プログラミング

未経験でプログラマーの仕事はきつい?理由と就職の実態を解説

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

プログラマーは未経験で仕事をするのはきつい、未経験からプログラマーになるのはやめとけ、といった声を耳にしてプログラマーになることを諦めようとしていませんか?

本記事では、未経験からプログラマーで仕事をすることがきついと言われる理由と実際の就職の実態について詳しく解説していきます。

プログラマーになることを不安に思っている人は、本記事の情報を参考にして今後のキャリアプランを考えていきましょう。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラマーになるためのための第一歩です。「会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

プログラマーってどんな職種?

プログラマーとは、コンピュータソフトウェアやアプリケーション、システムの開発、改善、保守を行う専門職です。
彼らは、顧客のニーズに応じてプログラムを設計し、コーディング、テスト、デバッグを行います。
また、既存のソフトウェアのアップデートやバグの修正も担当します。
プログラマーの仕事は、論理的思考と創造性を要求され、テクノロジーが進化するにつれて、必要なスキルセットも進化し続けています。

プログラマーの平均年収は、経験やスキル、勤務地、業種によって異なりますが、一般的には高い水準にあります。
初心者は年間約300万円からスタートすることが多く、経験を積むことで500万円以上になることも珍しくありません。
特に、専門性が高い分野や大手企業での勤務では、年収が700万円を超えることもあります。以下の表は、年代別のプログラマーの平均年収を示しています。

年代平均年収
20代350万円
30代500万円
40代650万円
50代750万円

プログラマーを未経験から目指す方法

プログラマーになるためには、関連する知識とスキルの習得が必須です。
未経験からプログラマーを目指す場合、最も一般的な方法は、プログラミング言語の学習から始めることです。
PythonやJava、PHPなどの言語は入門に適しており、オンラインコースや書籍、チュートリアルを通じて基本を学ぶことができます。

プログラマーになるための方法としては下記の方法があります。

  • 独学やプログラミングスクールで知識や技術を学んでから就職や転職する。
  • 未経験可能な企業に入社、研修を受けて実際にプログラマーとして働く。

さらに、プログラミングスクールを利用することは、短期間で実践的なスキルを習得するのに効果的です。
スクールでは、実際のプロジェクトを手掛けながら、業界の専門家から直接指導を受けることが可能です。
また、GitHubのようなプラットフォームでポートフォリオを構築し、オープンソースプロジェクトに貢献することも、実践経験を積み、雇用主に自分のスキルをアピールする方法の一つです。

プログラマーとしてのキャリアを築くためには、持続的な学習と実践が不可欠です。
技術の進歩に合わせて新しいプログラミング言語やツールを学び続けることが、プログラミングの分野で成功するための鍵となります。
また、実際の職場環境でのインターンシップやジュニアプログラマーとしての職を得ることも、価値ある経験となります。

未経験でプログラマーの仕事がきつい、と言われる理由

未経験からプログラマーとしてキャリアをスタートする際に直面する困難は多岐にわたります。
技術的なスキルの習得はもちろんのこと、実務のプレッシャーが初心者には特に重くのしかかることがあります。
具体的には、客先常駐の厳しさ、長時間労働、そして、人手不足による過大な業務量などです。

様々な要因が組み合わさることで、未経験者にとってプログラマーの仕事は「きつい」と感じられることが多いでしょう。

  • 客先常駐がきつい
  • 労働時間が長い
  • 人手不足で仕事量が多い
  • 単純作業でモチベーションが上がらない
  • 思っていた給与より低い
  • 障害やトラブルが起きた時に対応しなければならない
  • 常に勉強しなければならない

客先常駐がきつい

プログラマーの中には、クライアントのオフィスに常駐し、直接指示を受けながら作業を進めるケースがあります。
「客先常駐」は、未経験者にとっていくつかの点で厳しい環境となり得ます。
第一に、クライアントの期待に応えるプレッシャーが直接的です。

また、自社のサポート体制が手薄になりがちで、孤立感やストレスが増大することも。
さらに、プロジェクトによっては技術的な要求が高く、即戦力としての対応が求められることもあります。

労働時間が長い

プログラマーの仕事では、プロジェクトの締め切りやリリース前のバグ修正などで、労働時間が長くなることが一般的です。
特に、大規模なアップデートやクリティカルなシステムの障害対応では、夜遅くまであるいは休日出勤を余儀なくされる場合もあります。

ただし、労働時間が長いことは企業や案件によって異なり、一部の企業ではワークライフバランスを重視しているため、一概にすべてのプログラマーが長時間労働を強いられるわけではありません
就職や転職、案件の参画の際の面接や面談で担当者に詳しく聞いてみることをおすすめします。

人手不足で仕事量が多い

IT業界全体の急速な成長と技術革新により、プログラマーに対する需要は高まっていますが、需要に伴う供給の不足が顕著です。
IT業界の人手不足は、特に中小企業やスタートアップで顕著で、少ない人数で多くのプロジェクトを抱えることが多くなっています。
未経験のプログラマーにとって、人手不足で仕事量が多い状況は非常に厳しいと言えます。なぜなら、多くの責任とプロジェクトの重圧の下で、高いパフォーマンスが求められるため、ストレスが増大しやすいからです。

初心者で参画する場合であっても、参画する案件や企業のプロジェクトによっては同じ会社の人たちでチームを組んでいたり、他社でメンターのようにフォローしてくれたりする場合もあるので一人で仕事をすることが不安な人は、案件参画時に聞いてみましょう。

単純作業でモチベーションが上がらない

プログラマーとしてのキャリアをスタートする際、多くの未経験者が直面するのが、繰り返し行われる単純なコーディング作業やテスト作業です。
上記に挙げられるタスクは初心者にとって理解しやすく、経験を積むための良い機会となる一方で、創造的なチャレンジが少ないためモチベーションの低下を招くことがあります。
モチベーションを保つためには、目標設定と達成感のあるプロジェクトへの参加、スキルセットの拡張を意識することが重要です。

プロジェクト間での役割のバリエーションや、新しい技術の学習を通じて、仕事に新鮮さをもたらすことが推奨されます。
自分でできることを増やしていくことで任される業務内容も増えていくので、常に向上心を忘れず取り組んでいきましょう。

思っていた給与より低い

多くの未経験プログラマーは、IT業界の高収入を想定していますが、実際には入門レベルのポジションでは比較的低い給与からスタートすることが多いです。
想像と現実のギャップは、基礎的なスキルしか持っていないため、高度な技術や複雑なプロジェクトに貢献することが難しいためです。

給与を向上させるには、専門技術の習得や業界認定の取得、実務経験の積み重ねが不可欠です。
また、持続的な学習と実務での実績を積むことが、給与交渉の際の強みになります。

障害やトラブルが起きた時に対応しなければならない

ソフトウェア開発では、予期せぬバグやシステム障害が頻繁に発生します。

障害やトラブルといった問題に迅速かつ効果的に対応することは、プログラマーの主要な責任の一つです。
特にシステムが広範囲にわたる場合、一つの小さなエラーが大きな問題につながることもあります。

トラブルシューティング能力は、プログラマーとしての価値を大きく左右し、緊急時に冷静かつ的確に対応できる能力は高く評価されます。

常に勉強しなければならない

テクノロジーは日進月歩で進化しており、プログラマーにとって最新の技術トレンドに常に追いついていく必要があります。

新しいプログラミング言語、フレームワーク、ツールが次々と登場するため、様々な知識や技術を学習し続けることで、市場での競争力を保つことができます。
学習はキャリアを通じて継続するものであり、これによって新たな機会への扉が開かれ、キャリアアップにつながるでしょう。

プログラマーにとっての学習は、職務の一部であり、継続的な学習習慣を身につけることが成功への鍵です。

プログラマーに向いている人の特徴は?

プログラマーとして成功するためには、特定の個性特性やスキルが必要です。
技術的な能力だけでなく、職務に求められる様々な特性がプログラマーに適しているかどうかを決定します。

以下に、特に重要な性格の特性を挙げて説明します。

  • 忍耐力がある人
  • 常に最新のトレンドに興味がある人
  • 人と関わるのが好きな人
  • 継続的に学習する力がある人
  • 自分から問題解決しようとできる人
  • 臨機応変に対応することが可能な人
  • 論理的思考を持ち合わせている人

忍耐力がある人

プログラミングは、しばしば複雑で時間を要する分野です。

コードが期待通りに動作しないことや、自分自身での解決が困難なバグに直面することは日常茶飯事です。
上記のような状況で効果的に対処できるのは、忍耐力があり、挫折に強い人です。

忍耐力のあるプログラマーは、問題解決のために必要な時間をかけて粘り強く取り組むことができ、最終的にはより信頼性の高いソフトウェア製品、システム開発を生み出すことができます。

常に最新のトレンドに興味がある人

テクノロジーは常に進化しており、新しいプログラミング言語、ツール、フレームワークが続々と登場しています。

最新のトレンドに常に興味を持ち、様々な知識や技術を学ぶ意欲がある人は、プログラマーとしてのキャリアに適しています。
常に最新のトレンドに興味があるプログラマーは技術の進歩に適応しやすく、変化する市場の要求に応えることができるでしょう。

人と関わるのが好きな人

多くの人がプログラミングを単独で行われる作業と考えがちですが、実際にはチームでの協力した開発が不可欠です。

プロジェクトの要件を理解するために顧客やクライアントとコミュニケーションを取ること、またチーム内の他のメンバーと密接に協力して作業を進めることが求められます。
社交的で、他人と協力して作業を進めることが得意な人は、プログラマーとして特に成功しやすいです。

コミュニケーション能力は、プロジェクトを円滑に進行させ、高品質な成果を出す上で極めて重要になるでしょう。

継続的に学習する力がある人

テクノロジーの進化は速く、プログラミングの分野では新しい言語、ツール、技術が次々と登場しています。

常に進化していくテクノロジーの変化に追いつくためには、継続的な学習が不可欠です。
継続的に学習する力がある人は、自己主導で新しい知識を吸収し、不明点を解消するためにリソースを探す能力があります。
彼らはオンラインコース、セミナー、ワークショップに積極的に参加し、業界の最新動向を常にチェックしています。

上記のような姿勢は、技術的なスキルのみならず、適応性と成長意欲の高さを示し、組織内で価値ある資産となるでしょう。

自分から問題解決しようとできる人

問題解決能力は、プログラマーにとって最も重要なスキルの一つです。

自分から積極的に問題解決を図る人は、ただ指示を待つのではなく、発生した問題を独自のアプローチで分析し、効果的な解決策を提案します。
自分自身で問題解決しようとしている人々は創造的思考能力があり、複雑な問題を論理的に分解して解く能力を持っています。
彼らはプロジェクトを前進させる原動力となり、困難な状況でもチームを導くことができる貴重な存在です。

臨機応変に対応することが可能な人

プロジェクトの要件は予告なく変わることがあり、予期せぬ問題が発生することもあります。

臨機応変に対応できる人は、上記のような予期せぬ出来事の変化や不確実性の中でも柔軟に対応し、効率的な解決策を迅速に提供できます。
彼らは柔軟性と高い適応力を持ち合わせており、新しい状況や環境に即座に適応し、最適な成果を導き出すことができます。

臨機応変に対応する能力は、特に高速で変化する技術環境や、複数のプロジェクトを同時に管理する必要がある場合に重要です。

論理的思考を持ち合わせている人

プログラミングはその本質が論理的であり、コードを通じて複雑な問題を解決するためには、厳密な論理的思考が必要です。

論理的思考を持ち合わせている人は、問題に対して構造的にアプローチし、効果的なソリューションを設計する能力があります。
彼らはデータや事実を基に判断を下し、感情や主観を排除した客観的な分析を行うことができます。

論理的思考は、エラーの診断、バグの修正、新しいシステムの開発において、正確かつ効率的な結果をもたらします。

プログラマーになるメリットとは

プログラマーとしてのキャリアは、技術的なスキルだけでなく、個人の成長、経済的な報酬、創造的な表現の場としても多くのメリットを提供します。
プログラマーの職業は、常に進化し続ける業界で活動するための挑戦と機会を提供し、個人が才能を存分に活かすための多様な道を提供します。

  • IT業界での需要が高い
  • 自分の創造を形にできる
  • キャリアの幅が広い

IT業界での需要が高い

現代社会において、技術はほぼすべての産業の基盤となっているため、プログラミングスキルを持つ専門家に対する需要は絶えず高まっています。

データ管理、セキュリティ、アプリケーション開発、システム統合など、多岐にわたる分野でプログラマーは重要な役割を担っています。
IT業界の高い需要は、プログラマーに安定した雇用機会と競争力のある給与を提供し、経済的な安定を可能にします。

自分の創造を形にできる

プログラミングは創造的な職業です。

アイデアを具現化し、それを機能するソフトウェアやアプリケーションへと変えることができます。
自分の創造を形にできるプロセスは、デザイン、イノベーション、問題解決の技能を結合させ、独自のソリューションを生み出す機会を提供します。

プログラマーは、自らの手で新しい技術を創造し、作り上げたものを世の中に送り出すことで、直接的な影響を見ることができます。

キャリアの幅が広い

プログラマーとしてのキャリアは、一つの業種に限定されることなく、多様なパスを選択することが可能です。
以下は、プログラマーとしてのキャリアからなることができる職業の例です。
今後のキャリアを形成する際の参考にしてみてください。
下記のデータは、一般的なものに基づいており、地域や企業、経験年数によって変動することがあります。

キャリアパス説明平均年収
ソフトウェアエンジニアソフトウェアの設計、開発、テスト、保守を行います。約600万円
データサイエンティスト大量のデータを分析し、インサイトを抽出します。約700万円
システムアナリストITシステムの分析、改善提案を行います。約550万円
プロジェクトマネージャーITプロジェクトの計画、実行、監督を担当します。約800万円
モバイルアプリ開発者スマートフォン用のアプリケーションを開発します。約650万円

上記の職業は、プログラマーとして培ったスキルを活かしつつ、更に専門性や経験を深めることで、高い収入とキャリアの幅を広げることが可能です。
プログラミングの基礎を学ぶことは、多様な職業への道を開く第一歩となります。

プログラマーとしての経験は様々な職業の役割への素晴らしい入り口となり、経験を積むことでさらに高みを目指すことができます。

プログラマーになるための勉強方法とは

プログラマーになるための学習方法は多岐にわたります。
個人の学習スタイル、時間、予算に応じて選択することができます。

効果的にスキルを習得し、IT業界でのキャリアをスタートさせるためには、自分に合った学習方法を見つけることが重要です。

プログラミングを独学で習得する

プログラミングの独学は、柔軟性が高くコスト効率の良い学習方法です。
独学の際は、自分のペースで学べるため、忙しい人や自主性が強い人に適しています。
しかし、自己管理が必要であり、時には解決が困難な問題に直面することがありますので、忍耐力も求められます

学習リソースとしては、以下のようなものがあります。

方法特徴
書籍基礎から応用まで幅広くカバーしており、深い理解が可能
学習サイト対話式のエクササイズが多く、実践的なスキルが身につく
アプリ移動中も学習できる利便性があり、基本的なコーディングスキルが学べる
無料動画視覚的な学習が可能で、多くの講師から異なるアプローチを学べる

それぞれの学習方法には特性がありますので、自分の学習スタイルに合わせて選択することが重要です。
また、複数のリソースを組み合わせることで、理解を深めることができるでしょう。

プログラミングスクールを利用して習得する

プログラミングスクールは、専門的なカリキュラムを通じて、短期間での集中的な学習が可能です。
初心者から中級者までを対象にしたコースが多く、実務に近いプロジェクトに取り組むことができます。
また、講師のサポートや同じ目標を持つ学び仲間がいるため、モチベーションの維持がしやすいというメリットがあります。

カリキュラムの内容、講師の質、卒業後のキャリアサポートの有無などがあります。
また、コースによっては高額な費用がかかる場合があるので、事前に詳細を確認し、自分のキャリア目標に合ったプログラムを選ぶことが重要です。
スクール選びに際しては、卒業生のレビューや成功事例を参考にすると良いでしょう。

プログラミングにおすすめの資格とは

プログラミング資格は、技術者のスキルと知識を証明する有効な手段です。

様々な資格は、キャリアの構築、職場での信頼性の向上、さらには給与増加にも寄与することがあります。
特にプログラマーを目指す人々にとっては、専門性を示すために役立ちます。

本項では特におすすめのプログラミング資格を3つ挙げて説明します。

資格名内容適用分野
Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer)Java言語のプロフェッショナルとしての能力を証明ソフトウェア開発、アプリ開発
Microsoft認定資格 AZ-900(AZ-900:Microsoft Azure)Azureの基本的な知識とクラウドサービスの理解を認定クラウド基盤の開発、運用
認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster (CSM))アジャイル開発プロセスの理解とスクラムマスターとしての技能を認定プロジェクト管理、チームリーダー

上記の資格は、プログラミングスキルの証明だけでなく、プロジェクト管理やチームでの作業効率向上にも寄与し、広範な分野でのキャリア展開をサポートします。

まとめ

プログラミング学習の価値は、今後の技術依存社会でますます重要性を増しています。

ただし、学習の進め方によっては時間の無駄に感じることもあるでしょう。
しかし、正しい目標設定、実用的なスキルの選択、継続的な学習方法の適用を心掛ければ、プログラミングはあなたのキャリアや創造性を飛躍的に向上させる手段となり得ます。

今後も技術が進化する中で、プログラミングスキルはあなたの可能性を大きく広げる鍵となることでしょう。

プログラマーで未経験はきつい関連向けFAQ

プログラミングのキャリアを新たに始めようとする多くの未経験者が直面する「きつさ」に関する質問に対して、具体的な説明と解決策を提供します。
未経験からプログラミングの世界に足を踏み入れる際の不安を軽減し、効果的なキャリア構築をサポートします。

プログラマーの離職率は?

プログラマーの離職率は、業界平均と比較してやや高い傾向にあり、約80%と言われています。

離職率が高い傾向であることは、高い職場ストレス、求められる技術の急速な変化、そしてプロジェクトによる働き方の不規則性が原因であることが多いです。
具体的な離職の理由としては、以下の3点が挙げられます。

  • ワークライフバランスの欠如
    長時間労働や締め切りのプレッシャーにより、私生活とのバランスを保つことが困難です。
  • 技術の追随の難しさ
    継続的な自己学習が求められ、新技術の習得が追い付かない場合があります。
  • 職場の人間関係
    チーム内のコミュニケーション不足や対人関係のストレスも一因です。

プログラマーのつらいことは何ですか?

プログラマーの仕事のつらさは主に、労働時間、高い精神性、複雑な問題解決が必要とされる環境にあります。

プログラマーのつらさを払拭する方法としては、時間管理を徹底すること、定期的な休息を取ること、そして、プロフェッショナルなサポートや研修を活用することが有効です。
また、趣味や運動など、仕事外でのリラクゼーションを見つけることも重要です。

上記の方法はメンタルヘルスを保ち、仕事の生産性を高めるのに役立ちます。

プログラマーは何年で一人前になりますか?

プログラマーとして一人前になるまでの期間は、個人の学習能力、経験の深さ、取り組むプロジェクトの種類に大きく依存します。
一般的に、基本的なプログラミングスキルを身につけ、実務経験を積む初期段階には2〜3年かかることが多いです。
実務経験を積んでいる期間中に、プログラマーはさまざまな言語やツールを習得し、小規模ながらも独立してプロジェクトを遂行できるレベルに達します。

より高度な専門性を要するプログラマーとしての地位を確立するには、5年以上の実務経験が一般的に求められます。
実務経験を積んでいる段階では、複雑なシステムの開発や、チームリーダーとしての役割を担うことも期待されるため、持続的な学習と実践を通じてスキルを深化させることが必要です。

したがって、プログラマーとしての成長は、継続的な教育と実践的な経験によって大きく左右されると言えるでしょう。

プログラマーになるのは難しいですか?

プログラマーになることは、多くの困難と努力を要求される職業ですが、情熱と正しいアプローチがあれば決して不可能な道ではありません。
最初の難関は、プログラミングの基礎を理解し、複数のプログラミング言語に習熟することです。
基礎を習得するには時間と練習が必要であり、初学者には複雑に感じることもあります。

また、プログラミングは常に進化している分野であるため、最新の技術トレンドに追いつき続ける必要があります。
つまり、学び続ける姿勢と適応力が必要だと言えるでしょう。
適切な学習リソースとコミュニティのサポートを利用することで、学習プロセスを成功に導くことができます。

プログラミングスクールや学習サイトやアプリ等のオンラインコース、実務経験を通じてスキルを磨くことができれば、プログラマーとしてのキャリアを成功させることは十分に可能です。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる