プログラミング

プログラミングって何?意味を知らない方にも簡単に分かりやすく解説

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

最近プログラミングと言う言葉をよく耳にしますよね。

小学校でもプログラミングの学習が必修科されたりと大人だけではなく、子供のうちからも知っておきたいスキルとなってきています。

でもプログラミングで何ができるのか?そもそもプログラミングとは?などよく知らない方も多いと思います。

ここではそんな知らない方向けにプログラミングの意味について簡単に説明します。

さらにプログラミングを学ぶメリットや、将来どんな仕事に役立つかも詳しくお伝えさせて頂きます。

プログラミングとはプログラムを作ること

コンピューターは自分で考えることができないので、指示を出さなければいけません。そのコンピューターを動かす為のプログラムを作成する工程をプログラミングと言います。

プログラムとはコンピュータへ動いて欲しい流れを具体的に書いたリストのような物です。

例えばサラダを自分で作る時に

  1. 野菜を冷蔵庫から出す
  2. 洗う
  3. 切る
  4. 盛り付ける

と簡単な流れがありますよね。

この場合「野菜を冷蔵庫から出す」などのリストがプログラム。リストを作りコンピューターへ指示を出すのがプログラミングとなります。

プログラミング言語

コンピュータへ指示を出すときの言語ですが、人間と同じような言葉ではコンピューターは理解できません。コンピューターにはコンピュータが分かる言語で指示を出す必要があります。それをプログラミング言語と言います。

このプログラミング言語は200以上あります。

人間も日本からアメリカに移動すると言葉が異なる様に、プログラミング言語も使用されているコンピューターの種類によって言語が異なります。なのでプログラミングで作りたい物に対して正しいプログラミング言語を使用する事が必要です。

プログラミング言語を使えるようになると様々なサービスやシステムを作る事ができるようになります。

プログラミングを学ぶ意味

今生活している中でも様々な所でコンピュータが仕事をしています。その全てもプログラムで動いています。

最近ではファミレスの食事を運ぶのも人だけでなく可愛いロボットが運んできてくれますよね。あれもロボット内のコンピュータに動きがプログラムされていて動いているんです。

家の中でもプログラムされている家電製品が多くあります。例えば電子レンジは、「ボタンを押すと温め、決められた時間が経つと止まる。」と言うプログラムで動いています。

さらに私たちの身の回りにはスマートフォンや自動車、ゲームやテレビなど様々なものがプログラムで動いています。

どれも生活には必要不可欠な物となっていますよね。

まだまだ発展の最中なので10年後20年後はさらに多くの物がコンピューターがプログラムによって動き、便利になっている事と思います。

小学校や中学校でプログラミングの教育が必修科目となったのも、これからの時代コンピュータを使いこなす能力が必ず必要とされてくるからなのです。

またプログラミングを学習する事で自然と論理的思考や問題解決力が身につき、将来どんな仕事をしても役に立つスキルが身につきます。

将来性やスキルアップを考えるとプログラミングを学ぶ意味は多くあると思います。

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングを習得する事での様々なメリットがあります。ここからは詳しくメリットについて解説させて頂きます。

論理的に考える力が身に付く

プログラミングではコンピュータを動かすために物事の仕組みをよく理解して順序を立てて考えて指示を与えます。それを繰り返し行う事で論理的に考える力が身に付きます。

論理的に考える力は全てのビジネスで必要となるので、身につける事で自分自身の強みとなります。

解決する力が身につく

プログラミングでは何もかもがいつも思い通りに行くわけではなく処理が正しくできない場合もあります。

その場合発生した問題をどう対処するか考え原因を特定し、そこから解決方法を見つけ出す事を繰り返していきます。様々な問題と何度も対面する事で、どうすればいいか調べ解決する力が自然と養われます。

問題への素早い対応や解決策を考える力があるのは仕事では必ず必要となる大切なスキルです。プログラミングを学習する事で現状の問題を把握し、解決する力が身につくのは大きなメリットですね。

自由な働き方が出来る

プログラミングのスキルを持っていると、独立してフリーランスとして働きやすくなります。

また企業で働いている場合でも要望に合わせてリモートワークが可能となっている会社が多く柔軟に対応してくれます。

フリーランスで仕事ができたり、リモートワークで仕事ができる様になれば、働く場所や時間を自分で選択できるのでプライベートな時間を確保しながら働けるようになります。

人間関係が苦手と言う方も働く場所が選べる事によってストレスが軽減され、スムーズに仕事ができるようになるなど、自由な働き方ができるのはとても嬉しいですよね。

収入が安定する

プログラミングを学習して、コンピュータを動かすためのシステムを設計できるようになると、ITエンジニアとして活躍できるようにもなります。

ITエンジニアは技術職なので経験を積みながらスキルアップをしていくと年収も上がりやすくなります。

また様々な制作や開発でITエンジニアが必要とされているので、個人へ業務委託する企業も多く副業もしやすくなっています。副業を取り入れる事でさらに収入は上がっていきます。

収入が安定する事により生活も安定して豊かな暮らしを送ることができます。

年収はどれくらい?

まず日本の平均年収は430万円です。それに比べてプログラマーの平均年収は434万円となっているためわずかですが高い傾向にあります。

プログラマーと聞くともっと年収が高いと思っていた。と言う方もいますよね。

プログラマーと言う職種はスキルや経験の違いで年収の差が大きくなることがあります。スキルが高ければ他の職種よりも早い期間で活躍できる見込みが高くあり、どんどん実績を作っていくことによって年収アップを目指すことができます。

プログラマーとして実績を積んだ後、SE(システムエンジニア)を目指していくと、更なるキャリアアップが可能となります。

SEとはシステム開発の全てに携わる仕事のことです。

プログラマーはプログラムを作る仕事でしたがSEは顧客にどんなシステムが欲しいかヒアリングをし、システムを開発します。さらにサーバーの管理などができるようになるので仕事の幅が広がります。

なのでSEの平均年収も551万円とプログラマーと比較して高くなります。

学歴をともわなず年収が高くなる仕事はなかなかないのでSEは夢のある仕事と言えます。

プログラマーもSEも現在人材不足で貴重な人材となる為、プログラミングを学ぶことで将来的に仕事に困らなくなります。

プログラミングで出来る事

実際にプログラミングができるようになると、どのようなものが開発できるのかご紹介します。学習を始める前にどんなことをしたいのか考えながら見ていただくと良いかと思います。

アプリ開発

スマホを利用している人であればアプリを知らない人はいないと思いますが、このアプリもプログラミングで開発されています。

アプリの種類は3種類あります。

スマホアプリスマートフォンなどにダウンロードをして
端末上のみで動作するアプリケーションの事
Webアプリインターネット上のWebサイトから利用できるアプリケーションの事
ハイブリットアプリスマホアプリとWebアプリの特徴を持ち合わせたアプリケーション

開発できる様になれば世界中にコンテンツを届けることができる様になります。

アプリ開発で利用するプログラミング言語

アプリの目的や開発方法によってプログラミング言語は変わります。

Webアプリ開発では「Java」「HTML/CSS/JavaScript」「PHP」「Python」

スマホアプリ開発では「Java」「Swift」

業務用アプリ開発では「Java」「C#」

とアプリ開発では様々なプログラミング言語を利用しています。

ゲーム開発

家庭用ゲームからパソコンゲームなどたくさん楽しいコンテンツがありますが、こちらも全てプログラミングで作られています。

作る機械によってプログラミング言語が異なります。

ゲームはかなり細かいプログラムがあり複雑な作りになっていますので、私たちが楽しめるよう長い時間をかけて作成されています。

ゲーム開発の時に利用するプログラミング言語

「C++」「C#」 「Java」 「JavaScript」 「Go/Golang」 「Objective-C」 「Swift」 「PHP」 「Ruby」 「Python」

みて頂いた通り開発の中で一番多くプログラミング言語を用途によって使い分けをします。

ゲーム開発ではアプリの制作以外にサーバーの構成や、お知らせなどブラウザ表示するなど同じ開発内でも様々な作業があります。なのでプログラミング言語も用途によって数多くあります

その中でもゲーム制作の場合よく利用している言語は「C++」です。多くの制作会社が利用しているゲーム開発エンジンUnityで「C+」を利用しているからで、採用も「C++」が利用できることが必須条件となっています。

システム開発

システム開発とは家電製品や通信機器などの電子機器を動かすためにコンピューター内で様々な仕組みを作りシステム化することです。

身近なものですと銀行のお金を管理するシステムがあります。ATMはとても便利で無くてはならないシステムですよね。

他にも企業の業務など個人向けに業務の効率化を目的にシステムの開発がされています。

システム開発の時に利用するプログラミング言語

事務処理のシステムで使える「COBOL」です。

人工知能開発(AI)

人工知能(AI)とはコンピューターが考えるようにプログラミングし、コンピュターに人間の知能のような複雑な情報処理を実現した高度な技術のことです。

手動では時間がかかる様なことも人工知能(AI)に任せることで早く終わり、間違えることもないので仕事の効率が上がるようになります。

現在では人工知能(AI)が身の回りでもたくさん利用されています。スマホやパソコンの顔認識やAmazonが開発したAlexa(アレクサ)などのAI音声認識サービスなど便利な機会が数多くあります。

人工知能開発時に利用するプログラミング言語

企業でAIシステムの開発によく使うプログラミング言語は

「Python」「JavaScript」「C++」「Julia」「R言語」です。

ウェブサイト開発

Webサイト開発とは、ブログやホームページを作る事です。

今ではウェブ開発の仕事の需要はかなり高く、求人情報でも数多く案件があります。

よく気になるお店についてネットで調べるとそのお店ののホームページが表示されると思います。ウェブサイト開発ではホームページを制作するときに、何をどこに配置するかやどの機能を追加できるようにするかなどデザイまで数多く作成することがあります

ウェブサイト開発に利用するプログラミング言語

ホームページの作成に必要なプログラミング言語は「HTML」「CSS」「JavaScript」です。

プログラミングを学ぶなら

プログラミングは独学でも学べる!いやスクールに通った方がいい!などたくさんの意見があると思いますが、学びの違いだけでしかないので自分自身に合った学習手段を選んで効率的にプログラミングを習得していきましょう

独学で学習する

独学の場合は期間を長く見て学習を開始するといいと思います。

自分に必要な学習内容や解決方法などリーサーチに時間をかけることが多いと思うので、長い目でコツコツと学習を進めるといいです。

独学で学ぶ事にはメリットがあります。

  • 費用が安い
  • 自分のペースで学べる
  • 自信に繋がる

プログラミングを学ぶと分からないことや、うまくいかないことが出てくると思います。一人でやることは大変だと思いますが、やり抜いた達成感は今後大きな自信に繋がります。

また自分で解決するスキルは今後仕事でもとても役立つので、独学で学んでいる間に身につくことで自分自身の強みになります。

独学でスキルを身につけるコツ

まずプログラミングを学ぶ前に

  • どんな仕事に就きたいのか
  • 言語は何を学ぶべきか
  • どんな教材でどのように学習を進めていくか
  • 毎日の学習時間はどれくらい取るか

を明確にしてから学習を進めるといいでしょう。

明確にしておくことで習慣化しやすくなり、プログラミングの学習を効率的にできる様になります。

独学におすすめ学習ツール

プログラミングを特に手軽に始められるのが無料学習ツールです。複数のプログラミング言語を選べるので自分に合った勉強方法を見つけやすいです。

独学におすすめのWebサイト

Progate

スマホやタブレットからもゲーム感覚で始められます。イラスト中心のスライドで学べます。

初心者がつまづきやすいソフトの設定が不要なのですぐに学習を始められます。無料コースと有料コースで分かれており、無料コースは基礎のレッスンのみです。全てのレッスンを受けたい方は月額1,078(税込)でレッスン可能です。

CODEPREP

穴埋め式の形式で学少しづつ段階的に学習できるサイトです。1ドリル10分程度の時間で手軽に学習できます。

ディスカッションボードという掲示板があり、利用者同士で分からないことを解決していくことができます。分からないことを相談できるサービスがあるので心強く安心して学習できます。

ドットインストール

3分の動画で段階的に学習ができるサイトです。7440本の動画と492レッスンが提供されていて、効率よく学習が可能です。動画の字幕が可能となるので、音を出して見られない時にも学習ができて便利です。

SCRATCH(スクラッチ)

子供向けのプログラミング学習に利用されています。ゲームをプログラミングしていくので、子供だけではなく大人も楽しく学習できます。

独学におすすめの本

●プログラミング入門講座

プログラミングについて一から学ぶのにおすすめです。何を学習するべきかなど独学をするうえで参考になることが多く書かれているので最初に読んでみて間違いないと思います。

●プログラミング学習術

こちらもプログラミングを独学で学習するうえで必要な正しい学習法が書いてあります。最初に読んでおくことで、正しく学習することができて挫折する確率も下がると思います。

●教養としてのプログラミング講座

はじめてプログラミングに触れる方におすすめです。ページ数が少なく読みやすいので1時間ほどで読み終わり、読んだ後はプログラミングが身近に感じると思います。

●マンガでざっくり学ぶプログラミング

苦手意識がある人でもマンガで優しく解説してくれています。難しそうなコードの書き方も分かりやすく書かれているので、基礎から一歩前進して学びたい方にもおすすめです

●プログラムはこうして作られる プログラマの頭の中を覗いてみよう

こちらは有名なゲームメーカー、セガのゲームプログラマーが解説した本です。簡単なゲーム制作を例にどのようにプログラムを作るかを分かりやすく解説しています。

ゲームプログラマーに興味がある方やプログラムを作るうえでの考え方を知りたい方におすすめの本です

●はじめての上流工程をやり抜くための本

こちらはエンジニアでスキルアップをしたい方にお勧め。上流工程は求められるスキルが多いのでどのような準備が必要か学ぶことができます。

プログラミングスクールで学習する

独学よりも必要なカリキュラムが組まれているので、無駄な学習時間を省くことができます。また定期的に学習時間を確保することができるので独学よりも短期間で学ぶことができます。

  • 一人ではだらけてしまいそう
  • 必要な情報だけで学習したい
  • 短期間で習得したい

と思っている方はスクールをおすすめします。

ただ独学よりもスクールの場合は費用の負担が多くかかる場合があります。お金を払って続けられるか不安な方も多いと思うので無料体験学習を利用するのをおすすめします。

またスクールによっては教育訓練給付制度の対象となれば支払いをした金額が戻ってくる場合があるので、金額面で不安な方にはこちらもお勧めいたします。

教育訓練給付制度を利用する

教育訓練給付制度とは「国が認定した教育訓練を受けた場合、条件を満たせば教育訓練を受けるために支払った金額の一部を払い戻してくれる」制度です。

最大受講料の70%が支給されるので、本格的に学習予定の方は使える制度を利用してお得にスキルを身につけましょう。

教育訓練給付制度は3種類ある
専門実践教育訓練経済産業省認定第4時産業革命スキル習得講座
ITSSレベル3以上のIT関係資格取得講座
最大で受講費用70%
(上限56万円・最長4年)
特定一般教育訓練ITSSレベル2以上のIT関係資格取得講座受講費用の40%
(上限20万円)
一般教育訓練ITパスポートなど受講費用の20%
(上限10万円)
教育訓練給付制度の対象者とは

雇用保険の加入期間を一定満たしている方が対象となります。始めて利用する方は雇用保険加入期間が1年以上。2回目以降に利用する方は雇用保険加入期間が前回受講開始日より3年以上かつ前回の支給決定から3年経っていることが条件となります。

教育訓練給付金を受け取るには、ハローワークもしくは該当のプログラミングスクールに教育訓練給付金を利用したいことを伝えておくことをおすすめします。必ずスクールに通う1ヶ月前にハローワークでジョブカードを発行しなければならないのでお気をつけください。

教育訓練給付制度対象のおすすめのスクール

DMM WEBCAMP
月額料金15,500円〜
学習形式オンライン・通学
講師現役エンジニア
学べる言語8言語
転職サポート

厚労省が認定しているスクールなので教育訓練給付制度の対象で料金の最大56万円のキャッシュバックを受けることができます。

分からないことや疑問に思ったことがあれば22時までチャットでサポートしてくれるので安心です。

Aidemy
料金3ヶ月プラン 528,000円
6ヶ月プラン 858,000円
9ヶ月プラン 1,078,000円
学習形式オンライン
講座数全7講座
講師厳しい審査基準をクリアした独自の研修を修了した経験豊富な講師
転職サポート

未経験でも3ヶ月でAIを使いこなせるよう24時間チャットサポートやコードレビュー、オンラインメンタリングといった充実のサポートがあります

教育訓練給付金が対象となれば料金の70%(最大56万円)の給付金を受けることができます。

TECH CAMP

料金短期集中スタイル 657,800円
夜間・休日スタイル 877,800円
学習形式オンライン・通学
講座数全3コース
講師講師は全員自社選考で採用したプロ
転職サポート

テックキャンプの講師は24時間待機しているので、質問の回答を素早くしてくれます。学習中はオンラインならビデオ通話で、教室なら直接講師が対応で安心して受講できます。

またモチベーションが下がらないように専属トレーナーがサポートをしてくれるので挫折せず最後まで頑張ることができます。

まとめ

今回はプログラミングって何?と思っていた方へプログラミングの意味やプログラミング言語についてなど、基礎的な事を簡単にお伝えさせて頂きました。

さらに興味を持っていただいた方へ、プログラミングの学習方法を何点かお伝えさせて頂きました。

プログラミングができる人材は元から貴重で、今後さらに需要が増えてくると思います。

プログラミングを学習することでビジネスで役立つ力もつきますし、今後自分の強みを増やす為にもプログラミングはおすすめです。

興味を持っていただけた方はぜひ始めてみて下さい。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる