エンジニア

Webエンジニアの平均年収は?年代別や仕事内容、働き方を解説!

おすすめのプログラミングスクール紹介

横スクロール可能です→

スクール名コース数料金割引特徴転職サポート受講期間

公式サイト
15無料登録不要で利用可能。
有料プランでは現役エンジニアへの質問やオンライン授業の受講が可能。
カリキュラムは全てオンラインで公開されている。
-

公式サイト
980,000円~教室受講とオンライン受講の選択及び併用が可能。
受講生の満足度が96.5%。
2ヶ月~

公式サイト
2無料最短60日間でITエンジニアとして就職を目指せる。
就職率 98.3%。
完全無料のオンラインスクール。
1ヶ月~

公式サイト
29,800円~オンラインとオフラインの授業が可能。
教室にメンターが常駐している。
PHPに特化した講座。
3ヶ月~

公式サイト
1269,800 円~閲覧期間無制限のオンライン動画教材で学習可能。
講座買取制。
無制限

公式サイト
11,000円~質問し放題(定額制)。
Web制作やサービス開発スキルに特化。
-1ヶ月~

公式サイト
317,400円~基礎から実践まで体系的に学べる学習プログラム。
無制限でチャットで質問可能。
-4週間~

公式サイト
3329,350円〜
(補助金適用による最大の割引金額)
転職成功率 98.8%。
卒業後も学び続けられる環境がある。
3ヶ月~

公式サイト
126,400円~信頼可能な講師に質問し放題。9ヶ月~

公式サイト
547,800円(22,825円/月)~専門実践教育訓練給付金制度あり。
エンジニア経験のあるメンターからサポートを受けられる。
16週間~

公式サイト
26,500円~現役エンジニアによる「メンタリング制度」がある。
1ヶ月ごとに受講期間が延長可能。
3ヶ月~

公式サイト
414,300円〜現役Webエンジニアの講師によるマンツーマン指導。
スクール主催のイベントに参加可能。
3ヶ月~

公式サイト
34,098円~現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンあり。
実務を見据えたレッスン内容。
4週間~

今からWebエンジニアを目指したいけど年収っていくらくらいなのか、または、現在、Webエンジニアだけど年収がなかなか上がらない、と思っている人がいるのではないでしょうか。

本記事では、Webエンジニアの平均年収、年齢や職種、働き方による収入の違いを詳しく解説し、さらに年収を引き上げる方法や、収入増加が期待できる企業の選び方までご紹介します。

Webエンジニアで年収アップをしたい人はぜひ、参考にしてみてください。

また、プログラミングを無料で学習できるサイトを試してみるのもWebエンジニアとして年収アップを目指す第一歩です。
会員登録不要」でしかも「無料」の学習サイトはDig Skillがおすすめです。

Dig Skill公式サイトについてはこちら

Webエンジニアの平均年収はいくら?

Webエンジニアとしてのキャリアを目指す多くの方が最初に知りたいのは、いくらくらいの年収が期待できるかということです。
国や地域、そして企業によって異なりますが、Webエンジニアの平均年収は一般的に高いとされています。

日本では、新卒のWebエンジニアの初任給は約300万円から始まり、経験とスキルに応じて年収は急速に上昇します。
熟練度が増すとともに、特に需要の高いスキルを持つエンジニアは、800万円を超えることも珍しくありません。

さらに、フリーランスや独立して高額プロジェクトを手がける場合、年収が1000万円を超えることもあります。

本項では、より詳しくWebエンジニアの平均年収について掘り下げていくので、詳しく見ていきましょう。

  • 年代別の平均年収を紹介
  • 働き方別の平均年収を紹介
  • 職種別の平均年収を紹介

年代別の平均年収を紹介

Webエンジニアの年収は年齢と共に変化します。
20代のうちは基本的なスキルを身につけ、プロジェクト経験を積みながら年収は徐々に上昇します。

以下は、年代別の平均年収の概要です。

年代平均年収
20代300万円 – 400万円
30代500万円 – 700万円
40代700万円 – 900万円
50代以上800万円 – 1000万円

Webエンジニアのキャリアの進行とともに増加する平均年収を年代ごとに示しています。

20代はキャリアの初期段階で、基本的な技術スキルを磨いているため年収が低めですが、30代に入るとより複雑なプロジェクトを管理し、技術的な専門知識が増すにつれて年収が向上します。
40代では管理職や専門職に就くことが多くなり、50代以上では長年の経験と専門技術を活かした高い位置での仕事が年収をさらに押し上げます。

働き方別の平均年収を紹介

Webエンジニアとしての働き方には様々な形態があり、それぞれで年収に差が出ます。
正社員として安定した職に就く場合と、フリーランスとして独立して働く場合では、リスクとリターンが異なります。

下記で詳しく解説していきますので、見ていきましょう。

  • 正社員の場合
  • 派遣社員の場合
  • フリーランスの場合
  • 副業の場合

正社員の場合

正社員で働く場合、年収は一般的に年齢と共に増加し、経験が蓄積されるほどに収入も上がっていきます
安定した雇用形態である正社員は、多くの場合、フリーランスや契約社員に比べて福利厚生が充実しているため、特に家庭を持つ技術者には魅力的な選択肢です。

以下は年代別の平均年収です。

年代平均年収
20代350万円 – 450万円
30代550万円 – 750万円
40代800万円 – 1000万円
50代以上1000万円 – 1200万円
  • 20代
    若手Webエンジニアとしてのスタートは、基本的な開発タスクから始まりますが、正社員としての位置付けは安定しており、必要な研修や学習の機会が提供されます。
  • 30代
    技術力とプロジェクト管理スキルが向上するにつれて、より大きなプロジェクトを任されるようになり、任される業務内容に伴い年収も大幅に上昇します。
  • 40代
    高度な技術知識と広範な経験を活かし、チームリーダーやプロジェクトマネージャーといった上位職に就くことが多くなります。
  • 50代以上
    深い専門知識と豊富な経験を持ち、しばしば企業内で重要な意思決定を行うポジションにあります。

上記の数字は一般的な傾向を示しており、特定の企業や業界、地域によって異なる場合があります。
正社員としてのキャリアを積むWebエンジニアにとって、スキルの向上と共に収入も増えることが期待できます。

派遣社員の場合

派遣社員として働くWebエンジニアの年収は、一般的にプロジェクト契約の内容や期間、さらには個々の技術力と経験に大きく左右されます。
派遣社員の働き方の主な特徴は、様々な企業や環境で働く機会が多いことです。
様々な企業や環境で働く機会が多いことにより多角的なスキルと経験を積むことが可能ですが、仕事の安定性や継続性に欠けることがあります。

以下に、派遣社員のWebエンジニアの年代別平均年収を示します。

年代平均年収
20代300万円 – 450万円
30代450万円 – 650万円
40代650万円 – 850万円
50代以上750万円 – 950万円
  • 20代
    20代の派遣社員は、基本的な開発タスクやサポート業務を担当することが多く、年収は300万円から450万円程度です。
    上記の段階での経験は、将来的なキャリアの基盤を築くために重要です。
  • 30代
    一定の専門技術とプロジェクト管理能力を身につけた30代の派遣社員は、より高度な開発プロジェクトに参加することが増え、年収は450万円から650万円に上昇します。
    プロジェクトの成功が直接収入に反映されることもあります。
  • 40代
    経験豊富な40代では、技街面でリーダーシップを取ることが期待され、大規模プロジェクトや複雑なシステムの開発に関わることが多くなります。
    大規模プロジェクトや複雑なシステムの開発に携わることに伴い年収は650万円から850万円となります。
  • 50代以上
    50代以降では、専門性と深い業界知識が求められ、高難度の問題解決やコンサルティングに従事することがあります。
    年収は750万円から950万円程度となり、プロジェクトによっては紹介した金額以上を期待することも可能です。

派遣社員としての働き方は、高い柔軟性を持つ一方で、雇用の不安定さが伴います。
しかし、多様な技術と経験を積むことが可能であり、多くの経験が直接年収アップにつながるケースも少なくありません。

派遣社員のキャリアパスを選択する際は、継続的なスキルアップとネットワーキングが成功の鍵となります。

フリーランスの場合

フリーランスとして働くWebエンジニアの年収は、彼らが取り組むプロジェクトの種類、スキルレベル、そしてクライアントの予算に大きく左右されます。
フリーランスは高い柔軟性を享受できる一方で、仕事の流動性や収入の不安定さも抱えています。

以下の表は、フリーランスWebエンジニアの年代別平均年収を示しています。

年代平均年収
20代300万円 – 500万円
30代500万円 – 800万円
40代800万円 – 1200万円
50代以上1000万円 – 1500万円
  • 20代
    若手の段階では、フリーランスは多くの小規模プロジェクトや短期契約を通じて経験を積みます。
    収入は不安定ですが、多様な技術を学ぶ機会が多いです。
  • 30代
    技術力と業界での評判が確立されるにつれて、より大きく複雑なプロジェクトを手がけるようになり、作業の複雑さに伴い収入も増加します。
  • 40代
    高度な専門知識と広範な経験を持つフリーランスは、大企業や長期プロジェクトから信頼される存在になります。
    責任の伴う業務内容により年収は大幅に上昇します。
  • 50代以上
    業界内での豊富な経験と知識を活かし、コンサルティングや高額プロジェクトのリードを行うことが増え、最高の収入を得る時期です。

副業の場合

副業としてのWebエンジニアリングは、本業に加えて追加収入を得る手段として人気があります。
副業の収入は、本業の給与に依存せず、追加の財源を確保するのに役立ちます。

以下は副業Webエンジニアの年代別平均年収です。

年代平均年収
20代50万円 – 200万円
30代100万円 – 300万円
40代200万円 – 400万円
50代以上300万円 – 500万円
  • 20代
    若手エンジニアが副業で取り組むのは主に小規模プロジェクトやフリーランスプラットフォームでの作業が多く、収入は比較的低いですが、スキルの向上に貢献します。
    低いスキル感では、思い描く求人や案件が見つからないことが多いので、できるだけ実務レベルに近いスキルを習得しておくことをおすすめします。
  • 30代
    技術力が向上するとともに、より収益性の高い副業プロジェクトを手がけるようになり、副収入は増加します。
  • 40代
    専門技術を持つエンジニアは副業でも高価値なプロジェクトを引き受けることが可能で、安定した追加収入が見込めます。
  • 50代以上
    豊富な経験を生かし、副業としても高度なプロジェクトやコンサルティングで相応の収入を得ることが多くなります。

職種別の平均年収を紹介

Webエンジニアリングの世界は多岐にわたる職種から成り立っており、それぞれの専門分野によって求められるスキルセットや業務内容が異なります。
必要とされるスキルセットや業務内容が異なることに伴い、年収も職種によって大きく異なることが一般的です。

フロントエンドエンジニアバックエンドエンジニアフルスタックエンジニアシステムエンジニアなど、それぞれの専門分野における平均年収を見ていきましょう。
それぞれの職種を知ることにより、キャリアパスを選択する際の参考になるでしょう。

  • フロントエンドエンジニアの平均年収
  • バックエンドエンジニアの平均年収
  • フルスタックエンジニアの平均年収
  • システムエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアは、ウェブサイトやアプリケーションのユーザーインターフェースを設計・開発する役割を担います。
技術的なスキルとともに、デザイン感覚が求められるため、需要は高いです。

フロントエンドエンジニアの年収は、自身の技術力、経験、プロジェクトの規模や雇用形態によって異なります。

以下に、年代別の平均年収を示します。

年代平均年収
20代350万円 – 500万円
30代500万円 – 800万円
40代800万円 – 1200万円
50代以上1000万円 – 1500万円
  • 20代
    若手フロントエンジニアは基本的なHTML、CSS、JavaScriptの知識からスタートし、リアクティブフレームワークなどの高度な技術を習得するにつれて収入が増加します。
  • 30代
    技術的な深さと幅を広げ、リーダーシップを発揮するプロジェクトが増えることで、収入も上昇します。
    また、UX/UI設計のスキルが高い評価を受けるようになります。
  • 40代
    高度な技術力と豊富なプロジェクト管理経験を持つフロントエンドエンジニアは、大規模プロジェクトのリードやチームマネジメントを担い、収入がさらに増えます。
  • 50代以上
    長年にわたる経験と専門技術を持つベテランエンジニアは、戦略的なプロジェクトに関与し、フリーランスやコンサルタントとして高額な報酬を得ることが多くなります。

バックエンドエンジニアの平均年収

バックエンドエンジニアは、Webアプリケーションやシステムのサーバーサイドの設計と開発を担当します。
彼らはデータベース管理、サーバーのロジック、APIの実装など、サイトの機能性を支える重要な役割を果たします。

バックエンドエンジニアの年収は、使われる技術、経験の深さ、業界の需要によって異なりますが、以下に年代別の平均年収を示します。

年代平均年収
20代400万円 – 600万円
30代600万円 – 900万円
40代900万円 – 1200万円
50代以上1100万円 – 1500万円
  • 20代
    技術の基礎を固め、小規模なバックエンドプロジェクトを担当します。
    将来的なキャリアアップの基盤を築きます。
  • 30代
    技術的専門性を深め、より大きなプロジェクトやチームのリードを担当するようになります。
    30代の経験と能力の向上が収入増加に直結します。
  • 40代
    高度な技術力とプロジェクト管理能力を活かし、企業の中核を担う重要な位置に就きます。
    40代での収入は、プロジェクト管理の経験に見合う形で大幅に増加します。
  • 50代以上
    業界内での豊富な経験と深い知識を活かし、より戦略的な役割やコンサルティングに関わることが多くなります。
    年収はピークに達し、最高額を稼ぎ出すことが可能です。

フルスタックエンジニアの平均年収

フルスタックエンジニアは、フロントエンドとバックエンドの両方に対応可能な全方位型のスキルを持つため、非常に高い需要があります。
彼らの年収は、万能性とプロジェクトにおける重要性によって高く設定されています。

以下に年代別平均年収を示します。

年代平均年収
20代500万円 – 700万円
30代800万円 – 1100万円
40代1100万円 – 1400万円
50代以上1300万円 – 1600万円
  • 20代
    若手として多くの技術を同時に習得し、フルスタック開発の基礎を築きます。
    多様なスキルセットが後の収入増につながります。
  • 30代
    技術的な幅と深さが増し、大規模プロジェクトやチームのリードを行うようになります。
    多岐にわたる技術を駆使する能力が収入の増加をもたらします。
  • 40代
    豊富な経験を生かして、企業内外の多様なプロジェクトに貢献します。
    40代での役割は極めて戦略的であり、収入も相応に高額です。
  • 50代以上
    経験豊富なフルスタックエンジニアとしての知見を活かし、企業の技術戦略や新規事業開発に深く関与します。
    最も高い収入を得ることができます。

Webエンジニアが年収を上げる方法

Webエンジニアの年収を向上させるためには、技術力の向上と資格取得が重要な鍵を握っています。
スキルアップへの取り組みは、専門性を高め、市場価値を上昇させる効果があります。

本項では、5つのポイントに焦点を当て、それぞれの方法と重要性について詳しく説明します。

  • スキルアップを試みる
  • 資格取得を目指す
  • 昇進または昇格をする
  • 働き方を変えてみる
  • 高収入が狙える企業へ就職か転職をする

スキルアップを試みる

スキルアップはWebエンジニアのキャリアにおいて必須の要素です。
技術の進化は速く、常に最新の技術を学び続けることが求められます。

スキルアップをすることで、より難易度が高いプロジェクトに参加できるようになり、高度な技術の提供が直接年収に反映されるためです。

スキルアップの方法には以下のものがあります。

  • オンラインコース
    UdemyやDig Skillなどの学習プラットフォームを利用して、最新のプログラミング言語やフレームワークを学ぶ。
  • ワークショップとセミナー
    実践的な技術を習得するために、業界の専門家が開催するワークショップやセミナーに参加する。
  • プロジェクトへの参加
    実際のプロジェクトに参加することで、理論だけでなく実践的なスキルを身に付ける。
  • メンターシップ
    経験豊富なエンジニアにメンターになってもらい、直接指導を受ける。

上記の方法を通じて、Webエンジニアは新しい技術を習得し、より多くの機会を掴むことができるでしょう。

資格取得を目指す

資格は、特定の技術やツールに対する専門性と知識を証明する手段です。
資格を持つことで、信頼性と専門性が増し、より高い職位や高給のポジションが開かれる可能性が高まります。

資格取得のポイントと注意点

  • 市場価値の高い資格を選ぶ
    AWS、Cisco、Microsoftなど、業界認定の価値が高い資格を優先する。
  • 資格の更新を忘れずに
    技術の進化に伴い、資格の有効期限が切れないよう、定期的な更新や再試験が必要です。
  • 実跌技能の重視
    資格試験の勉強だけでなく、得た知識を実際の業務に活かせるようにすることが重要です。
  • コストと時間の管理
    資格取得は時間と費用がかかることが多いので、計画的に進める必要があります。

資格取得を通じて、Webエンジニアは自身のスキルセットを正式に証明し、キャリアアップの機会を広げることができます。

昇進または昇格をする

昇進や昇格は、Webエンジニアのキャリアにおいて重要な分岐点です。
通常、昇進や昇格は、増加した責任、管理の範囲、そして、責任に伴う給与の向上を意味します。
昇進や昇格が年収を上げる理由は、高度な管理職や技術リーダーの役割がより多くのスキルと専門知識を要求されるためです。

昇進または昇格をする方法

  • 実績を積む
    成果を出し、期待を超えるプロジェクトを成功させること。
  • 可視性を高める
    上司や組織内の他の決定者に自分の貢献を知ってもらう。
  • リーダーシップを発揮
    チームプロジェクトでのリーダーシップを志願する。
  • 継続的な学習
    業界の最新動向に適応し、新しいスキルを習得する。

昇進や昇格を目指す際は、自分の成果と貢献が評価されるよう積極的に行動することが必要です。

働き方を変えてみる

働き方を変えることは、時にはキャリアと収入に大きな影響を与えることがあります。
働き方を変えることには、フルタイムからフリーランスへの移行、リモートワークへの切り替え、または異なる業界への進出などが含まれます。

新しい環境や役割は、新たな収入のチャンスをもたらすことが多く、またワークライフバランスの改善にもつながることがあります。

働き方を変える際のポイントと注意点

  • リスクを評価する
    変更が自分のキャリアにいかような影響を与えるかを検討する。
  • 市場調査を行う
    新しい役割や業界での需要と収入の可能性を理解する。
  • 柔軟性を持つ
    新しい働き方に適応するための準備をする。

働き方の変更は計画的に行い、可能な限り情報に基づいて決定を下すことが重要です。

高収入が狙える企業へ就職か転職をする

特定の企業や業界は、他よりも高い報酬を提供することで知られています。
高収入が期待できる企業への就職または転職は、明確な給与アップを目指す効果的な手段です。

高収入が狙える企業への就職や転職のポイントと注意点

  • 企業の研究
    企業の財政健全性、成長潜在力、従業員の評価を調査する。
  • 適合性を考える
    自分のスキルと企業が求める資質が合致しているか評価する。
  • 交渉を準備する
    提案された条件が期待に合わない場合は、交渉の準備をする。

適切な企業選びと戦略的なキャリアプランニングが、大幅な年収アップを実現する鍵となります。

企業選びが年収の肝?

企業選びはWebエンジニアの年収に大きな影響を与えます。

業界、企業文化、技術の種類、プロジェクトのスケールなどが、キャリアの成長と収入の増加に直接関係しています。
特に、業界によって技術の需要が異なり、技術のニーズに伴い給与水準やキャリアパスも大きく変わるため、自分のスキルセットとキャリア目標に合った企業を選ぶことが非常に重要です。

  • Web系の会社で働く
  • SIerの会社で働く
  • SESの会社で働く

Web系の会社で働く

Web系の会社では、通常、製品開発のスピードが速く、最新の技術が積極的に採用されます。
Web系の会社の環境は、技術的なスキルを迅速に拡張し、多様なプロジェクトに参加する機会を提供します。

様々なプロジェクトに参画可能なため、Web系企業での仕事はキャリアの成長につながりやすく、結果的に年収の向上を見込めます。

Web系企業で働くエンジニアは、新しい技術や手法を学ぶことが奨励されるため、スキルが市場価値を高め、通常は平均以上の年収を期待できます。
スタートアップ企業から大企業まで幅広く存在し、特に成長中の企業や成功しているスタートアップ企業では、スキルや技術などに合わせた給与体系が非常に魅力的になることがあります。

SIerの会社で働く

システムインテグレーター(SIer)は、顧客のニーズに合わせたカスタマイズされたシステムソリューションを提供します。
SIerでは、大規模なプロジェクトが多く、安定した経営基盤を持つことが多いです。

SIerでの仕事は、大手企業との取引が中心であり、プロジェクトの規模が大きいため安定した収入が見込めます。
ただし、最新技術への対応が遅れることがあるため、技術者が自らスキルアップを図る必要があります。

安定性を求めるエンジニアには適していますが、技術のトレンドに敏感なエンジニアには物足りなさを感じる場合があります。

SESの会社で働く

システムエンジニアリングサービス(SES)企業は、クライアント企業にエンジニアを派遣し、様々なプロジェクトに対応します。
SESでの働き方はプロジェクトごとに異なる環境や技術に触れることができ、広い視野を養うことが可能です。

SESでの仕事は多様な技術に触れる機会が豊富にありますが、プロジェクトの契約内容によって年収が大きく変動することがあります。
また、プロジェクト間の空白期間が生じるリスクもありますが、多様な経験が積めるため、個々のスキルと経験に基づいた高い年収を目指すことができます。

まとめ

Webエンジニアとしてのキャリアは、技術の進歩と共に変化し続けています。

本記事では、年代別や職種別の平均年収の違いから、収入を増やす方法まで詳しく解説しました。
スキルアップ、資格取得、適切な企業選びが、より高い収入を実現するための鍵です。

様々な知識を活用して、自分に合ったキャリアパスを描き、目指す収入を実現しましょう。

Webエンジニアの年収関連FAQ

Webエンジニアリングは技術が進化し続ける分野であり、日進月歩のWebエンジニアの業界に伴い多くの疑問が生じます。
特に年収に関する質問は、キャリアを考える上で非常に重要です。
以下に、よくある質問と回答をまとめましたので、ぜひ、参考にしてみてください。

Webエンジニアは儲かりますか?

Webエンジニアの収入は、スキル、経験、勤務地、そして業務内容によって大きく異なりますが、一般的には技術職の中でも高収入を得やすい職種です。
特に需要の高い技術や専門分野をマスターしているエンジニアは、高い年収を期待できます。

スタートアップ企業や大手テクノロジー企業など、成長が見込まれる会社でのポジションは特に報酬が高くなる傾向にあります。

Webエンジニアに必要なスキルは何ですか?

Webエンジニアにとって必要なスキルは多岐にわたりますが、基本的には以下のような技術が求められます。

  • プログラミング言語(プログラミングスキル)
    JavaScript、Python、Rubyなど
  • フレームワークとライブラリ
    React、Angular、Vue.js、Node.jsなど
  • データベース管理
    SQL、NoSQLなど
  • バージョン管理システム
    Git、GitHubなど
  • コミュニケーション能力
    チーム内外のコミュニケーションやプロジェクト管理

上記の技術スキルに加え、問題解決能力や新しい技術を学ぶ意欲も非常に重要です。

Webエンジニアで年収1000万円稼ぐことは可能ですか?

結論から言うと、Webエンジニアで年収1000万円稼ぐことは可能です。
Webエンジニアが年収1000万円を超えることは十分に可能であり、特に技術力が高く、戦略的なプロジェクトに貢献できるエンジニアは1000万円の収入レベルに達することがあります。

ただし、1000万円の年収を達成するには、高度な専門技術の習得、業界内での実績の確立、大手企業や高成長が期待できるスタートアップでのキャリアが一般的です。また、リーダーシップの展示や、技術以外の付加価値を提供できる能力も求められます。

【無料】会員登録不要のプログラミング学習サービス

プログラミングに興味があるなら会員登録不要無料のプログラミング学習サービス「Dig Skill」がおすすめ!登録不要なので自分に合わないと思ったらすぐ辞めれるし無料なので気軽に始めてみよう。
ソフトウェア会社がつくった学習サービスなのでスキルは間違いなく身につくでしょう。

無料で試してみる