことになれば、相当時間もかかってしまうことになります。

また、いきなり仕事を任されるというケースでも、ごくごく簡単なテスト作業にとどまり、自分の思い描いていたものとは違うというイライラ感がつのってしまうかもしれません。

しかし、思い描いていた仕事内容ではないことは、実際にはエンジニアの領域だけの問題ではありません。ほとんどの30代転職者の方々が同じ悩みをもっていることでしょう。

最初は自分自身はできると思っていても、辛抱することが大事です。辛抱せずに調子にのって自分はもっとできるとしゃしゃり出ても何もいいことはありません。

辛抱している様子も、社会人としてふさわしい人物であるか周囲から見られていることでしょう。

前職よりも年収は下がってしまうかも

30代未経験の方々がエンジニアに転職した場合、前職と比較して収入は大幅にダウンしてしまうでしょう。

実際には未経験OKという企業は多くありますが、年収は30代でも、新卒レベルに設定している企業も少なくありません。年齢の割に低めの年収に設定されている理由は、やはり、未経験の方々は即戦力としてはあまり期待されていないせいです。

どうしても収入がダウンしてしまうのは避けたいというのなら、エンジニアではなく前職と同じ職種の転職を検討することをおすすめします。

上司が年下になってしまう可能性がある

社会の構造的には、企業がなかなか転職した人物を受け入れがたい部分があります。受け入れがたい部分とは、年齢の抱える違和感です。

30代と言えば、前職ではすでに部下を抱えている年齢であったでしょう。しかし、部下を抱えていた方々も未経験でIT業界に飛び込んでくれば、新人同様の扱いになります

新人は当然、仕事について先輩から教えてもらうことになるのですが、年齢的には上司が年下という逆転現象がおきてしまうことになります。教える立場が年下ではコミュニケーションがなかなかうまくいかないというのも当然のことです。教えてもらう立場も、「なんで年下なんかに……」という思いがあるでしょうし、教える側も教えづらいと感じていることでしょう。

未経験でIT業界に転職する以上、上司が年下であることも仕方のないことです。
対策はといえば、30代も新人になりきり謙虚に指示に従うことです。

まさに上司が年下であるような事態を苦にしない姿勢もコミュニケーション能力ということができるのではないでしょうか。

30代のプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールでいざ勉強しようと思うものの、プログラミングスクールの数が多すぎてどこに行けばいいかわからないという声をよく聞きます。

困った場合には以下のポイントを見据えてスクール探しをしましょう。

  • 短期で集中して学習できる
  • 転職サポートは充実している?
  • オリジナルのポートフォリオ作成を指導してもらえる
  • 教育訓練給付金を受けることができる?

短期で集中して学習できる

30代未経験の方々は、ただプログラミングスクールでプログラミングを学ぶことができればいいということではありません。

例えば、10年時間をかければ確実なプログラミングスキルを身に着けることができるでしょう。しかし、10年のような長期ではプログラミングスクールを卒業したときには40歳という年齢になっています。

30代未経験の方々がこれからIT業界への転職を考えるときには、やはり年齢も気にしなければならないですし、年をとるほど転職は難しくなります。転職を難しくしないためにあらかじめ計画をたてることもとても大事なことです。

プログラミングスクールにおいても長期学習よりも、短期集中コースなど用意されている場合は、短期集中でプログラミングを習得できるコースを選択することで効率のいい転職を実現することができます

転職サポートは充実している?

プログラミングスクールの中には、転職サポートが充実しているスクールとそうでないスクールがあります。

転職サポートがないスクールでも、もちろんプログラミングについて充分学ぶことはできますが、プログラミングを学びや転職につなげたいと考えている30代には、転職サポートのあるプログラミングスクールがおすすめです。
転職サポートの充実しているプログラミングスクールであれば、企業の紹介を行ってもらうことができたり、履歴書、職務経歴書の作成、面接対策、ポートフォリオ作成指導などといった転職に有意義なサポートを行ってもらったりすることができます。

転職活動のノウハウは持っていると思っているものの、実際には細かい落ち度はあるものです。転職活動で自分自身に不足している点に対してフォローしてもらうことで確実なものにすることができます。

さらに、プログラミングスクールの中には、転職に成功することができなければ受講料を全額返金するサービスを提供していることがあります。

転職や就職に強いプログラミングスクールについて詳しく知りたい人は、「転職に強いプログラミングスクールのおすすめ10選!選び方を徹底解説」の記事も参考にしてみてください。

オリジナルのポートフォリオ作成を指導してもらえる

ポートフォリオは、エンジニアとしてのスキルであったりセンスを客観的に示すための大切な資料となりうるものです。転職企業に自身をうまくアピールするためには、定型のものではなく独自のポートフォリオであることがポイントです。

また、選考をパスすることができるポートフォリオを自分自身で作ろうと思ってもなかなか難しいものです。ポートフォリオ作成の際にプロの力を借りることができれば、最強の独自のポートフォリオを作ることができます。

ぜひ、ポートフォリオ作成がカリキュラムに含まれているのか否かもプログラミングスクールを選ぶ際の検討する材料として含めておくと良いでしょう。

教育訓練給付金を受けることができる?

教育訓練給付金とは、就業のための訓練にかかった費用の一部を国から支給してもらうことができる制度です。

教育訓練給付金には、

  • 専門実践教育訓練
  • 特定一般教育訓練
  • 一般教育訓練

の3種があります。プログラミングスクールの講座の場合は、専門実践教育訓練に指定されることが多くあり、支払いした費用のうち最大70%(年間上限56万円)を支給してもらうことができます。

30代の方々も、できるだけ安いプログラミングスクールで学びたいと思えば、教育訓練給付金制度の対象となっているスクールを選ぶようにしましょう。また自分自身が、対象者になることができるかも大事なポイントです。自分自身が、対象者であるか否かということは、事前にハローワークの支給要件照会で確認するようにして下さい。

30代におすすめのプログラミングスクール

本章では、30代未経験の方々におすすめのプログラミングスクールを紹介します。

30代の方々にとって、おすすめは転職に強いプログラミングスクールです。

  • テックキャンプ
  • DMM WEBCAMP
  • 侍エンジニア塾
  • プログラマカレッジ
  • ランテック
  • ポテパンキャンプ
  • テックアカデミー
  • ギークジョブ
  • DIVE INTO CODE

以上で紹介したプログラミングスクールは、転職サポートが充実していることがセールスポイントです。

テックキャンプ

30代におすすめのプログラミングスクールは、「テックキャンプ」です。

テックキャンプは、親身に転職サポートを行い、ネットでもとても評判のいいプログラミングスクールです。

テックキャンプでは、オンラインでも学ぶことができ、通学型がいいという方々のため通うことも可能です。

またテックキャンプでは、「プログラミング教養コース」と「エンジニア転職コース」のコースが用意され、エンジニア転職コースを選ぶことで、バッチリ転職支援も行ってもらうことができます。

30代未経験の方々のためテックキャンプでは、

  • 専属キャリアアドバイザーのサポート
  • 履歴書の作成
  • 求人の紹介
  • 面接の対策

などといった転職サポートを行っています。

また、プロ講師に質問したいだけすることができスッキリ疑問を解決! 企業説明会であったりIT業界セミナーに参加もすることができます。

テックキャンプでは、14日間の無条件返金保証も提供されています。また、転職返金保証も利用することが可能、さらに教育訓練給付制度によるキャッシュバックも有効利用することができます。

テックキャンプにはかなり手厚い転職サポートが提供されているので、30代未経験の方々も不安なく転職へと突き進んでいくことができます。

スクール名TECH CAMP(テックキャンプ)
受講形態オンライン型   通学型
入学金なし
受講料金(税込)短期集中スタイル:657,800円(給付金利用で実質197,340円)
夜間休日スタイル:877,800円(給付金利用で実質317,800円)
プログラミング言語TML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、JavaScript、jQuery、Haml/Sass、SQL/MySQL、AWS、Heroku、API、Git/GitHubなど

DMM WEBCAMP

次に30代におすすめのプログラミングスクールは「DMM WEBCAMP」です。

DMM WEBCAMPは、未経験者率97%のうち転職成功率が98%という実績があるプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPでは、専属アドバイザーがマンツーマンで自己分析や書類を作成、さらに面接対策であったり求人紹介などのサポートとも親身に向き合い、30代未経験の方々を成功へと導いてくれます。

また、DMM WEBCAMPは転職に失敗してしまったら全額返金保証が適用されるので安心です。

ただし手厚いサポートが提供されている分、他のプログラミングスクールと比較してやや料金は高い設定なのですが。それでもDMM WEBCAMPでは、「最大5万円の先得キャッシュバック」であったり「最大56万円の教育訓練給付金」といったお得な制度を利用することができます。

DMM WEBCAMPは、短期集中コースがあり、短い期間で効率よく学びたいと思っている30代未経験の方々におすすめです。

スクール名DMM WEBCAMP
受講形態オンライン型 通学型
入学金なし
受講料金(税込)短期集中コース(転職保証あり)
690,800円
就業両立コース(転職保証あり)
756,800円
専門技術コース(給付金の対象)
910,800円:給付金利用で実質350,800円
プログラミング言語HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、MySQL、Git、GitHub、Python、AWSなど

侍エンジニア塾

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「侍エンジニア塾」です。侍エンジニア塾は、すでに35,000人以上の方々が学んでいる、最大規模のオンライン型プログラミングスクールです。

侍エンジニア塾では、転職保証コースが用意され、転職したい方々
を手厚くサポートしています。

実績のあるキャリアアドバイザーと二人三脚で転職と向き合うことができ、未経験者もかなり頼れるパートナーだと感じてもらうことができるでしょう。

履歴書・職務経歴書の作成もサポートしてもらうことができ、ちょっとした落ち度も指摘してもらうことで、転職率を確実にアップさせることができます。

*侍エンジニア塾には20歳〜31歳以下のみという受講条件があります。

スクール名侍エンジニア塾(SAMURAI ENGINEER)
受講形態オンラインマンツーマンレッスンを実施
入学金99,000円
受講料金(税込)16週間:495,000円
24週間:781,000円
プログラミング言語HTML、CSS、JavaScript、Python、WordPress、Ruby、React.js、PHP、Laravel、Node.js、Java、Dart(Flutter)、C++、C言語、C#、Swift、Xamarin、Kotlin、Unity、R、Microsoft Azure、AWS、Heroku、Slack、Docker、Git、Jenkins、Travis CI、Vagrant、Vim など

プログラマカレッジ

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「プログラマカレッジ」です。

プログラマカレッジは、受講料完全無料を実現するプログラミングスクールです。

・入学金なし
・受講料金無料

かつ、プログラマカレッジではしっかり転職をサポートしてもらうことができます

プログラマカレッジは、企業からもらうことができる協賛や採用紹介料で運用しているので、あえて生徒の方々からは受講料をいただく必要はありません。

もしも途中で離脱してしまった場合でも、違約金など発生することはありませんので、お金があまりない……という30代は、安心してプログラマカレッジを選ぶといいでしょう。

プログラマカレッジでは転職サポートとして、

  • 専属アドバイザーとの模擬面接
  • 履歴書・職務経歴書の作成支援
  • 適正審査対策
  • プログラミングテスト対策

などを行ってくれています。

ただし、プログラマカレッジには、プログラマー志望者の場合、27歳までで大卒、かつ正社員経験1年以上、また、インフラエンジニア志望者の場合、30歳までで職歴1年以上という条件があるので注意が必要です。

スクール名プログラマカレッジ
受講形態オンライン型 通学型 (東京 半蔵門)
入学金なし
受講料金無料
プログラミング言語・技術HTML、CSS、Java、PHP、Ruby、MySQL、Git、GitHub、Bootstrap、JavaScript、jQueryなど

ランテック

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「ランテック」です。

ランテックは、Webエンジニア就職に特化したオンラインスクールです。

Webエンジニアになるためには、やっぱり学習が大事です。ランテックでは、800~1,000時間もの学習時間が維持されているため、じっくり学ぶことで現場で通用できるスキルを身に着けることができます。

Web系開発企業の内定率は98%を維持。ランテックでは卒業するまでの間に中間試験であったり、卒業試験が実施され、生徒がモチベーションを維持し続けるための工夫がされています。

受講条件:就労支援は35歳未満に対して

スクール名RUNTEQ(ランテック)
受講形態オンライン型プログラミングスクール
入学金0円
受講料金(税込)550,000円
プログラミング言語HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、SQL、JavaScript、Heroku、AWS、UNIX、Linux、Git、GitHubなど

ポテパンキャンプ

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「ポテパンキャンプ」です。

ポテパンキャンプは、Webプログラミングに特化したオンラインマンツーマンレッスンを行うプログラミングスクールです。

ポテパンキャンプでは転職サポートも充実、

  • 質の高いポートフォリオ作成
  • 面接対策
  • 企業分析サポート

など支援を行ってもらうことができます。

プログラミングスクールによっては、求人を紹介してくれるもののクオリティーが低いということがあるのですが、ポテパンキャンプでは、クオリティーの高い求人情報を厳選して提供しています。いい企業とマッチングしたいと思っている30代の方々はポテパンキャンプを選ばれるといいでしょう。

スクール名POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)
受講形態オンラインマンツーマン
入学金なし
受講料金(税込)440,000円
プログラミング言語HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、Docker、SQL、Rspec、Gitなど

テックアカデミー

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「テックアカデミー」です。

テックアカデミーは、国内最大レベルのオンラインプログラミングスクールです。経験値のある現役エンジニアとマンツーマンで向き合い、学習することができます。

週2回のマンツーマンメンタリングあり、テックアカデミーでは、オンラインである間接的デメリットを補うための努力・工夫がされています。

また、テックアカデミーでは転職したいと思っている30代をバッチリサポート、自己分析・書類作成・面接対策などを行ってくれています。

テックアカデミーでは1000社以上の求人案件からそれぞれ生徒にマッチングした転職先を紹介してもらうことができ、もしも転職することができなければ、全額返金してもらうことができます。

転職保証は20~32歳のみ

スクール名TechAcademy(テックアカデミー)
受講形態オンラインマンツーマン
入学金0円
受講料金(税込)547,800円
プログラミング言語HTML、CSS、JavaScript、Python、WordPress、Ruby、PHP、Laravel、Java、C#、Swift、Unity、Heroku、Slack、Gitなど

ギークジョブ

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「ギークジョブ」です。

ギークジョブは受講料無料でOK、お金があまりない……という方々にもおすすめのプログラミングスクールです。

ギークジョブの転職成功率は97.8%という華々しい実績が。30代も安心して任せることができますね。

また、ギークジョブではオンラインで個別指導を徹底して行います。

  • スピード転職コース
  • プログラミング教養コース
  • プレミアム転職コース

が用意され、スピード転職コースは、最短22日間で効率よく転職活動が可能、かつ無料で受講することができます。

ただし、残念ながらスピード転職コースは、社会人経験のある20代&関東で転職が可能な人だけという条件があります

であれば、30代の方々は、ギークジョブで学ぶことができないのかと言えばそうではありません。ギークジョブは30代でも通うことができ、完全無料ではありませんがキャッシュバック制度をうまく利用すれば実質無料で利用することができます

ギークジョブでは、書類添削・面接練習・企業紹介などの支援あり、ポートフォリオを作成することができます。
また、キャリアアドバイザーに相談することができ、信頼できるパートナーにすることができます。

スクール名GEEK JOB(ギークジョブ)
受講形態オンライン個別対応
入学金なし
受講料金(税込)スピード転職コース:0円(違約金あり)

 

プログラミング教養コース:217,800円

プレミアム転職コース:437,800円

プログラミング言語HTML、CSS、Java、Ruby、Ruby on Rails、Web API、MySQL、eclipse、GitHub、SourceTree、Json、Apache Tomcatなど

DIVE INTO CODE

次の30代におすすめのプログラミングスクールは、「DIVE INTO CODE」です。

DIVE INTO CODEは、Webプログラミングと機械学習開発に特化したオンライン型プログラミングスクールです。

Webエンジニアコースの料金は本来547,800円なのですが、給付金を利用すれば、実質197,800円で利用することができます。

DIVE INTO CODEでは、6ヶ月間で720時間学び、しっかり学ぶことでスキルを身に着けることができます。

  • 企業説明会を定期的に開催
  • 履歴書・職務経歴書の添削サポート
  • IT企業の求人紹介
  • 模擬面接のサポート など

転職サポートも充実し、DIVE INTO CODEは30代の転職活動の良きパートナーとすることができます。

スクール名DIVE INTO CODE
受講形態オンライン型プログラミングスクール
入学金Webエンジニアコース(就職)

 

100,000円

受講料金(税込)Webエンジニアコース(就職)

 

547,800円

給付金適用することで実質197,800円が可能

プログラミング言語HTML、CSS、Ruby、Git/GitHub、RDBMS、SQL、JavaScript、Ruby on Rails、ActiveRecord、Heroku、Vue.js、AWSなど

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、30代未経験の方々におすすめのプログラミングスクールを紹介しました。

30代でもまだまだIT業界に転職できる可能性はあります。ただし、30代は思ったより時間もある訳ではありませんので、一刻も早くという意識はもつ必要があります。

効率のいい学習を行うためにはプログラミングスクールを利用することがおすすめです。

ただし、プログラミングスクールにも色々な種類の違いがあります。30代未経験の方々におすすめはやはり、転職活動をしっかりサポートしてくれるプログラミングスクールです。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる