プログラミング

プログラミング初心者がつまずく15のポイントと解決法を徹底解説

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

「プログラミング初心者だけど、実際に始めてみたら難しくて先に進まない」
「プログラミング初心者が学習でつまずいてしまうポイントが何か気になる」

本記事では、プログラミング初心者の多くが気になるプログラミングでつまずく15のポイントと解決法を徹底解説していきます。
プログラミング学習をするなら失敗したくない、と考えている人はぜひ、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもプログラミング学習を始める第一歩です。
会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

プログラミング初心者がつまずく15のポイント

プログラミングは学ぶ上で非常に有益なスキルですが、プログラミングの習得過程は時に直面する困難で満ちています。
初心者が特につまずきやすい15のポイントを、一つ一つ丁寧に掘り下げて解説します。

下記のポイントは、新しい概念の理解から具体的な技術的障壁まで、幅広い課題を紹介しています。
理解しやすい方法で説明することで、読者がつまずくポイントの一般的な落とし穴を避け、効果的にプログラミングスキルを身に付けるための道を拓く助けになるでしょう。

  1. プログラミングの習得目的や目標がない
  2. 継続的に学習できない
  3. 基本的に受け身である
  4. 英語が苦手
  5. パソコンの操作が苦手
  6. プログラミングの概念を理解できない
  7. プログラミングの記述方法を暗記しようとしている
  8. エラーや不明点を解決できない
  9. 開発環境が構築できない
  10. プログラミング言語の選び方が分からない
  11. システムの流れが分からない
  12. プログラミングの書き方が分からない
  13. 記述したコードの内容が理解できない
  14. アウトプットの仕方が分からない
  15. 分からないことが分からない

プログラミングの習得目的や目標がない

プログラミング学習を始める際、最初に設定すべきは明確な目的と目標です。

目標がないと、学習過程でのモチベーションの維持が困難になり、いかなる技術に焦点を当てるべきか、何を学ぶべきかの方向性が定まらず、結果的に時間と労力を無駄にしてしまう可能性があります。
目的が明確であれば、目的に向けての具体的な計画を立てやすく、継続的な成果を得ることが可能です。

また、達成感を感じやすくなり、次なるステップへと進む動機付けにもなります。

継続的に学習できない

継続は力なり、とよく言われますが、プログラミング学習においても非常に当てはまる言葉です。
継続的に学習できないことがつまずきの一因となるのは、プログラミング技能は定期的な練習と復習を必要とするからです。

たとえ基礎的な内容でも、定期的に触れないと忘れてしまいがちです。
逆に継続的に学習することで、難しい概念やスキルも自然と身につき、より高度なトピックへと進むための基盤が固まります。

また、プログラミング業界は日々、技術や知識のアップデートが行われているため継続的に学習する必要があります

基本的に受け身である

受動的な学習姿勢はプログラミングの習得において大きな障壁です。
単に情報を受け取るだけではなく、積極的に問題を解決し、自ら課題に取り組むことが重要です。

プログラミングは、試行錯誤を繰り返しながら最適な解を見つけ出す過程です。
受け身でいると、試行錯誤を繰り返すというようなアクティブな問題解決スキルが養われず、自分でコードを書く、エラーを修正する、新しいプロジェクトを始めるといった能動的な行動が取りにくくなります。

プログラミングスキルを習得したいのであれば、自ら進んで技術や知識をインプットして、得た情報がいかなる方法で使えるのか試行錯誤しながら学習していくと良いでしょう。

英語が苦手

多くのプログラミング言語は英語ベースで設計されているため、英語が苦手な人にとっては初めての障壁となり得ます。

英語の変数や関数名、ライブラリのドキュメントなど、基本的なプログラミングの読み書き能力が求められます。
英語の理解が乏しいと、エラーメッセージを解釈することや、問題解決のためのリソース検索が困難になります。

しかし、基本的な英語の用語を覚えることで、プログラミングの学習がぐっと楽になります。
簡単な英単語から始め、徐々に専門用語を拡充することが効果的です。
また、最近では、パソコンやスマートフォンなどの端末で利用可能な英語の翻訳機能を活用することもできるので、うまく利用して英語の文章や単語の意味を理解できるよう心がけましょう

パソコンの操作が苦手

プログラミングを学ぶ上で、パソコンの基本操作は不可欠です。
ファイルシステムの理解、テキストエディタの使用、ソフトウェアのインストールやアップデートなどの基本的なスキルが欠けていると、学習のすべての段階で障害になります。

パソコン操作に自信がない場合は、まず、基本的なコンピュータスキルを身につけることから始めるべきです。
多くの無料リソースやチュートリアルが利用可能で、プログラミング学習への大きな壁を取り除く助けとなるでしょう。

プログラミングの概念を理解できない

プログラミングの基本概念とは何かよく分からない人も多いのではないでしょうか。

例えば、変数、ループ、条件分岐、関数などを理解することは、効率的なコーディングへの第一歩です
先述した概念が把握できなければ、より複雑なプログラムを書くことが難しいと言えます。

理解に苦労する場合は、ビジュアルエイドやインタラクティブな学習ツールを利用すると良いでしょう。
また、具体的な例を通じて学ぶことで、抽象的な概念が具体的なイメージとして定着しやすくなります。

プログラミングの記述方法を暗記しようとしている

プログラミングを学ぶ際、単にコードの記述方法を暗記するアプローチは、一見効率的に見えるかもしれませんが、長期的な学習目標には逆効果です。

コードを暗記することは、暗記したことが問題を解決するのに役立つかもしれませんが、暗記した内容がなぜ機能するのかを理解していないと、わずかな変更や新しい問題が発生した際に対応できません
実際の開発では、プログラムは動的であり、常に変更や調整が必要です。

したがって、コードの背後にある原理やロジックを理解することが、適応性と問題解決能力を高める鍵となります。
コードの理解を深めることで、異なる状況に応じてコードを修正したり、新たな機能を自分で設計したりする能力が育ちます。

エラーや不明点を解決できない

プログラミング学習の過程で避けられないのが、エラーとの戦いです。

エラーから学ぶことはプログラミングスキルを磨く上で不可欠ですが、エラーを解決できない場合、学習の進行が著しく阻害されます。
エラーメッセージを解読し、問題の根源を特定する能力は、効果的なデバッグの基本です。

エラーの解決ができないと、単に進行が止まるだけでなく、自信を損ね、学習意欲が減退する原因となります。
エラーや不明点を解決する能力は、問題解決に対する理解を深めることで養うことができ、知識の積み重ねと経験から自然と身につきます。

開発環境が構築できない

プログラミングを学ぶ上で、適切な開発環境の構築は第一歩です。
開発環境が整っていないと、実際にプログラムを書き、テストすることができず、学習プロセス全体が遅れる原因となります。

特に初心者にとっては、開発ツールのインストールや設定が複雑で困難に感じられることがあります。
初期の障壁を乗り越えるためには、環境構築のための明確なガイドラインやチュートリアルが非常に役立ちます。

また、環境構築をサポートするコミュニティやフォーラムへの参加も、問題解決に有効です。

プログラミング言語の選び方が分からない

プログラミングの学習を始めるにあたって、最初の大きな問題は「いかなるプログラミング言語を学ぶか」です。
適切な言語を選ぶことができないと、学習者は今後の学習過程でモチベーションを失ったり、不要な困難に直面したりする可能性があります。

プログラミング言語はそれぞれ、特定の用途や業界に適しています。
たとえば、ウェブ開発にはJavaScriptが、データサイエンスにはPythonがよく推奨されます。
以下にプログラミング初心者におすすめのプログラミング言語をまとめたものを記載しましたので、参考にしてみてください。

プログラミング言語特性主な用途
Python読みやすく、初学者にも扱いやすい。
豊富なライブラリ。
ウェブ開発、データサイエンス、機械学習
JavaScriptウェブページのインタラクティブ性を向上させる。
全てのブラウザで実行可能。
ウェブ開発、フロントエンド開発
Java書く際の厳格な構文規則があり、大規模なプロジェクトに適している。エンタープライズアプリケーション、Android開発
PHPサーバーサイドでのウェブ開発に特化しており、広範囲にわたるデータベースとの統合が容易。ウェブアプリケーション、コンテンツ管理システム
Ruby書きやすく、読みやすい構文。
Railsフレームワークとの相性が良い。
ウェブアプリケーションの迅速なプロトタイピング


言語選びにおいては、自分の興味や将来のキャリア目標、使用されている技術コミュニティのサポートの有無を考慮することが重要です

適切な言語を選ぶことで、学習がスムーズに進み、より実践的なスキルが身につきます。

システムの流れが分からない

プログラミングでは、単にコードを書くだけでなく、記述されたコードがいかにシステム全体と連携して機能するかを理解することが必要です。

システムの流れが把握できないと、いかなる部分に何のコードを書くべきか、いかに各部分が互いに影響を与え合うかの見通しが立たず、効率的なプログラミングが困難になります。
特に大きなプロジェクトやチームでの開発では、全体のアーキテクチャの理解が不可欠です。

システムの流れを克服するためには、実際のプロジェクトを通じて、またはシステム設計に関する学習資料を使って、全体的なフローを学ぶことが推奨されます。

プログラミングの書き方が分からない

初心者がプログラミングを学ぶ上で直面する基本的な問題の一つに、「正しいコードの書き方が分からない」ということがあります。
プログラミング言語の文法や構文を理解することだけでなく、効率的で読みやすいコードを書くためのベストプラクティスを学ぶことも含まれます。

不適切なコーディングスタイルは、プログラムのバグの原因となり、メンテナンスが困難になる可能性があります。
上記のような問題を解決するには、多くのコード例を読み、小さなプロジェクトから始めて徐々に複雑なものに挑戦することが有効です。

また、コードレビューやペアプログラミングを通じてフィードバックを得ることも、学習過程で非常に役立ちます。

記述したコードの内容が理解できない

プログラミングの学習において、自分が書いたコードを理解することは非常に重要です。
コードの内容が理解できないと、何が正しく動作しているのか、何が間違っているのかを判断することができません。

特にデバッグのプロセスやコードの改良において重要な障壁となります。
プログラミングでは、各命令や構文が具体的に何を行うのか、そして、記述したコードが全体のプログラムにいかに影響するのかを理解することが求められます。

コードに対する理解が不足していると、単純なエラーの修正が困難になり、また、新しい機能の追加や既存コードの拡張も効果的に行えません。
コードをより深く理解するためには、頻繁に実践を重ね、同じプロジェクトの仲間から自身のコードのフィードバックをもらったり、コーディングチュートリアルを活用したりすることが有効です。

アウトプットの仕方が分からない

技術や知識を習得することは一つのステップであり、習得した技術や知識をいかにアウトプットするかが同じくらい重要です。
アウトプットの方法が分からないと、学んだことを実際のプロジェクトや仕事に活かすことができず、学習の効果をフルに発揮することが難しくなります。

効果的なアウトプットの方法には、ブログ記事の執筆、ポートフォリオの作成、またはコミュニティ内でのディスカッション参加が含まれます。
上記の行動は、自身のスキルを確かなものとし、さらには職業的なネットワークを拡大する手助けもします。

また、自分の理解を他人に説明することで、知識がさらに深まるでしょう。

分からないことが分からない

「分からないことが分からない」という状態は、プログラミング学習の初期段階でよく見られる問題です。
自分の知識のギャップを正確に把握できていない状態を指し、何を質問すれば良いのかさえ分からないという状況に陥りがちです。

「分からないことが分からない」という問題を解決するためには、基本的な概念から始めて徐々に深い知識へと進む段階的な学習が推奨されます。
また、メンターやコミュニティとの積極的な交流を通じて、知識のブラインドスポットを発見し、理解を深めることが有効です。

上記のようなアプローチにより、学習者は自身の弱点をより明確に把握し、効果的な質問ができるようになります。

プログラミング初心者がつまずかないための解決法

プログラミングは、多くの挑戦を伴いますが、適切なアプローチと戦略を用いることで、学習の障壁を乗り越えることが可能です。
本項では、初心者がスムーズに学習を進めるための解決法を紹介します。

  • プログラミングの習得目的や目標を設定する
  • 学習する習慣をつける
  • 様々な学習リソースを併用してみる
  • 取り入れた知識はアウトプットする
  • 自分から検索していく力をつける
  • 質問や相談できる場所をつくる

プログラミングの習得目的や目標を設定する

プログラミング学習の初めに目的と目標を設定することは、モチベーションを維持し、方向性を定める上で非常に重要です。
目標が明確であれば、学習内容が困難になった時にも、なぜこの努力が必要なのかを自分自身に思い出させることができます。

たとえば、ウェブ開発者になりたい場合は、HTML、CSS、JavaScriptを学ぶことが目標となるかもしれません。
また、「1日3時間は学習の時間をとる」、「今日は学習するプログラミング言語のループ処理の構造、書き方は理解する」といった小さな目標を設定してみることもモチベーションを維持することになるでしょう。

具体的な目標は、学習プロセスを段階的に見直し、達成可能な小目標にすることで、達成感を感じながら進めることができます。

学習する習慣をつける

「継続は力なり」という言葉があるようにプログラミングスキルを身につけるには、規則正しい学習が不可欠です
毎日または毎週決まった時間にコーディングを行う習慣をつけることで、少しずつですが確実に知識が積み重なります。

学習する習慣が身につけば、忙しい中でも学習時間を見つけることが容易になり、長期的に見て大きな進歩に繋がります。
また、定期的な練習は新しい概念を定着させるのに役立ちます。

様々な学習リソースを併用してみる

一つの教材だけに依存するのではなく、書籍、学習サイトやアプリなどのオンラインコース、ビデオチュートリアル、プログラミングコミュニティなど、様々なリソースを組み合わせることで、理解が深まります。

異なる視点から同じトピックを学ぶことで、より広い理解が得られ、自分にとって最も効果的な学習方法を見つけることができます。
また、実際に他の人とコミュニケーションを取りながら学ぶことで、疑問点を即座に解決することが可能になり、より動機付けが増します。

取り入れた知識はアウトプットする

学び取った知識を実際に使ってみることは、プログラミングスキルを磨く上で非常に効果的です。
理論だけではなく、実際にコードを書いたり、プロジェクトを作成したりすることで、学んだ内容が実際にいかように機能するのかを理解できます。
実際にアウトプットしていくことにより、記憶の定着だけでなく、学んだ内容をいかに応用できるかの理解も深まります。

また、自分の作品をブログに投稿したり、GitHubに公開したりすることで、他の開発者からのフィードバックを得ることができ、さらなる学びへとつながります。
アウトプットの習慣は、知識の確認としてだけでなく、自己表現の手段としても非常に有効です。

自分から検索していく力をつける

プログラミングを学ぶ上で、自ら情報を探求し、解決策を見つけ出す能力は非常に重要です。

自己検索のスキルがあると、未知の問題に直面したときに自分で解決策を見つけることが可能になります。
インターネットは情報が溢れているため、効果的な植索技術を身につけることで、必要な情報やチュートリアル、フォーラムの投稿を迅速に見つけることができます。

自分の検索していく能力はプログラミングだけでなく、将来的なキャリア全般に渡って非常に役立ちます。
また、エラーが出現した時に出現したエラー文を検索してみると解決する方法が見つかることがあるのでまずは調べてみることをおすすめします。

質問や相談できる場所をつくる

学習中に適切な支援を受けることは、疑問や問題が生じたときに迅速に解決するために不可欠です。

メンター、オンラインフォーラム、勉強会など、質問や相談ができる環境を整えることで、学習の停滞を避け、継続的な進歩を促すことができます。
質問や相談できる場所をつくることにより、孤立せずに学習を進めることができ、さまざまな視点からのアドバイスやサポートを受けることが可能になります。

プログラミング学習につまずきそうならDig Skillがおすすめ

プログラミング学習での障壁は避けられないものですが、Dig Skillのような学習サイトを活用することで、プログラミング学習における壁を乗り越える手助けを得ることができます。

Dig Skillは、初心者から上級者までのニーズに応じたカリキュラムを提供し、実践的なプロジェクトとインタラクティブな学習が可能です。
以下は、Dig Skillで受講できるプログラミング言語とツールについてまとめたものです。

言語・ツール学習内容
HTML/CSSWebアプリケーションでの画面構造の基礎について学ぶことができる。
初心者向けのマークアップ言語。
ReactJavaScriptライブラリーフェース構築の基礎を学ぶことができる。
Java基礎及び初級から上級までのコースが用意されており、初歩的なところから本格的な技術までも学ぶことが可能。
PHPJavaと同様、基礎及び初級から上級までのコースが用意されており、初歩的なところから本格的な技術までも学ぶことが可能。
また、フレームワークのLaravelを利用したコースも用意されている。
Python実践的な技術から機械学習までを学ぶことが可能。
SQLデータベースを操作するための基礎を学ぶことが可能。
GitGitを利用したバージョン管理の基礎を受講可能。
環境設定各コースに必要な環境設定の手順を受講可能。


また、基本的に無料で登録不要で利用できますが、有料プランでは、現役エンジニアによる質問や相談を受けられたり、オンライン授業を受講できたりとより深い理解とモチベーションの維持を支援します

Dig Skillは、プログラミングの学習をより効果的で楽しいものに変えてくれるでしょう。
気になる人は、下記のボタンからDig Skill公式サイトをチェックしてみてください。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

まとめ

プログラミングの学習は、初心者にとって難しく感じられるかもしれませんが、本記事で紹介した15のつまずきポイントと解決策を参考にすれば、効率的にスキルを身につけることができるでしょう。

目標設定から質問場所の確保まで、一歩一歩着実に進めていけば、プログラミングの世界で成功するための基盤を築くことが可能です。
そして、もし途中で困ったら、Dig Skillのような学習サイトを活用してください。

プログラミングを習得することは、あなたのキャリアプランにおいて、大きな価値をもたらすでしょう。

プログラミング初心者つまずく関連FAQ

本項では、プログラミング学習において、初心者がよく持つ疑問に答えていきます。
ぜひ、より効果的な学習方法を見つけ出すための参考にしてください。

プログラミングを1日何時間勉強すればよいですか?

プログラミングの学習時間に関して「最適な時間」は個人によって異なりますが、一般的には、毎日少なくとも1〜2時間の学習を推奨します。

重要なのは、長時間にわたって集中することよりも、毎日一定の時間を確保し、継続的に学習することです。
短時間でも、日々の学習を続けることがスキルの向上に繋がります。

また、プログラミングは実践が非常に重要なため、理解した内容をすぐに実際のコーディングで試し、定着させることが効果的です。

プログラミングが上達しない理由は何ですか?

プログラミングスキルが上達しない主な理由の一つに、継続的な実践不足が挙げられます。

また、新しい概念や技術に対する学習方法が単一である場合や、学習した内容の理解が浅いまま次のトピックへと進んでしまうことも影響します。
効果的にスキルを向上させるには、定期的な復習と実践、そして挑戦的なプロジェクトに取り組むことが重要です。

理解が追いつかない場合は、基礎に立ち戻り、概念を一つずつ確実に理解することも効果的です。

プログラミングの基礎を身につけるのに何ヶ月かかりますか?

プログラミングの基礎を身につける期間は、学習者の背景や学習に費やす時間、使用するリソースによって大きく異なります。

一般的に、毎日数時間を学習に割り当てれば、基本的なプログラミング概念を理解し、簡単なプログラムを作成できるようになるまでに3〜6ヶ月かかることが多いです。
しかし、より深い理解や複雑なプロジェクトに取り組むためには、さらに長い時間と実践が必要となるでしょう。

最も重要なのは、学習過程を急がず、各概念に対してしっかりと時間をかけることです。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる